車・バイク

“車・バイク on Flipboard” is available with thousands of other magazines and all the news you care about. Download Flipboard for free and search for “車・バイク on Flipboard”.

BMW X1、西日本地区特別限定車を発売 専用色スパークリングブラウンなど採用:リリース情報

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、西日本地区限定の特別限定車「X1 xDrive18d アーバニスタ」を、西日本地区のBMW正規ディーラーにて、2月21日より販売を開始する。価格は511万円。 今回の特別限定車は、街中からアウトドアまで柔軟な走行性能を発揮する「X1 xDrive18d …

米国のホンダ車チューナーが、新型「アコード」で「シビック TYPE R」を上回る最大トルクを実現! しかも費用はわずか4万円から!

ホンダの自然吸気エンジンが、正当な理由はあれど、徐々に姿を消そうとしていることを残念がる意見は多いが、同社のターボ・エンジン採用の拡大にはメリットがある。1つは、長らくあった「ホンダのエンジンはトルク不足」という不満の声が消えたこと。もう1つは、コンピューター・チューニングでターボ・エンジンからさらなる馬力とトルクを、いとも簡単に引き出せると立証されたことだ。<p>米国のホンダ車専門チューナーであるHondataは、標準グレードのシビック スポーツを正真正銘のホットハッチに変身させるエンジン・コンピューター・チューニング技術を開発し、すでに素晴らしい出来の「シビック …

高品位で耐久性抜群のSSK製ドライカーボンパーツ

高品位で耐久性抜群のSSK製ドライカーボンパーツ• 取材協力/SSK  取材・撮影・文/森下光紹  構成/バイクブロス・マガジンズ<br>• 掲載日/2018年2月21日<br>Tweetスポーツバイクをカスタムする上で重要な外装パーツは、機能性とルックスに大きな影響を与える部分だけに、その素材選びは慎重になるもの。SSK …

マグザムだから完成するシンプルラグジュアリー

ヤマハ …

アドベンチャーライダーの基地! ツアラテックジャパンに潜入!

アドベンチャーライダーの基地! …

フォルクスワーゲンの電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリー4番目の車種は、完全自動運転の高級セダン!

フォルクスワーゲン(VW)はこれまで、次世代の電気自動車コンセプト「I.D.」ファミリーとして3車種を発表してきた。手頃な価格帯となりそうなハッチバック、クロスオーバーの「I.D. CROZZ」、そして往年のマイクロバスに着想を得た「I.D.BUZZ」だ。これらは全て、VWが未来に発売する製品を予告するものだが、今年のジュネーブ・モーターショーで発表予定の高級セダン「I.D. …

【ジュネーブモーターショー】フォルクスワーゲン I.D.VIZZIONをワールドプレミア

フォルクスワーゲンはジュネーブモーターショーで、自動運転機能を搭載した電気自動車「I.D.VIZZION」を世界初公開する。「I.D.」ファミリー4番目のモデルとなるこのコンセプトカーは、プレミアムクラスのサルーンとして …

【ビデオ】加速力だけじゃない! ダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」が203mph(約326.7km/h)の最高速度を記録!

ダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」の加速力が物凄いことは誰もが知っている。最高出力840hpを発生するスーパーチャージャー付きV8エンジンとドラッグ・レース用タイヤの相乗効果で、0-60mph(約96.6km/h)を2.3秒で加速しクォーターマイル(約402m)を10秒未満で疾走するモンスターだ。しかし、デーモンの動力性能の凄さは、0-60mphやクォーターマイルに限らないことが判明した。フロリダ州のスペースシャトル着陸場Johnny Böhmer Proving …

BMW M3 CSを発表

ビー・エム・ダブリューは、BMW M3コンペティション(エムスリー・コンペティション)をベースに、2017年発売のBMW M4 CS(エムフォー・シーエス)と同等の圧倒的なサーキット・パフォーマンスを実現したBMW M3 …

【大阪オートメッセ2018】会場で大注目の「街乗り戦闘スタイル」をまとったスズキ「スイフト」とは!?

オートメッセ2018でカメラを構えている人が多い場所は、過激な衣装をまとったキャンギャルの前か、完成度の高い注目のカスタマイズカーが出展されている場所だ。このスズキ「スイフト」はそのような人の集まる注目のカスタマイズモデルであったので、ご紹介しよう。<p>先代スイフトをべースにしたカスタマイズカーを出展したのは、KRC …

F1ドライバーの運転するスーパーカーでサーキット走行を体感できるイベントが、今年のF1グランプリ9戦で開催決定!

F1ファンがレーシング・ドライバーの視点でグランプリ・サーキットを体験できる機会は滅多にないだろう。せいぜいオンボード・カメラの映像を楽しむ程度だ。F1グランプリが開催されるサーキットのフルコースは、走行会のようなイベントであっても、必ずしも一般に開放されているわけではないからだ。<p>しかし今回、F1とピレリが開催する特別イベント「フォーミュラ1 ピレリ ホット …

三菱アウトランダーPHEVがエンジン換装、EV強化のビッグマイナーチェンジ

ジュネーブショーで発表予定のアウトランダーPHEVは大きく進化し、Generation2.0としてデビューする。国内には夏あたりの導入を目指している。 アウトランダーPHEVは前後2つのモーターを搭載し、ガソリンエンジン …

キャデラック ATS-V ベクターブルースペシャル、5台限定で発売…1104万3000円:リリース情報

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)は、高性能スポーツセダン『ATS-V』に特別仕様車「ベクターブルースペシャル」を設定し、5台限定で3月3日より販売を開始する。価格は1104万3000円。 …

BMW M3 CS、30台限定で発売…圧倒的なサーキットパフォーマンス:リリース情報

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2月20日、高性能スポーツカー『M3コンペティション』をベースにサーキットでのパフォーマンスを高めた『M3 CS』を全国30台限定で販売を開始した。価格は1578万円。 …

アストンマーティンのオンラインショップがオープン

アストンマーティンの新しいオンラインショップ(shop.astonmartin.com)がオープンした。新しいショップでは、アパレルやライフスタイル・コレクションまで、アストンマーティンに関連するあらゆる商品を購入するこ …

最高出力1000馬力を誇る「イェンコ カマロ」が登場! シボレーのディーラーで注文できて3年保証付き

最高出力707hpの「ヘルキャット」はもう忘れていい。1,000hpの「カマロ」が登場したのだ。<p>シボレーのディーラーで注文受付が始まったこの「イェンコ/SC ステージII カマロ」は、6.8リッターに排気量を拡大した「LT1」V8エンジンが驚異の最高出力1,000hp、最大トルク約120.6kgmを発揮する。カリフォルニア州のチューナー、Specialty Vehicle …

【ビデオ】ジープが小川を走るCMに、環境破壊と非難の声が!

毎年、スーパーボウルのTV中継にはクルマのCMが豊富に組み込まれている。中でも今年、特に大々的に放映されたのがFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のブランドであるラムとジープのCMだ。しかし、新型ジープ「チェロキー」が小川を走る"The …

アストンマーティン セント・アサン工場建築の第一段階が終了

2016年2月、アストンマーティンは世界の20の候補地の中からウェールズのセント・アサンを選択し、3番目の生産拠点とすることを発表。そのセント・アサンで行われている新工場建設作業の第一段階が終了した。2016年の後半に始 …

【バイク足つきチェック】2018年型スズキGSX-S125 ABS 125ならGSX-Sシリーズでも女子の足つき許容範囲内?

シート高785mm、車両重量133kgのアグレッシブなストリートスポーツモデルGSX-S125を、150cm、160cm、155cmのテスターが足つきチェック。17インチの大径ホイールを履いているのが小柄な女子にはちょっと不安?ストリートスポーツバイクは足がつかない?!<br>いやいや125ccなら女子でも …

道の駅 きららあじす

山口きらら博記念公園のすぐ隣<br>山口湾を望む干拓地にある道の駅山口県にある『道の駅きららあじす』へは、自動車専用道路である山口宇部道路(無料)の阿知須ICを降りて、県道213号を東方向に14km直進すると到着します。このあたりの道路は交通量が少なく片側2車線道路なのでとても走りやすいです。道の駅の駐車場 …

【エンジンサウンドチェック】ヤマハ TRICITY 125

【エンジンサウンドチェック】ヤマハ TRICITY 1252018年1月20日(土)に発売されたヤマハの新型トリシティ125。124ccの”BLUE …

【大阪オートメッセ2018】これこそ究極のスズキ「ジムニー」!? V8エンジンを搭載したモンスターモデルが登場!!

スズキ「ジムニー」のカスタマイズを手掛けるモーターファームは、大阪オートメッセ …

新型リーフ ひとクラス上の新感覚の走りが楽しめる

新型リーフ テクノロジー詳細解説と魅力探訪 Vol.2 2代目となる電気自動車「リーフ」は2017年9月にワールドプレミアを行なった。2010年の初代リーフから7年振りのフルモデルチェンジである。 リーフは日産が掲げてい …

ジェームズ・ボンドが愛車のアストンマーティンをオークションに出品!?

"ジェームズ・ボンド"が愛車のアストンマーティンを手放すという。<p>俳優のダニエル・クレイグは、これまでコードネーム「007」として知られる英国のスパイ役を4本の映画で演じている。今回、クレイグはチャリティの一環として、4年前に彼のために作られたアストンマーティンの限定モデルをオークションに出品すると、オークション会社のクリスティーズが発表した。<p>アストンマーティンが初めて映画007シリーズに登場したのは50年以上も前のこと。1964年の『ゴールドフィンガー』で、ショーン・コネリーの運転するシルバーの「DB5」が最初だった。他のクルマが"ボンドカー"として使用された作品もあったが、クレイグが出演した …

シボレー カマロ試乗記 クルマ本来の楽しさを持っている

元ホンダでいろいろなクルマを造ってきた繁浩太郎さんが、アメリカンの象徴ともいえるシボレー・カマロに試乗。実際にクルマを造ってきた人の目に映った最新のアメ車とは?!<レポート:繁浩太郎/Kotaro Shige> ■マッス …

【大阪オートメッセ2018】軽トラのカスタマイズがすごい!! 存在感が抜群なデコトラ仕様も登場!!

大阪オートメッセが東京オートサロンと大きく違う点は、軽トラのカスタマイズが充実しているという点だ。<p>軽トラのカスタマイズを手掛けているハロースペシャルのブースには、様々なテイストにカスタマイズされた軽トラが所狭しと展示されていたのでご紹介しよう。<p>こちらは、ダイハツ「ハイゼット」をベースとしたカスタマイズモデル。軽トラながらレーシーなテイストを採り入れたモデルだ。商用車らしからぬその仕上がりは、一般ユーザーにも受けそうだ。<p>数ある軽トラの出展の中で一番注目を浴びていたのがこのスズキ「キャリイ」ベースのデコトラだ。<p>昭和の時代に盛り上がったトラック野郎が乗っていそうなデコトラをそのまま縮小したような姿は …

日産 クロスオーバーとSUVが好調な販売台数を記録

日産自動車は2018年2月19日、2017年グローバル販売台数の内、クロスオーバーおよびSUVが前年比12%増の207万台となり、過去最高の販売となっったことを発表した。これは新型コンパクトクロスオーバー「キックス」や「 …

新型「フォード GT」を転売してフォードから訴えられたジョン・シナ、購入書類には営利目的で転売を禁止する項目はないと主張

昨年12月、WWEプロレスラーのジョン・シナが、自身が所有する新型「フォード GT」を不当に利益を得るために転売したとして、フォードから訴えられたというニュースをお伝えした。普通なら、購入したばかりの新車を30日ほど乗っただけですぐに手放しても、それほどおかしな話ではない。しかし、フォードには新型フォード …

2018スーパーGT300 BRZマシン詳細解説&ストリップ画像 公式テスト前先行公開!

2018レースカーから探るSTIの先端技術 Vol.4 2018スーパーGTの開幕が待ち遠しいが、スバルSTIの参戦マシンBRZの製作現場を取材させてもらった。ここ数年、リストリクター、ハンデウエイト、給油速度制限などマ …

2018 Super GT300 BRZ machine detailed information & strip image

2018 Advanced technology of STI to explore from race vol.4 I can not wait for the opening of 2018 Super GT, bu …