車・バイク

“車・バイク on Flipboard” is available with thousands of other magazines and all the news you care about. Download Flipboard for free and search for “車・バイク on Flipboard”.

フォルクスワーゲン、2018年のパイクスピークス・ヒルクライムに電動レースカーで参戦すると発表!

フォルクスワーゲン(VW)は、ディーゼル車の排出ガス不正問題をどうしても過去の話にしたいようだ。私たちがこれを忘れることはないだろうが、電気自動車(EV)企業としてブランドの再構築を目指す同社は、今度はパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに電動マシンで参戦すると発表し、そのティーザー画像を公開した。<p>近頃は何もかもが電気化に向かっている。それには良いと思われるいくつかの理由があるからだ。まず、EVは本質的にクリーンであることが挙げられる(少なくとも末端消費者の話だ。どこから電力を得るのかと考え、そしてVWが素材を遠くから調達すればするほど、理性的な問題になってくる)。また、標高の高い …

トヨタ、人工知能で人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大 3タイプを東京モーターショーに出展

Related Gallery:Toyota Concept-i Series<p>トヨタは、自動運転技術を搭載した電動パーソナルモビリティのコンセプトカー「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを拡大する。今年1月にラスベガスで開催されたCESで初公開した同名の4輪モデルに加え、ユニバーサルな小型モビリティ「Concept-愛i RIDE」と、セグウェイ風の歩行空間向け3輪電動スクーター「Concept-愛i …

「メルセデスAMG G 65」の生産終了を記念して、特別限定モデル「ファイナル・エディション」が登場!

Related Gallery:Mercedes-AMG G65 Final Edition<p>「ゲレンデヴァーゲン」として誕生してから40年近くが経ったメルセデス・ベンツ「Gクラス」も、引退の時が近づきつつある。より現代的で洗練された後継モデルの準備を進めるメルセデスは、まずその頂点に位置する「メルセデスAMG G …

【ビデオ】日産、東京モーターショーで発表するコンセプトカーをチラ見せ

筆者が新型日産「リーフ」に試乗するために日本へ行った時、同社の社員と話をする機会を得た。日産のグローバル・デザイン担当アルフォンソ・アルベイザ専務は、リーフを中心に据えて未来の電気自動車(EV)を切り拓くビジョンを語ってくれた。日産の開発チームは打倒テスラに意欲的であり、EVをより手頃な価格で一般化させ、EVの民主化を果たしたいと思っているとのことだった。具体的ではないが、アルベイザ氏の口から「他のクルマたち」も登場すると聞いていた。<p>我々は最近、「他のクルマたち」の1つが分かった。日産「リーフ NISMO …

【ビデオ】プロが教える、クルマのボディを輝かせて保護するワックス掛けのコツ【3分間で分かる】

クルマのボディにワックスを掛けることは、塗装面を保護するために必須の作業だ。しかし、我々は費やした時間に見合うだけの、本当に適切なやり方で効率よくワックス掛けを行っているだろうか?<p>そこで今回は、クルマ磨きのプロであるラリー・コシラ氏がクルマの掃除やメンテナンスの方法を伝授するビデオ・シリーズ『Autoblog …

神奈川から山梨へ。日本一へと続く名道を駆け巡る

マイカー規制が解けた<br>富士スバルラインをバイクで走るツーリングにはちょうど良い季節を迎えたものの、前日までの天気予報は雨。当然朝方も雨が降っており、“中止”を覚悟していたのですが、出発時間には雨が上がり、ツーリングを決行することになりました。今回のツーリングは、神奈川県小田原と厚木を結ぶ、小田原厚木道 …

マクラーレン、開発中の3人乗りスーパーカー「BP23」のエキゾースト・テールパイプを公開

マクラーレンは昨年11月、運転席が中央にある新型スーパーカーの開発計画を発表した。現在のところ正式な車名はまだ不明で、「ビスポーク・プロジェクト23」(BP23)という分かり難いコードネームで呼ばれている。世界第二次大戦で原爆計画のコードネームを「チューブ・アロイズ」と呼んでいた英国らしいコードネームだ。マクラーレンによると、特別な注文によって生産される「ビスポーク・プロジェクト」の2番目で、3人乗りのクルマという意味らしい。これまでいくつものティーザーが公開されたものの、詳細な情報は依然としてあまりよく分かっていない。だが、同社が名車「マクラーレン …

【ビデオ】『ニード・フォー・スピード・ペイバック』のストーリーを示唆する予告映像が公開!

人気カーアクション・ゲーム最新作『ニード・フォー・スピード・ペイバック』の予告映像の中で、11月10日に発売予定のこのゲームでは『ワイルド・スピード』シリーズを思わせる印象的な強盗シーンやカーチェイスが繰り広げられることが明らかになった。最新のストーリー・トレーラー映像によると、映画シリーズに近いストーリーを展開するようだ。仲間たちと組んで(ガラガラ声のスキンヘッドの男からはまだ"ファミリー"とみなされていないようだが)、大金を賭けたストリート・レースや闇の犯罪組織に挑み、ドラマチックなセリフも満載だ。<p>この予告映像で最も注目すべきは、仲介人のリナ・ナヴァロと主人公の1人であるタイラー「タイ」モ …

価格は120万円以上! ブガッティ「シロン」のW型16気筒エンジンが1/4スケール・モデルで発売

Related Gallery:Amalgam Bugatti Chiron …

レクサス、5代目にモデルチェンジした新型「LS」を発売 エンジンはV6に

Related Gallery:Lexus LS<p>5代目にフルモデルチェンジしたレクサスのフラッグシップ・セダン「LS」が10月19日に発売された。<p>既に今年1月の北米国際オートショーで発表されている新型レクサス LSは、新開発の「GA-L(global architecture for luxury …

ホンダ S660、ヒダマリのような限定モデル発売…専用カラーや自動ブレーキ装備:リリース情報

ホンダは、軽2シーターオープン『S660』のβタイプに、特別仕様車「#komorebi edition(コモレビ エディション)」を設定し、11月10日より期間限定で販売する。価格は208万円。 …

ボルボ V90 クロスカントリー:新車試乗記

キャラクター&開発コンセプトボルボの旗艦セダン、ワゴン、クロスオーバー 左からV70XC(1997年)、初代XC70(2000年)、2代目XC70(2007年)、新型V90 …

実車のマツダ「ロードスター」や4Kテレビなどを同梱する『グランツーリスモSPORT』の豪華限定バンドル版が台湾で発売!

人気レーシング・ゲーム最新作『グランツーリスモSPORT』が遂に発売を迎えた。日本や米国では通常版の他にちょっとした特典付きバージョンが用意されており、ゲーム・ソフト本体に加えてゲーム内で使えるグループBのラリーカーやプロトタイプ車が数台ずつ、アバターやステッカー、そして特製スチールブック(日本版はスペシャルブックレット)などが付属する。それに比べると、台湾では遥かに豪華な「Gran Turismo Sport …

国道231号(北海道札幌市~留萌市)

撮影場所/北海道石狩市<br>撮影時期/2017年06月日本海の波が打ち付けるドラマチックロード昔は陸の孤島と呼ばれていた、雄冬海岸を超えてゆくルート。特に海岸まで山が迫る雄冬岬周辺は断崖絶壁で、トンネルが連続。日本有数の険しい海岸線道路となっている。国道沿いに延びていた留萌本線の留萌駅と増毛駅間は2016 …

世界最強モトクロス女子 キアラ・フォンタネージ スペシャルインタビュー(5/5)

2017全日本モトクロス最終戦MFJ-GP・IA2に参戦!<br>世界最強モトクロス女子 …

世界最強モトクロス女子 キアラ・フォンタネージ スペシャルインタビュー(4/5)

2017全日本モトクロス最終戦MFJ-GP・IA2に参戦!<br>世界最強モトクロス女子 …

世界最強モトクロス女子 キアラ・フォンタネージ スペシャルインタビュー(3/5)

2017全日本モトクロス最終戦MFJ-GP・IA2に参戦!<br>世界最強モトクロス女子 …

世界最強モトクロス女子 キアラ・フォンタネージ スペシャルインタビュー(2/5)

2017全日本モトクロス最終戦MFJ-GP・IA2に参戦!<br>世界最強モトクロス女子 …

世界最強モトクロス女子 キアラ・フォンタネージ スペシャルインタビュー

2017全日本モトクロス最終戦MFJ-GP・IA2に参戦!<br>世界最強モトクロス女子 …

トヨタ、東京モーターショーに6人乗り燃料電池サルーンと実用化前提の燃料電池バスを出展

Related Gallery:Toyota Fine-Comfort Ride<p>トヨタは純粋な電気自動車の分野で他の自動車メーカーに対する遅れを取り戻そうとしているが、燃料電池車の追求も諦めていないようだ。今年の東京モーターショーには燃料電池を搭載する"プレミアムサルーン"とバスのコンセプト・モデルを出展するという。<p>画像ではミニバンのようにもクロスオーバーのようにも見える「Fine-Comfort …

ボルボから独立したポールスターが、初の市販モデルとなる600馬力のPHV「ポールスター1」を発表!

Related Gallery:Polestar …

VW、新型e-ゴルフ を日本導入…最大301kmのEV走行可能:リリース情報

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、新型電気自動車(EV)『e-ゴルフ』とプラグインハイブリッド車(PHEV)『ゴルフGTE』の新型モデルを発表、10月19日より受注を開始した。 …

レクサス、フラッグシップセダン新型LC発売…980万円~1680万円:リリース情報

レクサスは、フラッグシップセダン『LS』をフルモデルチェンジ、10月19日より販売を開始した。価格は980万円から1680万円。 …

ルノー カングー、ハロウィン仕様の限定モデル発売:リリース情報

ルノー・ジャポンは、日本オリジナルカラー「カングー クルール」の第7弾として、ハロウィンを彩るオレンジカラーのモデルを60台限定で10月19日より発売する。価格は259万円。10月19日から23日まで申込みを受け付け、申込多数の場合は抽選となる。 カングー …

BMWジャパン、新型X3の受注開始…デザイン刷新 639万円から:リリース情報

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は10月19日、ミドルクラスSUV、新型『X3』の受注を開始、12月より納車を開始する。価格は639万円から710万円。 …

工場出荷時のまま未使用・新車状態で保存されていた1997年製「マクラーレン F1」が売り出し中! オーダーしたのは日本人!?

Related Gallery:1997 McLaren F1<p>Autoblog読者の皆さんなら、ホットウィールやマッチボックス社製のミニカーは、販売時のまま未開封の状態であれば時間の経過とともに価値が上がることをご存知だろう。しかもそれが特殊なモデルで数が少ない場合はなおさらである。この1997年製「マクラーレン F1」を注文した人物はきっとそんな考えを実車に当てはめようとしたに違いない。<p>このダンデライオン・イエローのマクラーレン …

マツダのロータリー・エンジン、電気自動車のレンジエクステンダーとして復活か

ロータリー・エンジンのファンに朗報だ。三角形のローターが回転するこのエンジンに、復活を期待させる光がわずかに射してきた。自動車メディア『Automotive …

道の駅桃山天下市

太閤秀吉が夢の跡<br>名護屋城跡にも近い道の駅桃山天下市豊臣秀吉ほか全国の名だたる大名が佐賀の地に集結していたなんて、ご存じでしたか?有名どころだけでも、徳川家康、伊達政宗、黒田長政、小西行長、前田利家、加藤清正、上杉景勝、島津義弘など戦国の諸大名が陣を構え、桃山文化を花咲かせた名護屋の地。そんな佐賀県唐 …

第17話 チューブレスタイヤのパンク修理

先日、撮影用のバイクを駐車場から出そうとしたときのこと。取り回しが異常に重いので、車体をよく見たらリアタイヤがぺちゃんこでした。そう、いまどきはあまりないパンクです。車両はホンダのCB1100RS。ちょうどセンタースタンドが装備されていたので、センターを上げて、後輪を回してみると、見事に木ネジがタイ …