田代 豊

45 Flips | 1 Magazine | 89 Likes | @yutakatashi2014 | Keep up with 田代 豊 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “田代 豊”

首相官邸

<b>首相官邸 is on Facebook.</b> To connect with 首相官邸, log into Facebook.

Happy Father's Day! Neil Young, "Old Man" & The Story Behind The Song

Neil Young's new album "<b>Roxy - Tonight's the Night Live</b>" is now available for pre-order. Order here<br>(Please shop locally & independently. But if you …

ぐるなび - 銀座 方舟 大吟醸 いろり (銀座/会席料理)

席・設備<p>総席数<p>61席<p>座敷席あり<br>• 掘りごたつ席あり<br>• 座椅子あり<p>宴会最大人数<p>32名様(着席時)<p>掘りごたつ個室あり(3室/2名様用/扉・壁あり)<p>掘りごたつ個室あり(4室/3名~7名様用/扉・壁あり)<p>掘りごたつ個室あり(2室/8名~14名様用/扉・壁あり)<p>掘りごたつ個室あり(1室/15名~22名様用/扉・壁あり …

アーシング

色 - ウィクショナリー日本語版

ミトコンドリア

<b>ミトコンドリア</b>(mitochondrion、複数形: …

Ring Of Fire Johnny Cash lyrics

出汁料理(おでん)の店|楽でん

富楼那

尊称<p>説法第一<p>生地<p>コーサラ国<p>宗派<p>(原始仏教)<p>師<p>釈迦<p><b>富楼那</b>(ふるな、ぷんな、パーリ:Puṇṇa サンスクリット:Purna …

ジャラール・ウッディーン・ルーミー

<b>ジャラール・ウッディーン・ルーミー</b>(ペルシア語: جلال‌الدین محمد رومی‎、Mawlānā Jalāl ad-Dīn Muḥammad Balkhī-e-Rūmī; トルコ語: Mevlânâ Celaleddin-i Rumi、1207年9月30日 - …

有為

<b>有為</b>(うい、梵: saṃskṛta)とは、(1)さまざまな因果関係・因縁のうえに存立する現象を意味する仏教用語。因縁の和合によって造作された現象的存在のこと[1]。有為の法(ダルマ)のことを<b>有為法</b>(ういほう、梵: saṃskṛta-dharma)と呼ぶ[注釈 …

青原行思

673年? - 740年<p>『仏祖正宗道影』 (1880)の木版画像<p>諡号<p>弘済禅師<p>生地<p>吉州安城県(江西省)<p>宗派<p>禅宗<p>寺院<p>青原山静居寺<p>師<p>六祖慧能<p>弟子<p>石頭希遷<p><b>青原行思</b>(せいげん ぎょうし、諡号:弘済禅師、生年不詳 - …

Bob Dylan - "Melancholy Mood (Audio)"

エルヴィス・コステロの「レス・ザン・ゼロ」がもたらした衝撃

TAP the POP<p>1977年。エルビス・コステロのデビュー・アルバム『マイ・エイム・イズ・トゥルー』のレコーディングのプロデューサーをつとめたのは、ニック・ロウだった。 当時、まだ自分のバンドを持っていなかったコステロのため、ニック・ロウはクローバーというバンドを紹介する。 …

エルヴィス・コステロに愛と平和を叫ばせたのは?

ビリー・ジョエルとウィーン、そして父の言葉

♪ スピードを落とすんだ<br>クレイジー・チャイルド<br>青春特有の野心がみえみえだ<br>それに、それほど利口だというのなら<br>何故に、それほど怯えてるんだい  ♪<br>1949年、ニューヨークのサウス・ブロンクスに生まれたビリー・ジョエルは野心に満ちた少年だった。14歳でバンドに参加し、ヒックスヴィル高校時代には、クラシック …

ハッケンサックに住むことを夢見る移民

<b>前回のコラム</b>で紹介した「ウィーン」は、ビリー・ジョエルの代表作となったアルバム『ストレンジャー』のB面1曲目に収録された作品である。<p>♪<br>スピードを落とすんだ<br>クレイジー・チャイルド<br>♪<p>自らに言い聞かせるようにして歌われるその歌は、ビリーが長く音信不通だった父とウィーンで再会した時の出来事をきっかけに書かれ …

幼き日の記憶から生まれた「ドリーム・オン」

TAP the POP<p>♪ 鏡を見るたび 俺の顔の輪郭が くっきりとなっていく 過去は過ぎ去った ♪ 1973年1月、エアロスミスはアルバム『エアロスミス』(邦題:「野獣生誕」)でコロムビア・レーベルからデビューを果たす。だが、セールスはまったくふるわなかった。 …

ポールがコミカルな曲調に隠した悪魔の正体とは!?

ビートルズにとって最後のレコーディング・アルバムとなった「アビーロード」に収められた「マックスウェルズ・シルバー・ハンマー」。<br>明るく、コミカルな曲に乗せられたブラックな歌詞だが、この歌に創作欲を刺激される人は多いようで、YouTubeにも数々の作品が投稿されている。歌の全体像を振り返るためにも、まず …

Paul McCartney - She's Leaving Home (Live)

白隠正宗(高嶋酒造)の販売 | 日本酒の専門店鍵や

Andora - Ueno, Okachimachi, Yushima

Andora photo<p>Photos are taken by the users when they visited so they might be different from current information. Please make sure to check prior to …

Bob Dylan and Joan Baez 1963 March on Washington

untitled

エヴリィ・グレイン・オブ・サンド~先達たちの遺産

「TAP the POPの1週間」──先週配信したコラムを簡単にご紹介します。見逃した方はこの機会にご覧ください! ★連日熱戦が繰り広げられている冬季五輪。開催地ソチはロシア西部に位置し、夏場には海水浴客で賑わう人気リゾート地としても知られています。そんなロシアで知らない人はいない、国民的ヒットとなった日本の歌謡曲とは? 答えはこちら──TAP the SONG http://www.tapthepop.net/song/7007 ★五輪以上に全米が注目するNFLスーパーボウル。中でもハーフタイムショーは最高視聴率を記録する人気で、先日はブルーノ・マーズとレッド・ホット・チリ・ペッパーズが共演しました。その礎が築かれたという今から20年前のあるスーパースターのパフォーマンスとは? 答えはこちら──TAP the LIVE http://www.tapthepop.net/live/6319 ★TAP the NEWS──東京の歌 http://www.tapthepop.net/news/6961 ソチ五輪と並んで先週のニュースを賑わせたのは、東京都知事選。ブルース・コバーンの「Tokyo」が書かれた1979年にも都知事選が行われたとか。 ★TAP the STORY──世代を超えて通じ合う、アウトローの心 http://www.tapthepop.net/story/7026 今回は約5年ぶりのアルバム『Morning Phase』をリリースするベックと、彼のルーツでもあるジョニー・キャッシュをめぐるスピリットに触れました。 ★TAP the ROOTS──ワンダフル・トゥナイト~酒に溺れるほどの恋 http://www.tapthepop.net/roots/6992 今回は2月18日より来日公演が始まるエリック・クラプトンの代表曲の一つを取り上げました。 ★TAP the COLOR──アメリカの土を踏む女たち http://www.tapthepop.net/color/6909 今回の色は「BROWN」。音楽の旅を続けていると、誰もが必ず出逢うことになるルーツミュージック。そんな土の匂いがする音楽に影響を受けた女性アーティスト4組をクローズアップ。 ★TAP the NEXT──笹川美和 http://www.tapthepop.net/next/6802 今回は4年5ヶ月ぶりのニューアルバム『そして太陽の光を』をリリースした新潟在住のシンガー・ソングライターをご紹介。 ★TAP the DAY──2月3日 音楽が死んだ日 http://www.tapthepop.net/day/6305 1950年代後半に起こったロックンロールの悲劇と永遠の歌。

名曲誕生の“鍵”や“謎”を紐解く知的好奇心「TAP the ROOTS」。 1989年にエリック・クラプトンが発表した『ジャーニー・マン』の中で、自身が一番気に入っているという曲が「オールド・ラヴ」です。 1960年代後半から始まった20年にも及ぶ恋の終わりに、クラプトンが残した詩とは? (石浦由高) http://www.tapthepop.net/roots/7191