仲田 祐介

243 Flips | 5 Magazines | 2 Likes | 3 Following | 8 Followers | @yusukenakata12 | Keep up with 仲田 祐介 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “仲田 祐介”

BMW、新型として復活する「8シリーズ クーペ」の流麗なフォルムをチラ見せ!

BMWが「8シリーズ クーペ」を復活させるという噂は、すでに1年以上前からあったものの、これまでミュンヘンから正式な発表はなかった。ところが11日、BMWはイタリアで5月26日に開催されるコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにおいて、1台のコンセプトカーを披露すると宣言。そのティーザー画像を公開した。これは(我々の予想よりも早い)2018年に、新型8シリーズ …

グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ(小林 雅一)

全米トップクラスの自動車サイト

2018年02月22日 11時00分<p>今月20日から22日、ドイツのフランクフルトで警察装備の見本市「General Police Equipment Exhibition & Conference(GPEC)」が開催され、ダイ...<p>2018年02月22日 06時05分<p>今日のクルマはいずれも高い品質レベルに達し、これまで以上に乗員を保護する安全対策やテクノロジーを備え、消費者の高い要望に応えている。しかし、全米保険犯罪局(NICB)がこのほど発表した調査によると、...<p>2018年02月21日 …

facebook

製品情報:Mustang LP:ION AUDIO

この円安はドル独歩高の裏返し、日本経済の行方は米政策次第だ

この円安はドル独歩高の裏返し、日本経済の行方は米政策次第だ

ダイバーシティ時代に社内の分裂・亀裂を防ぐ「秘策」とは?

トランプ大統領は本気で日本の自動車メーカーを潰すか

【ビデオ】ジェイ・レノを乗せた2,500馬力のプリマス「バラクーダ」が激しく横転!

ドラッグレースのウイリー走行で知られるヘミ・アンダー・グラス(Hemi Under …

【ビデオ】ケン・ブロック、最新作『ジムカーナ8』でドバイの街を激走ドリフト!

ドリフトの達人、ケン・ブロックによるビデオ・シリーズの最新作『ジムカーナ8』が公開された。今回は温暖なロサンゼルスを飛び出し、さらに暑いドバイが舞台となっている。ケン・ブロックはドリフトの遊び場に選んだこの砂漠の大都市で、数々の神業を披露。ドライブするマシンは全輪駆動のマスタング「Hoonicorn」ではなく、大改造を施したフォード「フィエスタ」だ。<p>ドバイでの撮影は『ジムカーナ』シリーズに史上最高の景観を与えることになった。ブロックは街の様々な観光名所で白煙を上げドリフト。さらに有名なドバイ警察のスーパーカー・コレクションも映像の様々な場面に背景として登場し、ブロックはその間で絶妙にコントロー …

【ビデオ】フォード「マスタング」とランボルギーニ「ムルシエラゴ」が大迫力のドリフト・バトルを展開!

エンジンの咆哮とタイヤ・スモークを上げ、ヴァン・ギットン …

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

英題:STAR WARS: THE FORCE …

【ビデオ】ポルシェ「911」を使って見事なクレー射撃を披露!

ポルシェ「911」は刺激的なクルマだ。そして、クレー射撃もまた刺激的なスポーツだ。もし、この2つを組み合わせるとどうなるか。それを実現させた素晴らしい動画をご紹介しよう。<p>この映像には、イギリスのクレー射撃の名手、フィリップ・ソロルド氏が通常の競技とはかなり異なる方法でクレー射撃に挑む様子が収められている。トラップやスキートといった単に標的を撃つだけの伝統的なクレー射撃では、映像としてあまりに退屈すぎるからだ。ポルシェ「911タルガ」のフロントにクレー・ピジョン(素焼きの皿)を投射するマシンを搭載することで、ソロルド氏はドライビングとシューティングを掛け合わせた。これは、『トップギア』でジェーム …

走るトレーラーから隣のトレーラーへ、自動駐車はできるのか?「Parking under Pressure with Nissan Qashqai」

ポルシェの元エンジニアが手掛けた、旧くて新しい「ライトスピード・クラシック」

シンガー・ビークル・デザイン社が"新たにイメージし直した(reimagined)"ポルシェ「911」は、実に魅力的な出来映えだ。しかし、911の熱狂的マニアを自認するなら、ドイツ・ミュンヘンのAutoaktiv Motorsport(オートアクティブ・モータースポーツ)社が手掛けた「ライトスピード・クラシック」と呼ばれる911のことも忘れてはいけない。<p>ポルシェの元エンジニアであるRalf …

【試乗記】フォルクスワーゲン 新型「パサート」一気にギラっとした感が凄い:今井優杏

【ビデオ】ケーニグセグ「アゲーラ One:1」が、0-300-0km/hの最速記録を達成

パフォーマンスを測るにはいくつかの方法があるが、直線距離の加速から停止までの速さなら、スウェーデンのスーパーカー・メーカー、ケーニグセグに並ぶものはいないだろう。それを裏付ける新たなビデオが公開された。<p>2011年にケーニグセグの「アゲーラR」は、0-300-0km/h(静止状態から300km/hまで加速し、そこからブレーキを踏んで再び停止するまでにかかった時間)で21.19秒という世界最速記録を打ち立てた。しかし、ケーニグセグはその後より速くてパワフルなバージョン「アゲーラ …

【ビデオ】最も古風な警笛を搭載したテスラ「モデル S」

人は、しばしば自分の個性を愛車に反映させる。例えばまるでレースに参加するかのように、大きなウイングやホイールを装着し、太いタイヤを履かせる人もいれば、大音量のオーディオを搭載して、車内をクラブのように改造する人もいるだろう。だが、このテスラのオーナーは、彼が施した改造から察するに、おそらく運転中も上品であることを好むに違いない。彼のテスラ「モデルS」は、人々をイラつかせる大音量のクラクションとは対照的に、優美なベルの音で周囲にその存在を知らせるのだ。<p>このモデルSのオーナーが、テスラの情報を配信する『Teslarati』に寄せた記事によれば、この装置はアンティークの真鍮製ベルと改造したドアベルを …

アクサー スタルク V シングルレバー混合水栓 | モノとコト | デザイン情報サイト[JDN]

facebook

【ビデオ】タナー・ファウストが自転車選手権のコースを900馬力のVW「パサート」で激走

去る5月23~25日に自転車の全米プロロード選手権が開催されたテネシー州チャタヌーガは、フォルクスワーゲン(VW)社の米国生産拠点でもある。そこで、同選手権の主要スポンサーであるVW社が大会を盛り上げるために、レーシング・ドライバーのタナー・ファウストと彼の所属するロックスターのドリフトカーでちょっと面白い企画を試みた。900hpにパワーアップされたVW「パサート」の助手席にプロ・サイクリストのティム・ジョンソンを乗せ、23日に行われたタイムトライアルのコースをドライブしようというのだ。<p>ロードレースよりもどちらかといえばシクロクロスでの活躍で知られるティム・ジョンソンは、運転席のファウストに自 …

ポルシェ、オリジナルを忠実に再現した「クラシック 911」用ダッシュボードを発売

ポルシェの一部門で、生産終了から10年以上経過したモデルのパーツ供給を担当するポルシェ・クラシックは、空冷エンジン用のエンジンオイルから、クラシック・モデル向けのGPSナビゲーション・システムまで、同社の旧車のためにこれまでに様々なものを提供してきた。そして今回、純正パーツを探しているレストアラーのために、旧い「911」のものを再現したダッシュボードが発売された。<p>この「クラシック911 …

光岡自動車、初のヨーロッパ進出へ。イギリス市場に「HIMIKO」投入

株式会社光岡自動車は、このたびヨーロッパでは初となる販売代理店をイギリス国内に設置し、イギリス市場において「Mitsuoka Himiko:ヒミコ(現地モデル名:Mitsuoka Roadster:ミツオカ ロードスター)」の販売を開始する。<p>販売は、イギリスおよび、アイルランド市場での独占販売契約を締結したT W White & Sons社(代表取締役:Mr. Neil White氏 本社:Surrey, England 以下TWWS)が、Surrey、South …

【ビデオ】前後重量配分50対50の新型マツダ「ロードスター」を、シーソーに乗せてみた!

今年1月にスペインで行われた日本仕様の新型マツダ「ロードスター」の試乗会に参加した時、筆者はすっかり魅了されてしまった。それは、クルマに対してだけではない。4代目ND系ロードスターの各部分が、細かい点までそれぞれ完璧なドライビングを追求するためにどのように調整されているかを示すチャートやグラフを、マツダのエンジニアが持参していたのだ。まるでロケット工学のようだ。いや、さらにクールだと感じた。<p>新型ロードスターで重視された点の1つに、前後の重量配分がある。2,332ポンド(約1,058kg。仕様により異なる)のロードスターは、運転者が乗った状態で、完璧な50:50のバランスとなる必要がある。簡単な …

ポルシェのターボ・エンジンを搭載したクラシックなワーゲンバス!

人は見かけによらないというが、クルマの世界にも、それとよく似た「Sleeper Car(スリーパー・カー)」というスラングがある。「オリジナルの平凡な外見からは想像できないほどのハイパフォーマンス性能を秘めたクルマ」という意味だ。今回ご紹介するフォルクスワーゲン(VW) …

新型「マツダ ロードスター」ついに発売! 発表会場からレポート

• ‹ 前へ<br>• 1<br>• 2<br>• 次へ ›<p>ついに4代目となる新型「マツダ ロードスター」が、本日5月21日(木)より発売となる。その前日、マツダは報道陣を集めて、東京都内で"改めて"新型ロードスターの発表会を催した。<p>既にAutoblogではこれまで何度も新型ロードスターについてはご紹介して来たので、"今さら発表!?"という気がしなくもないのだが、昨年9月に初めてその姿が公開された際には、報道記者として我々も会場に呼んでいただいたとはいえ、あれはあくまでも25周年記念イベント「THANKS …

【ビデオ】2016年型フォード「マスタングGT」に、ボンネットのウィンカーが復活!

2016年型フォード「マスタング」の新たなティーザー映像が公開された。わずか10秒の短い映像には、1960年代のマスタングを思わせる、ボンネットのベントに搭載されたウィンカーが映っている。<p>1967年、フォードはマスタングのオプションとして、フロントガラスの方に向かって2箇所の排熱ベントが開けられたボンネットを発売した。ベントの開口部にはオレンジ色のウィンカーが搭載されており、ドライバーが点滅するウィンカーを見ることができた。風変わりな仕掛けではあるが、当時の象徴として歴史に刻まれているこのギミックを、フォードは2016年型で復活させるようだ。<p>2016年モデルのマスタングGTには、すでに「カリフ …

トヨタ・マツダ 業務提携に合意 新たな協業が目指すものとは

2015年5月13日夜、トヨタとマツダは経営資源の活用、商品・技術の補完など、相互にシナジー効果を発揮しうる継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印したと発表した。 今後、両社で組織する検討委員会を立ち上げ、環境技術... 続きを読む »