masa

70 Flips | 3 Magazines | 7 Followers | @vai572002 | Keep up with masa on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “masa”

ヴェストをプラスすることで、ハデさに上品なヴェールを被せてます

日本でも人気のボダニカル柄ですが、この彼はカラフルで大胆はプリントシャツを着用。<br>彼もこれを主役にしては、いささか目立ち過ぎでは?と思ったのでしょう。<br>絶妙のバランスでハデさの面積を抑えるヴェストを着こなすことで、<br>上品さと遊び心の融合を見事にこなしています。<br>このテクニックを学べば、日本でもトレンドのボダ …

ホワイトデニムは春夏必須のアイテム、の証明

この3名のスタイリングから、春夏に必須となるボトムスを検討してみましょう。<br>まずは真ん中の御仁のスタイルを確認してください。<br>ボトムスはライトグレイのテーパードパンツ、足元はモンクストラップという、<br>春夏のちょっとドレスダウンしたエレガンススタイルとしては、<br>理想のスタイリングではないでしょうか。<br>これなら休 …

machi-ya

ブルーのグラデで作ったカジュアルスタイルなら、間違えなし! | Esquire(エスクァイア 日本版)

スナップで覗き見する、モデルNAOKIのお洒落私服 | Esquire(エスクァイア 日本版)

machi-ya

machi-ya

オーセンティックでいてモダン。今季、ブラックウォッチは要チェック! | Esquire(エスクァイア 日本版)

machi-ya

ヌードカラーもテク次第でこんなにワイルド! | Esquire(エスクァイア 日本版)

大人のジャケカジは、スリムなデニム&シンプルスニーカーが好相性ですね! | Esquire(エスクァイア 日本版)

ブラウンのコーデをモノにして、上品かつ知的な装いを目指してみませんか!? | Esquire(エスクァイア 日本版)

machi-ya

machi-ya

machi-ya

グレイJK+ブルー系シャツ&パンツは紳士に鉄板の組み合わせ | Esquire(エスクァイア 日本版)

ブラウン系パンツがあればジャケットとの相性も◎、気軽で上品、さらに旬なスタイルに! | Esquire(エスクァイア 日本版)

ミラネーゼは9分丈でデニム姿をより“ 楽品”に! | Esquire(エスクァイア 日本版)

1/6<p><b>9分丈ならデニム姿がより上品で軽さが出る!</b><p>本サイトで展開している<b>「スナップ」</b>をご覧いただければわかるように…、ミラネーゼのなかでも9分丈のデニムを愛用している人は急増中なんです。<p>最初から9分丈のものだったり、ロールアップで9分丈に調整していたりと、2通りのアプローチに分かれているようですが、く …

1週間コーディネイトスナップ in NY ステファン・ウィガンドさん04 | Esquire(エスクァイア 日本版)

◎着る人/「ウエスターリンド」マーケティングディレクター <b><br>ステファン・ウィガンド</b>さん<p>人気のアウトドア系ブランドを扱うショールーム、ウエスターリンドでブランドのマーケティングを担当。彼自身もスキーやサーフィンなどが好きなアクティブ系。<p>[NEW YORK]<br>Photograph/Wataru …

シンプルなネイビー×ホワイトのJKスタイルは足元を効かせる! | Esquire(エスクァイア 日本版)

シャツ&デニムのようなシンプルスタイルこそ、タイトシルエットで主張しましょう! | Esquire(エスクァイア 日本版)

いい香りを漂わせたいオトコの部屋に

ラフなタイドアップのチラ見せが、カジュアルに渋みを加えた。 | Esquire(エスクァイア 日本版)

泡が刻む気ままな時間

チェックJKをこなすには、柄を構成する色を他のアイテムとリンクさせる | Esquire(エスクァイア 日本版)

ミルクティー色は新鮮ですが、ただ甘いだけでは終わらせない! | Esquire(エスクァイア 日本版)

今季のカーゴは、“細ピタ”でクリーンなイメージでこなそう! | Esquire(エスクァイア 日本版)

電子書籍.club

machi-ya

フルサイズのカメラ、イコール、<b>高くて大きく重たいハイエンドな一眼レフカメラである…というのがこれまでの常識でした。</b><p>でもこれまでの常識は覆されました。コンパクトなボディなのにプロ級の最高画質を保証する全く新しいタイプのカメラ。ソニーの新しい<b>α7シリーズ</b>です。米ギズによるレビューをお届けします。<p>これは何?<p>35mmのフルサイズのセンサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。ボディは通常の一眼レフカメラより遥かに小さく、レンズマウントは<b>ソニーのEマウント</b>です。<p>α7のシリーズは現在2種類、<b>α7</b>のボディは1700ドル(約17万、日本ではカカクコムで見る限り最低価格13万くらい)で、24メガピクセルのセン …