宮路次郎

2,045 Flips | 70 Magazines | 11 Likes | 1 Following | @uro9000 | 宮路次郎と申します。コテハンはうろと申します。je.peux-angelion-phil@ezweb.ne.jp jiro3206@gmail.com 09093252900

Shinobi Ninja - What If Times (Official) (SHOT ON A CELL PHONE!!!)

宇宙からの隕石を叩いて包丁作ってみた / 米村でんじろう[公式]/science experiments【実験】

ミツバチは人間のように仕事にストレスを感じることが明らかに

by Joshua Hoehne<br>仕事に疲れストレスを感じるのは人間だけではないことが新しい研究により明らかになっています。人間と同じように仕事にストレスを感じるのは、DNAの99%が人間と類似しているチンパンジーや、高い知能を持ったイルカなどではなく、なんとミツバチでした。 <b><br>Relationship</b> …

共同発表:機械学習により熱電変換性能を最大にするナノ構造の設計を実現~環境発電への貢献に期待~

ポイント<p>ベイズ最適化と熱電物性計算を組み合わせて、熱電変換材料のナノ構造を最適設計することに成功しました。<br>• 熱電変換技術では、熱電能が大きく、熱伝導度が低い材料が求められており、これまでは経験的に構造を探索するアプローチが多くとられていましたが、それらの相反する要求を両立して熱電変換性能を最大にするナ …

火星大接近2018

オゾン層を破壊するフロンガス「CFC-11」が今なお世界のどこかで密かに生産され続けている強い可能性が判明

By …

Rapid Astrocyte Calcium Microdomains

The genetic path to biodiversity - Science Nation

共同発表:コウモリが互いの超音波の周波数を変えて混信を回避することを発見

ポイント<p>コウモリは超音波を発して、周囲の状況を把握するソナーの能力を持つが、集団で飛行するコウモリがお互いの音声の混信をどのような工夫で回避しているのかはこれまで明らかではなかった。<br>• 今回、集団飛行するコウモリが発声する超音波の周波数を互いに調節し合うことで混信を回避していることを発見した。<br>• コウモリの …

2018年みずがめ座η流星群の流れ星 極大日5月6日

みずがめ座η流星群 2018年5月5日 西天

みずがめ座η流星群 2018年5月5日 東天

共同発表:脳と脊髄を結ぶ運動の「神経地図」〜巧みな動作のもとになる多様な神経回路の発見〜

ポイント<p>大脳皮質と脊髄を結ぶ「皮質脊髄路」と呼ばれる神経回路が、どのようにして動物の複雑な運動動作を生み出すことができるのか不明であった。<br>• 今回、げっ歯類の皮質脊髄路においてさまざまな神経細胞が接続して多様な神経回路を形成していることを発見し、それぞれの神経回路が異なる運動機能をコントロールしているこ …

Cortical Inactivation Freezes Dopamine's Sensitivity to Belief

共同発表:細孔空間を使って異なる分子を交互に配列~電荷寿命1,000倍、有機太陽電池の究極構造を実現~

ポイント<p>有機太陽電池の材料として、電子を与える(ドナー)分子と電子を受け取る(アクセプター)分子が規則的かつ交互に配列した究極に理想的な構造体が求められていました。<br>• 周期性の細孔空間を構造内に有する多孔性物質を利用することで、分子を交互に配列させた構造体を創製し、光によって生じる電荷を、従来寿命の約1 …

2018年4月こと座流星群 極大日の流れ星

Adaptive radiation class 12 for NEET | evolution biology lecture

Dynamics of a Protein Chain Motor Driving Helical Bacteria under Stress

Necrosis De Grasa Después De Un Aumento De Glúteos-Dr.Curvas

胆石の食事療法:胆のう結石の予防と改善法

人工知能の第一人者が語る「人工知能が持つ可能性と危険性」とは?

機械学習を用いた人工知能が発展し、さまざまな分野において人工知能の技術が利用されるようになりました。そんな中、ドイツのオンラインニュースメディアSPIEGEL …

「外敵の襲来に対して体を爆発させるアリ」の新種が東南アジアで発見される

アリは非常に多くの個体が集団を作って生きる昆虫であり、大きすぎる餌を分割してそれぞれの個体が少しずつ運んだり、複数の個体が協力して大きな餌を運んだりするなどの協力行動を取ることが知られています。また、いくつかのアリは<b>自分たちの体で他の個体が渡る橋を作ったり</b>、負傷したアリを安全な場所まで運ぶ救命行為を …

金属ガラスの発見を「機械学習」で200倍高速化することに成功

機械学習の技術は人工知能(AI)開発や画像認識技術など、さまざまな分野に広く活用されています。そんな中、科学の世界で機械学習を利用して、これまでにない発見を目指す試みが行われており、アメリカの研究者は<b>金属ガラス</b>の合成パターンを従来の100倍以上の速さで見つけることに成功しています。</b> …

世界人口の95%は汚れた空気を吸って生きている

By V.T. …

2018年4月こと座流星群の流れ星と夏の大三角

2018年4月こと座流星群極大日前日の火球

カオス理論で知られる複雑な状況を「機械学習」によって正確に予測する技術が開発されている

気象などの自然現象を完璧に予想することは不可能であることが<b>カオス理論</b>によって知られており、中でも「蝶が羽ばたいたというわずかな影響によって状態が大きく変わり得る」という<b>バタフライ効果</b>なども有名です。しかし、そのカオスと呼ばれる複雑な世界を「機械学習」で正確に予測する研究が進められ、際立った予測精度を …

Career options after Msc. Life sciences | Biotech jobs after Msc. in Biotechnology/microbiology