SHIRONITA Tsuyoshi

49 Flips | 2 Magazines | 2 Likes | @tsuyoshi4628 | Keep up with SHIRONITA Tsuyoshi on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “SHIRONITA Tsuyoshi”

SIMフリーなのに格安のタブレットは2台目に最適だ

kalons:現代アートのレビューポータル

濱田祐史はこれまでヨーロッパやアメリカでの展示を中心に活動を続け、 昨年Photo Gallery International(P.G.I.)にて個展「Pulsar+Primal Mountain」を開催。 …

森村泰昌インタビュー「芸術の良心、未知の芸術──ヨコハマトリエンナーレ2014とアーティスト像」:フォーカス|美術館・アート情報 artscape

米田知子『雪解けのあとに』:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

kalons:現代アートのレビューポータル

大竹昭子のエッセイ「迷走写真館 一枚の写真に目を凝らす」 第8回

蜷川実花「月刊MEN」展@タブロイドギャラリー、展示作業終了。展覧会は明日から! http://t.co/6Fk5B9pXV4

Jun Morinaga continued taking the photographs of the waves in the sea earnestly,after having taken the photographs of the ditch river of Tokyo in the 1960s. Morinaga restarted to live in a Japanese society from the ruins made by the atomic bomb,and he might feel the rapid economic growth of Japan as an illusion. So he was absorbed to take pictures of ditch rivers,because he was not interested in the Japanese social phenomena at all .After he completed his work about ditch river, he set himself to take photographs of the waves,and has continued it for more than thirty years. The photographs of the waves which Morinaga took are different from the photographs of the waves taken by other photographers seen well in public. His photographs of the waves definitely symbolize the basic rhythm of all things in nature . As a matter of course, the rhythm of waves is connected to the rhythm of our breathing. When Morinaga took the photographs of ditch river,he could find minute creatures in the sludge.He might search the proof of our existence from the edge of life.So he could find the rhythm of life in the waves. Life is existence, and death is not nothing, because possibly life and death may be only the ups and downs of the waves. Now you can reseve the photo-book of Wave by Jun Morinaga in this site.→http://www.kazetabi.jp/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E7%B4%94-wave-%E5%86%99%E7%9C%9F%E9%9B%86%E8%B2%A9%E5%A3%B2/ photograph by Jun Morinaga.Text by Tsuyoshi Saeki.

山本渉『線を引く|Drawing a Line』 | Photo Books | photographers’ gallery

Kazuumi Takahashi

kalons:現代アートのレビューポータル

月刊DIGITAL FACTORY

【本日より♪】紀伊國屋書店新宿本店さんの4階にて迫川尚子写真展『新宿ダンボール村』開催!ダンボール村の現在、新作のカラー写真も。ぜひお越しください! | BERG!

Hiroki Matui

Hiroh Kikai "Tokyo Labyrinth" opens at Zen Foto Gallery tomorrow. One of Japan's finest photographic artists, Kikai will discuss his work from 3pm Saturday May 11th, followed by a drinks reception from 5pm.

Log In or Sign Up to View

This Facebook post is no longer available. It may have been removed or the privacy settings of the post may have changed.

kalons:現代アートのレビューポータル

kalons:現代アートのレビューポータル

2001年の春、網走という小さな町に移り住んだ。 18才から4年間暮らしたその町は、短い夏には鮭が遡上し長い冬には流氷が海を覆い尽くす町だった。 人の営みが大きな自然に包み込まれていると初めて感じた。 …

kalons:現代アートのレビューポータル

人物写真(ポートレイト)の大家、坂田栄一郎の 未発表作品「江ノ島」を原美術館で初公開します。<br>「AERA」表紙などの仕事のかたわら、16年の歳月をかけて 取り組まれた作品「江ノ島」シリーズは、坂田の新たな一面 を見せる意欲作です。真夏の海でとらえられた“人のいない …

kalons:現代アートのレビューポータル

タカ・イシイギャラリー …

kalons:現代アートのレビューポータル

kalons:現代アートのレビューポータル

kalons:現代アートのレビューポータル

[作家コメント]<br>寄り添って  仄仄<br>お昼寝    仄仄<br>おしゃべり  仄仄<br>いつもふたり 仄仄<p>[作家プロフィール]<br>野田紘未(のだひろみ・Hiromi Noda)<p>1978年 大阪生まれ<br>2000年 大阪芸術大学 芸術学部 写真学科 卒業<p>個展<br>2003年 「今日はジャングル、明日は火星」(The Third …

kalons:現代アートのレビューポータル

大橋は自身の近しい人の死をきっかけに、国内外各地の写真を撮ることで、死の側から生を、生の側から死をのぞく作業を続けてきました。かつての隆盛の影を残したまま、取り壊されることすらなく廃墟となった軍艦島、おそろしいほど美しい自然、時間によって音も立てずに暴力的に分断される日常の風景。大橋の目を通して映さ …

kalons:現代アートのレビューポータル

kalons:現代アートのレビューポータル