長町 拓哉

292 Flips | 2 Magazines | @takuyanagam4arg | Keep up with 長町 拓哉 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “長町 拓哉”

Robots that steal human jobs should pay taxes, Gates says

Bill Gates, the co-founder of Microsoft and world’s richest man, said in an interview Friday that robots that steal human jobs should pay their fair share of taxes.<p>“Right now, the human worker who does, say, $50,000 worth of work in a factory, that income is taxed and you get income tax, Social …

スプリント 売却か継続か 岐路のソフトバンク

ビル・ゲイツ氏、「働くロボットへの課税で人間を守るべき」

ボブ・マーリーの孫ダニエル・バンバータ・マーリーが新曲「Unconditional」のミュージックビデオを公開

ゼロからわかる「イスラーム国」が世界的な一大現象になるまで(末近 浩太)

ja_JP<p>現代ビジネス<p>article<p>http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49976<p>「イスラーム国(IS)」はなぜ生まれてしまったのか? やっかいなことに、ISは「組織」であると同時に、自称「国家」であり、また、共感者を次々に生み出す「思想」として、猛威を振るってい …

「好きな音楽」と性格には密接な関連がある:研究結果【LHベストヒッツ】

仕事量&検索エンジン等でみた、もっとも人気のあるプログラミング言語

【連載】人生を変える!30代のイギリス短期留学成功のヒント/第1回「学校

【スペシャル動画】山中伸弥×羽生善治「最後はカンがものをいう」(現代ビジネス編集部)

スウェーデンの6時間労働は良いことばかりじゃなかった。残念ながら

ヒラリー芸人・石井てる美の人生を変えた外資系企業での挫折 「今のピンチこそチャンス」

未来は「失敗の歴史」のなかにある──ケヴィン・ケリー新刊に見た「予測不可能な時代の歩き方」

『WIRED』US版創刊編集長ケヴィン・ケリーがデジタルテクノロジーの“不可避な力”をひも解いた『〈インターネット〉の次に来るもの──未来を決める12の法則』。前著『テクニウム』に続き本書の翻訳を手がけた服部桂が、ケリーの洞察とイノヴェイションの歴史から、予測不可能な現代における未来の探し方を考察す …

「世界はもっと科学にお金を使おう」という声が世界的におこる

2014年から2016年にかけて日本および日本出身の科学者がノーベル賞を獲得したことで、<b>基礎研究</b>の重要性を再認識する議論や報道が起こりました。すぐに結果につながらない、さもすれば「地味」な基礎研究には研究機関や国などからの予算が付きにくいという状況は日本だけでなく世界的に見ても同じ状況があるようで、 …

Science

友情復活!? パリス・ヒルトンとキム・カーダシアンが2ショット

元祖リアリティ番組のスターといえばパリス・ヒルトン(35)。そんな彼女が過去に親友といわれていたキム・カーダシアン(36)との2ショットを公開しました。 <br>Paris Hilton Instagram <br>▲パリス・ヒルトンとキム・カーダシアン。 続きを読む

【ビデオ】7台のランボルギーニが「ミウラ」の由来となった闘牛牧場を訪問

無料で入力フォーム作成が可能で高度な顧客管理も可能なサービス「formrun」

私たちはどんな時代を生きているか〜世界を覆う新しい「戦争の構造」(篠田 英朗)

今や人生の教科書は漫画だ、外国語も漫画で勉強できるはず、と信じたLingoZING | TechCrunch Japan

なぜ人間のペニスには「骨」がないのか?

多くのほ乳類のオスはペニスに骨を持っていますが、ヒトは進化の過程によってペニスから骨を失っています。そもそもなぜペニスに骨が必要なのかもよく分かっていないのですが、その秘密を研究した結果が公表されています。<p><b>Postcopulatory sexual selection influences</b> …

Royal Society

メキシコの治安が悪いという噂はホント?地域別最新の治安情報と対策まとめ

machi-ya

クリスマス・プレゼントに最適...とはとても言えない、馬鹿げたほど高額な自動車ブランド・グッズをご紹介

• ‹ 前へ<br>• 1<br>• 2<br>• 次へ …

3年後には約半数の空港がスマート化? 未来の空港を支えるIoT技術とは

<b></b>センサーやウェアラブル、VRなどといったIoTテクノロジーは、空港の将来にとって大きな役割を担おうとしており、世界中の空港の1/4近くがすでにそうした動きを始めている。旅行者の多くは、ゆっくりながら進歩を続けるテクノロジーの影響に慣れ親しんでいる。電子チェックインのおかげでカウンター前に行列を作る必 …

詐欺師症候群の症状を克服する3つの方法

ビル・ゲイツやザッカーバーグが「歴史」を学び続ける理由(池田 純一)

facebook

中国にとってトランプの自国優先は「我が意を得たり」

【ビデオ】20年間で自動車の安全性能がどれだけ進歩したか、よく分かる衝突試験映像

facebook

先月の終わり、日本時間10月28日に発表された<b>新型MacBook Pro</b>。大きな刷新に対していろいろな意見が飛び交っています。その大刷新のひとつとしてあげられるファンクションキーの代わりとなるTouch Bar。発表当日中には、「<b>Touch Barなし</b>」モデルのMacBook Proの販売が開始されました。米GizmodoのChristina Warren氏がそのTouch BarなしMacBook Proをレビューしています。以下、どうぞ。<p>***<p>2008年にMacBook Airが衝撃デビューしてから早8年。MacBook …

facebook