池上 隆宣

325 Added | 8 Magazines | 22 Likes | 3 Following | 1 Follower | @takanoriike51vu | Keep up with 池上 隆宣 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “池上 隆宣”

インスタでいま最もウケる食べ物は「スシ・ドーナツ」だ!|オーストラリアの考案者に米紙が直撃

最初はラテ・アートだった。<p>それからクロナッツ(クロワッサンの生地で作ったドーナツ)、ラーメン・バーガー、スシ・ブリトー、レインボー・フードと続いて、ロールアイス。さて、次にあなたのインスタグラムのアカウントを占領しそうな素晴らしいビジュアル系の食べ物は何だろうか。<p>ずばり、スシ・ドーナツだ。<p>「スシを食 …

この「アボカドマヨネーズ」は、NYみやげの新定番になる

いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。<p>アボカドオイル100%の<br>マヨネーズ<p>そう聞いて「アボカドを潰して、マヨネーズで和えて…」というイメージをしてしまったあなたは、ヘルスコンシャスなニューヨーカーには …

この「食べ合わせ」がすごい。栄養を逃さない献立7つ

「居眠り」は勤勉の証──オフィスで、電車で、道端で、寝ることにいそしむ日本人

<b>会議中、人が話しているのに目を閉じているお偉いさん、わずかな昼休みの間に公園でうとうとするサラリーマン、カフェのテーブルにテキストを広げて突っ伏す大学生……日本人はどこでも眠る。しかも、その行為は周囲から評価されるらしい。</b><p><b>日本に浸透する「居眠り文化の不思議」を、米「ニューヨーク・タイムズ」が解説する</b> …

進化した「グーグル翻訳」が物語る「AIファースト」へのシフト│集中連載「グーグルのAI開発最前線」第1回

<b>このところ、グーグル翻訳の精度が急激に上がったことが大きな話題になっている。これは突然の仕様変更ではない。グーグルは、AI(人工知能)をベースにした企業に生まれ変わろうとしているのだ。これから4週にわたって、グーグルのAI開発の最前線に密着する。</b><p><b>プロローグ グーグル翻訳の驚くべき向上</b><p>2016年11月 …

お金を増やすにはコツがある|アリエリー教授が教える「みるみる貯まる“環境”のつくりかた」

「日本の総務部は30~40年遅れている」 (3ページ目):日経ビジネスオンライン

トライメシその26 お茶しない? が招くドトウの爆食 ミャンマー料理で「茶」を喰らえ!|いのうえさきこ「セカオカ」

日立、撮影後にピント調整できる「レンズレスカメラ」技術。モアレ縞を活用

日立は、動画撮影をした後にピント調整ができる「レンズレスカメラ技術」を開発したと発表した。この技術により、「モバイル機器やロボットなどのデザインを損ねることなく、より自由な位置にカメラを設置することが可能」としており、作業支援や、自動運転、人の行動分析など、幅広い用途での活用を目指す。<p>今回の新技術は …

広告換算はもう無意味?大事にすべき数字と価値:「LINE×メルカリがほしい“新しい広報像”とは」トークイベントより

2016年9月28日(水)、渋谷のイベント&コミュニティスペース「dots.」にて、トークセッション『<b>LINE×メルカリがほしい”新しい広報像”とは</b>』が開催されました。<p><i>ともにC向けのサービスを提供し、グローバル展開も盛んなこの2社が共同で広報・PR担当者向けmeetupを開催します。ユーザー拡大のた</i> …

コーヒー1日3杯以上「脳腫瘍のリスク低い」 国立がん研究センターの調査

コーヒーのイメージ画像<p><b>コーヒー1日3杯で脳腫瘍リスク減?過剰摂取は逆効果も</b><p>日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍(しゅよう)を発症するリスクが低いという研究成果を国立がん研究センターの研究チームがまとめた。コーヒーの成分の一部が発がん抑制に関係している可能性があるという。<p>国内10地域に住む40~69歳の男女約10万人に、コーヒーを飲む頻度など習慣を聞き、その後約20年にわたり経過をみたところ、157人が脳腫瘍を発症した。<p>研究チームは、コーヒーを1日3杯以上、1~2杯、1杯未満と飲む頻度で3グループに分けて、年齢や喫煙歴などの影響を取り除き、脳腫瘍のリスクを調べた。その結果、1日3杯以上 …

facebook

世界を旅して生み出した、究極の「クラフトサンドウィッチ専門店」が渋谷にオープン!

愛する男性の遺体から「精子」を採取する女たち──「死後の体外受精」をめぐる世界的論争の最新事情

<b>愛する男性との子供がほしい、たとえ彼が死んでいたとしても──。そんな願いを叶えようとする女性が近年、増えている。<br>技術的にはすでに可能だが、問題になっているのは、自分の意思に関係なく「父親」にさせられる故人や、死者の精子から生まれてきた「死後懐胎子」の人権をどう尊重するかだ。<br>世界中で議論になっている、</b> …

政治外交検証

研究会の目的<p>政治外交検証研究会では、日本外交およびそれを取り巻く国際環境についての新たに刊行された著書・論文などをとりあげ、その書評を報告し、意見交換を行います。そうした過去および現在の政治外交を検証をすることによって、今後日本が進むべき道が見えてくるものと考えています。<p>国内外の日本外交に関する優れ …

トライメシその22 多民族国家は、ジャガイモ料理もおいしく多彩! なぜかごはんが進むその理由とは?|いのうえさきこ「セカオカ」

「孤独であること」はマイナスではない。むしろ孤独が人類を進化させた──「寂しさ」を科学する

<b>自分だけの時間を楽しむことはできるけれど、ふとした瞬間に話し相手がいないと感じたり、寂しくなって誰かに側にいてほしいと思うことはあるだろう。できればそんな辛い思いは味わいたくないもの。だが最新研究によれば、この「孤独の苦しみ」が人とのつながりを求める「原動力」になっているのだという。</b><p>※この記事は、読 …

幼い頃に、夢見たことは有りますよ…。 本棚の一部が隠し扉になっていて、そこを開けると隠し...

トライメシその21 「ブルガリア」といえば「ヨーグルト」はマジでした! そして夏バテも消えました!|いのうえさきこ「セカオカ」

愛好者2億人超え! 中国で急成長する「二次元文化」が「クールジャパン」を凌駕する日

ニッポン<p>2016.6.12<p>次のページ<p>人気記事<p>WEEKLY RANKING<p>https://courrier.jp/news/archives/53956/<p>海外メディアから記事を厳選!<p>ja_JP<p>article<p>クーリエ・ジャポン

どんな質問にも30秒で答えろ! マッキンゼーのコンサルが実践する原則──翻訳前の話題書を「先読み!」

<b>The McKinsey Edge</b>: Success Principles from the World’s Most Powerful Consulting Firm <i><br>シュウ・ハットリ(服部周作)著</i> <br>2015年McGraw-Hill …

テンション↑アゲ↑てクッキング! 米国で「マリファナお料理教室」に参加してみた

<b>米国で医療目的でのマリファナ合法化をめぐる議論が過熱している。<br>だがシェフたちはその先を行き、マリファナを料理の「材料」として注目しはじめているという。マリファナ風味のブリトーやマカロン、ギンダラの味噌焼きにクラブケーキ──。果たして気になるお味は?</b><p>マット・ドハーティーの料理講座が終わりに近づいたとき …

アマゾンが秘密にする物流センターの正体 | インターネット

誰もが「職場が好き」と言える店に! 急成長を続ける“モモフク帝国”総帥デイヴィッド・チャンの「経営哲学」

<b>飲食店がひしめき合うニューヨークで、「モモフク」はどのようにして人気店の地位を保ち続けているのか。成功を収めながらも、常に新しいサービスの展開に全力を傾ける、グループの創業者デイヴィッド・チャンの経営者としての哲学に迫った。</b><p>デイヴィッド・チャンが経営する「モモフク」グループの本社は、ニューヨークのユ …

企業は「時間の管理」だけではなく「集中力の管理」も、そろそろ真剣に考える必要がある

みなさんは、「時間はあるのに、なかなか成果につながらない」という経験はありませんか? 朝活、夕活など、効率的な時間管理は、色々やられていますが、ビジネスライターの安達裕哉さんによると、知識労働の現場では、<b>「時間の管理</b>」だけではなく、「<b>集中力の管理</b>」が必要ではないかとのこと。<p>そして、その「集中力」の管理に欠かせないのが睡眠とのこと。集中力を適切に管理するための睡眠とは、どういうことなのか。安達裕哉さんに聞いてみました。<p><b>時間はあるのに、なかなか成果につながらない</b><p>知識労働においては「時間の管理」は特に重要なスキルの一つだ。<p>知識労働という言葉を作ったピーター・ドラッカーが、「<b>成果をあげるには時間からス</b> …

ニューヨークで「帝国」を築いて最も話題のレストラン「モモフク」創業者に密着! 新しい“自分の姿”と“サービス”を追う

<b>ニューヨークでいま最も予約が取れない店の一つとされるのが、モモフク・グループのレストラン「モモフク・コー」だ。グループの創業者であるデイビッド・チャンはその斬新なアイディアで、“世界の首都”の外食シーンに幾つもの新しいトレンドを創り出してきた。<br>そんな彼が最近、力を注いでいるのは「自宅の食卓」を豊かに</b> …

「アイデアが生まれるオフィス」の作り方7ヶ条

レンタルフレンド──これは日本の病理なのか? 米国人ライターが東京で使ってみた友人代行サービスの驚き

<b>日本では友人代行サービス「レンタルフレンド」がちょっとしたブームになっているらしい——。東京を旅行した米国人ライターが、通訳代わりにレンタルフレンドを雇ってみた顛末記をお届けする。<br>これは日本の病理か、あるいは新しいコミュニケーションの姿なのか?<br>「もしあなたが東京に旅行に行ってひとりぼっちで、話し相手</b> …

Vol.02 モバイルが米国のレストランを激変させている|アメリカ西海岸のリアルな住み心地