Studio Rocket7

373 Flips | 5 Magazines | 101 Likes | 1 Following | 3 Followers | @sr7Apollo | 気楽に楽しくてきとうに。

facebook

“だまし絵”で知られるエッシャーの大規模な回顧展が2018年に開催決定

“だまし絵”の画家として日本でも親しまれる、オランダを代表する版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー。2018年に生誕120周年を迎えるエッシャーの大規模な回顧展<生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル …

現政権は、北朝鮮難民に「きちんと対応できる政府」?

ジャズの街ニューオーリンズのネコたちを撮影 NHK『岩合光昭の世界ネコ歩き「ニューオーリンズ」』が再放送決定

北朝鮮問題をロシアの立場から考える 過去の取材ノートを手がかりに

世界情勢をみるとき、日本のメディアは欧米の視点に引きずられがちだ。それもそのはず。日本の報道機関が頼るのは、ロイターやAPなど、欧米系の通信社が多いからだ。<p>私がことさらそう感じるのは、欧米系メディアに頼る必要がないロシアで記者活動をした経験があるからだ。2014年までの3年間、朝日新聞のモスクワ支局員としてロシアと旧ソ連を「現場」に取材した。そこから得られた教訓が二つある。それは、1)世界は必ずしも欧米の論理だけでは読み解けない、2)ロシアの視点を見くびってはならない--ということだ。<p>モスクワ勤務から離れて久しいが、最近、久しぶりにこの教訓を思い出したことがあった。それは、北朝鮮の核開発問題を …

元メタリカ クリフ・バートンの父親 「印税は全てクリフの出身高校の音楽奨学金へ寄付している」

元メタリカ クリフ・バートンの父親がインタビューに応じ、バートン家が受け取っている印税は全て、クリフの出身高校の音楽奨学金へ寄付していることを明らかにしています。またクリフが初の印税で両親を寿司屋に招待したことも述べています http://amass.jp/92743/

facebook

結論は「日本必敗」...開戦前に存在した「奇跡の組織」総力戦研究所とは?

老化を司るのは視床下部神経幹細胞、老化を早めたり遅くすることに成功

生物の老化を司る脳細胞を発見した興味深い論文が公表されています。<p><b>Brain Cells Found to Control Aging | Albert Einstein College of Medicine</b></b> …

この人に聞く:危機の時代に「軍縮の大切さ」を強調する、中満泉(なかみつ・いずみ)軍縮担当上級代表

サイボウズ式:縄文時代、社長も上司もいないのに組織が成立していたってホント? 考古学者と組織の起源をさかのぼってみた

化学療法が誘導する細胞死

1日たった3分で目を強化できる「目に効く」フィットネス3つ

あなたが誤解しているハーバード大学の5つのこと

猫ちゃん、二足歩行できるの? 麦わら帽でキャットウォークして可愛すぎる♡

写真家ハービー山口による70年代ロンドンのパンク黎明期の写真集 出版記念の写真展が開催決定

写真家ハービー山口による、70年代ロンドンのパンク黎明期の写真集『You can click away of whatever you want: That’s …

本田圭佑氏の炎上と「成功バイアス」

facebook

1発1.5億円。穴はもう塞がってスホーイが普通に飛んでる模様…。<p>シリア反政府勢力支配下地域にアサド政権が化学兵器を投下したとして<b>米トランプ大統領</b>が<b>シリア空軍基地</b>に対地巡航ミサイル「<b>トマホーク</b>」59発を放ち、「やるときはやるんだ!」とか言われてますが、軍事評論家の間では軍事行動というより政治的パフォーマンス、と見られていますよ。<p>米海軍が攻撃したのはシリア中央部シャイラット空軍基地。ハンシャイフン市内で死傷者100人以上の犠牲を出したサリン状の化学兵器攻撃で戦闘機が使用した基地です。国連からの再三の申し入れでバッシャール・アル=アサド大統領は神経ガス使用を全面放棄したはずなのにまだ使ってやがる!と …

U.S. Dept. of Defense

サイボウズ式:仕事の本質は「いかにラクをするか」

リア充じゃない私達のあるある、7つのイラスト

「『うちの嫁が』と言う男性には違和感しかない」 土井善晴さんが訴える、家の仕事の再認識

いるいる!趣味の世界を荒らす、見下しマウンティングおじさんたち

天職なんて見つからなくてもいい理由とは?

プレゼント特集|【東京会場】『ねこあつめの家』完成披露試写会30組60名様ご招待!!(8486) |映画情報のぴあ映画生活

<b>驚異のダウンロード数を記録したアプリが映画に!</b><p>累計ダウンロード数2000万を数える大人気アプリ『ねこあつめ』を原案にして作られたハートフル・ドラマ。大スランプに陥った人気小説家と、彼の元にふらりと現れた猫とのつかず離れずの交友が描かれる。監督は長編デビュー作となった『RAILWAYS …

「はやりを追うな」ノーベル賞・大隅良典教授が訴えた子ども達へのメッセージとは

トランプ氏の大統領令はなぜ「問題」なのか?

それでもトランプ大統領は負けない。なぜなら...

WIRED単独取材:エドワード・スノーデン、ある理想主義者の幻滅

各国諜報機関がその足取りを血眼になって追う、世界最重要指名手配者エドワード・スノーデン。2015年に『WIRED』US版が行ったモスクワでの単独インタヴューを、オリヴァー・ストーンによる映画化作品の日本公開にあわせ、ウェブ上に公開。

トランプ氏の大統領令が内包する数々の矛盾