スミス

467 Added | 2 Magazines | 17 Likes | 3 Following | @smiths | Keep up with スミス on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “スミス”

映画「ダンケルク」の迫力ある空戦シーンが本物の戦闘機を使って撮影されたとよく分かるメイキングムービーが公開中

2017年9月に公開されたクリストファー・ノーラン監督の映画「<b>ダンケルク</b>」は第二次世界大戦のダイナモ作戦(ダンケルク撤退)を描いた作品で、全編がフィルムで撮影され、極力CGを使わずに製作されたことで話題になりました。劇中に出てくる戦闘機が飛び交う空戦シーンもCGは使わず、本物の戦闘機を使って撮影され …

高音質なヘッドホンがワイヤレスで楽しめる

音量調整ができる次世代の耳栓「KNOPS」が国内キャンペーンを開始

ライフハッカー[日本版]より転載:本日、クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、音量調整ができる次世代イヤープラグ「Knops(ノップス)」のキャンペーンがスタートしました。ふだんから耳につけておき、環境音のボリュームを自由に調節するという革新的なコンセプトの”耳栓”です。<p>環境音のボリュームを調整<p>Knopsは、耳に入る環境音を自由に調節できる次世代のイヤープラグ(耳栓)です。つまみを回すことで、外から入ってくる音を4段階に調節します。「<b>モード1」</b>では、通常どおり周囲の音をクリアに聞くことができます。「<b>モード2</b>」はノイジーな都市環境音を低減するために、「<b>モード3</b>」は音楽の …

Pebbleそっくりな99ドルのスマートウォッチ「Amazfit Bip」が気軽に使えるどころかGPS・心拍センサーもついてバッテリーライフは30日という内容 | TechWave(テックウェーブ) #WAVE

『ブレードランナー2049』エルビス・プレスリーのVFX裏側映像

『<b>ブレードランナー2049</b>』には、<b>エルビス・プレスリー</b>、<b>マリリン・モンロー</b>、<b>フランク・シナトラ</b>といった伝説のセレブやパフォーマーが<b>ホログラムでカメオ出演</b>しています。<p>そのホログラムをはじめとする、いくつかのVFXシーンを担当したのは、パリ、ロサンゼルス、モントリオールにスタジオを構えるVFX制作会社のBUF。その裏側映像が公開されていたので、ご覧ください。<p>セレブのホログラムは、<b>背格好の似ている俳優に演技</b>をさせ、<b>頭部をCGですげ替え</b>ています。まぁ、この技術や方法はもうお馴染みですね。<p>Art of …

+Style、車の鍵向けのBluetoothトラッカーとタイヤ空気圧監視デバイスを発売

ZUS Car Key Finderソフトバンク コマース&サービス株式会社は、消費者参加型プラットフォーム「+Style」の「ショッピング」において、Bluetoothトラッカー「ZUS Car Key Finder」と、タイヤの空気圧を監視できるデバイス「ZUS Smart Tire …

ミレニアムファルコンがロボットに変身!! スターウォーズとトランスフォーマーのコラボが再登場

大人の本気ですねこれは…。<p>ここ10年、アメリカの玩具メーカー<b>Hasbro</b>(ハズブロ)は『スター・ウォーズ』に登場するキャラクターや乗り物がロボットにトランスフォームするオモチャを販売してきましたが、そのシリーズは2012年に惜しまれつつ終了してしまいました。<p>しかし気を落とすことなかれ、<b>タカラトミー</b>から<b>ミレニアム・ファルコン号</b>のトランスフォーマーフィギュアが発売されることになりましたよ。しかも今回は、ミレニアム・ファルコンにしたときのデザインのディテールが凝っていて超格好いい!!<p>タカラトミーの「<b>Transformers 02 Millennium …

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の絵画のように荘厳なシーンに使われた新技術。光源が秒速3kmで移動していた

息をのむ美しいVFXにはそんな秘密が!?<p>マーベル・スタジオの映画『マイティ・ソー …

これからはスマホアクセサリーの王道に?「DJI Osmo Mobile 2」レビュー

ジンバルがより多くの人の手に!<p>ドローン業界では最大手の会社の一つDJIは、ドローンだけではなくスマホ向けのジンバル「Osmo Mobile」も取り扱っていることで知られています。そもそもスマホ向けのジンバルなんてあまり使っている人はそう多くはないかもしれませんね。そこまでスマホで本気の動画撮らないし...とか。ただ、DJIがCES 2018で発表した2世代目「<b>Osmo Mobile 2</b>」は、一般の人でもぜひ1台持っておきたいと思えるレベルの価格で、かつ性能もアップしたコスパの高いモデルみたいです。<p>米ギズモードのAlex Cranz氏のレビューをお届けしましょう!<p>DJI Osmo Mobile …

iPhone Xをデジカメっぽく使えるケース「SNAP! X」

iPhone Xがデジカメに!<p>コペックジャパンは、iPhone Xをデジカメ風に使えるようにするケース「<b>bitplay SNAP!X</b>」を発売しました。最大の特徴は、<b>特許取得</b>の<b>物理シャッターボタン</b>です。<p>iPhone Xを横位置に構えたときに、右手人差し指の部分に<b>シャッターボタン</b>があります。これを押せば写真撮影ができるようになっています。まるでデジカメ!<p>こちらは反対側。ボリュームボタンなどが押しやすいように配慮されています。iPhoneケースですからね。<p>iPhone</b> …

もう何も信用しないぞ! リアルタイムの合成技術もここまでスゴい…

スクリーンを通したら、もうすべて疑っちゃうもんね。<p>SFやファンタジー映画なら、合成が当たり前。だって、実在してないものですから。時代ものでも当たり前。そのほか、大がかりなセットや大群衆、動物との共演もコンピューターグラフィックスと合成が当たり前。いや、そもそも近年の映画やドラマは、もうほとんどコンピューターグラフィックよねってつもりで見ています。<p>しかし、リアルタイムの映像ですら、ここまで合成エフェクトかけられるとは知らなんだ。もう、何も、信じ、られない。<p>巨大なブルーバック・スクリーンの前で演技をする男性。手前のモニター左には無人の部屋が、右のモニターには男性と無人の部屋が一緒になった映像が。動 …

可能性が広がる、モジュラー式の畳める車輪「REVOLVE」

タイヤを<b>モジュラー化</b>するという発想。<p>一見するとエイリアンの卵のような、はたまた何か新しいフットボールのような形状の物体。ですがこれをつまみ上げるとアラ不思議! …

過去10年でもっとも素晴らしかった映画トップ10

素晴らしい映画は数え切れないほどありますが、過去10年間に限ってトップ10を選んだらどんなランキングになるでしょうか。<b>

マーベルユニバース</b>は始まったばかりで、<b>『スター・ウォーズ</b>』は主役がレイの<b>続三部作</b>ではなくアナキン・スカイウォーカーの新三部作の話をしていた<b>2008年</b>。そこから今までを振り返って、米Gizmodoのio9記者が<b>映画作品ベスト10</b>を決めてみたようですよ。では、ランキングをお楽しみください。<p>10位) 『アタック・ザ・ブロック』2011年(原題:Attack the Block)<p>一言で説明すると「団地の不良 vs …

日本人快挙!特殊メイク辻一弘3度目ノミネート『ウィンストン・チャーチル』で - シネマトゥデイ

ja_JP<p>article<p>https://www.cinematoday.jp/news/N0097849<p>第90回アカデミー賞のノミネーションが現地時間22日に発表され、映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当した日本人アーティストの辻 …

世界で初めてCGを導入した映画「トロン」のCGパートはどのようにして作られたのか?

1982年に公開された映画「<b>トロン</b>」は世界で初めて全面的にコンピューターグラフィックス(CG)を導入した映画で、作品でも特に象徴的なシーンが「ライトサイクル」と呼ばれる乗り物で対決するシーンです。「トロン」のCGパートは複数の会社によって作成されましたが、このライトサイクルのシーンなど前半の主要なC …

サンワサプライ、エアコンの吹き出し口に装着できるボールジョイン搭載の車載ホルダーを発売

200-CAR048サンワサプライ株式会社は、直販サイト「サンワダイレクト」にて、エアコン吹き出し口に挟んで設置できる車載ホルダー「200-CAR048」を発売した。同製品は、片手でiPhoneやAndroidスマートフォンをホールドすることが可能で、リリースボタンで簡単に取り外せる車載ホルダー。エ …

不気味の谷は過去のもの? 映画『ブレードランナー2049』に登場するレイチェルのVFX裏側

しょっぱなからネタバレご免ですが、去年10月に公開された『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2049』には、<b>レプリカントのレイチェルがカメオ出演</b>するんですよ。<p><b>若き日のショーン・ヤング</b>のお姿なので、<b>もちろんVFX</b>で作られているわけですが、まぁ、<b>驚くほど完成度が高かった</b>! <b>不気味の谷現象は過去のもの</b>となったのか、なんて思うほどでした。<p>このデジタル・ダブルを可能にしたのはMoving Picture …

荷物を置くロッカーがデス・スターに!? 日常を銀河系の風景に変えるサンビー『STAR WARS ビークルマグネット』レビュー

サンビーが昨年12月に発売した『STAR WARS ビークルマグネット』のレビューをお届けします。文房具としての実用性もさることながら、飾って楽しめる『スター・ウォーズ』ファン注目のアイテムです。『STAR WARS ビークルマグネット』は、劇中に登場す...続きを読む

『キングスマン/ゴールデンサークル 』殺人マシンドッグのVFX裏側

前作よりエグさと理不尽さに磨きをかけたスタイリッシュ・スパイムービー『<b>キングスマン/ゴールデンサークル</b></b> …

ペットボトルがあればいつでもどこでもおしっこ可能な男性用携帯トイレ「Car Pool」

「おしっこを漏らす」と聞くと「そんなことをするのは小さい子どもだけ」と言う人がいるかもしれませんが、「おしっこを漏らす」というのは身近な緊急事態です。<b>20代男性の約85%</b>がちょっとした尿漏れを経験しており、<b>おしっこを予知する機械</b>には6.2億円の出資が集まるぐらいなので多くの人は経験と関心があるはず。 …

スティーヴン・スピルバーグが映画「ミュンヘン」で行ったサウンドデザインとは一体どんな演出なのか?

映画に緊張感を持たせる手法にはカメラワークやテンポの工夫がありますが、最も重要な手法の1つが<b>サウンドデザイン</b>です。映画の演出というとどうしても映像面ばかりに目を向けがちですが、音響が働きかけることでより効果的な演出ができるということを、<b>スティーヴン・スピルバーグ</b>が製作・監督を務めた映画「<b>ミュンヘン</b>」 …

メモをめくると遺跡のように建物が姿を現すブロックメモ「OMOSHIROI BLOCK」

清水寺デザインや模型、各種立体物などを手がける株式会社トライアードは、ブロックメモの中に上質な立体模型を仕込んだ「OMOSHIROI …

アマゾンは「Alexa」で世界を制覇しようとしている──野望の実現を担う「特命チーム」の舞台裏|WIRED.jp

アマゾンの音声アシスタント「Alexa」は、2014年に初めて登場したときには実験的な製品に過ぎなかった。Alexaのデビューの場となったスマートスピーカー「Echo」も、何の前触れもなく登場した奇抜な製品として大きな期待はされていなかった。<p>だが、次第に大勢の人々がスマートスピーカーを自宅に置くよう …

保護フィルムでスマホを守る時代は終わった。ガラスの強度を15倍にする液体プロテクター「WHOOSH! DIAMOND DEFENSE」を使ってみた

ダイヤモンドディフェンス全開。<p>スマートフォンとセットで買うものといえば、保護フィルム。いうまでもなく、スクリーンの汚れやひび割れを防ぐためには欠かせません。しかしガラスの触感が好きで、保護フィルムを使っていなかったり、できれば保護フィルムを使いたくないという人もいるでしょう。<p>そんな人は、machi-yaでクラウドファンディング中の液体プロテクター「<b>WHOOSH! DIAMOND …

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』の「半魚人」を、ギレルモ・デル・トロ監督はいかにつくりあげたか|WIRED.jp

ギレルモ・デル・トロはモンスターづくりの名人だ。『パンズ・ラビリンス』のペイルマンから『パシフィック・リム』の怪獣まで、どれも見るからに恐ろしいが素晴らしい生き物ばかりである。<p>しかし、最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』に出てくる半魚人は、単なる獣ではないのだという。デル・トロはこの生物を「物語の主 …

初代エイリアン“ネオモーフ”はこうして生まれた! 製作陣も“ゾッとした”『エイリアン:コヴェナント』メイキング映像[ホラー通信] | ガジェット通信 GetNews

リドリー・スコット監督作<b>『エイリアン:コヴェナント』</b>のブルーレイ&DVDが1月10日にリリース。メイキング映像が解禁となりました。<p>不朽の名作『エイリアン』の前日譚として“エイリアン”の起源に迫るこのシリーズ。『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』に続いて二作目となります。描かれるのは、人類初 …

上下セット・フードにナスカの地上絵! 『月刊ムー』しまむらコラボジャージが大人気&売切続出 | ガジェット通信 GetNews

日本で唯一本当の事が書いてある雑誌でおなじみの『月刊ムー』がファッションセンター「しまむら」とコラボ。上下セットのジャージセットがネット上で話題を呼んでいる。<p>『月刊ムー』は1979年より発行を続けている、オカルト・ミステリー専門誌。その話題は、ノアの方舟やマヤ文明、フリーメイソン・イルミナティ、宇宙 …

Philipsによる世界発「臨床試験で実証」された睡眠改善プロダクト「SmartSleep」はリアルタイムで睡眠を深めてくれる

ここまで来ました睡眠サポートプロダクト。<p>歯ブラシやひげ剃りなど日常生活の必需プロダクトを数多くマーケットに提供しているPhilips(フィリップス)。彼らがCES …

雨の日は気泡、風の日は波が立つ。水の動きで天気が分かる「Weather Cube」

この記事はROOMIEからの転載です<p>朝、今日の天気をニュースやスマホでささっとチェックする人は多いと思う。ただ、出かける前に調べる手間がちょっと面倒で、急いでいる日にはチェックするのを忘れて、雨予報なのに傘を持ってこなかった……なんてこともありそうだ。<p>そこで注目したいのが、デザイナーのShoyu氏とHitomi Sato氏によって制作された「Weather Cube」。この作品はまだプロトタイプ段階で正式な商品化は未定だが、見た目の美しさとユニークな機能が気になるアイテムだ。<p>「Weather …

DJI、スマホ向けスタビライザー「Osmo Mobile 2」発売 1万6800円、バッテリーで15時間駆動

<b>DJIがスマートフォン向け片手用スタビライザーの新モデルを発表した。</b><p>ドローンなどを手掛けるDJI JAPANは1月9日、スマートフォンの動画撮影時に手ブレを抑えられる片手用スタビライザーの新モデル「Osmo Mobile …