藤井 精司

19 Added | 5 Magazines | 1 Like | 1 Follower | @seijifujii351 | Keep up with 藤井 精司 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “藤井 精司”

長渕剛との対話〜人間にとって「暴力」って何ですか? 杉田俊介『長渕剛論』刊行記念

2016年04月25日(月) [ 賢者の知恵 …

いつも「聞き役」だった人が「やり取り上手」に変身する魔法のフレーズとは?

温和な人柄と笑顔でみんなに好かれているけど、自分からはあまり話をしない「聞き役」タイプの人っていますよね。そんな人がいつの間にか、会話がポンポンはずむ「やり取り上手」になっていたら、びっくりしませんか。「アクティブ …

ワールド大量退店が変える商業施設の未来図:日経ビジネスオンライン

5月、アパレル大手のワールドは、不採算のブランドや店舗の撤退を発表した。現在、約90あるブランドのうち10~15ブランドを廃止し、約2800ある店舗のうち400~500店を今年度中に閉鎖する。<p>同社が5月に発表した2015年3月期の通期連結決算によると、売上高は2985億円で前年同期比3.5%減、営業利益は53億円で同43.4%減。苦戦が続くアパレル事業を立て直すべく、この4月にトップに就いた上山健二社長が、大規模なビジネスモデルの再構築に乗り出す。<p>ワールドは、売上高が年100億円を上回るメガブランドも多く保有する。例えば、百貨店向けの婦人ブランド「UNTITLED(アンタイトル)」の売上高は約 …

「ホンダジェット」、成功の秘訣は内製化にあり:日経ビジネスオンライン

今年のゴールデンウィーク、航空業界はある小さなビジネスジェットで湧いた。<p>本田技研工業(ホンダ)の米国子会社ホンダ エアクラフト …

「仕事に行きたくない!」そう思った時に始めたい11の習慣

人事異動、GWなどプライベートでも仕事でも変化の多いこの時期は、何かとストレスが溜まりがち。つい仕事に向かう足取りが重くなってしまう人も多いのではないでしょうか?<p>「会社に行きたくないなぁ」そうため息が出てしまいそうになった時に始めたい11の習慣をお伝えします。<p>1.仕事に行きたくない理由を自分に問いかけてみる<p>まずは何よりも、仕事に行きたくない理由をじっくりと自分に問いかけてみましょう。<p>「お天気が悪いから」「苦手な上司や同僚に顔を合わせるのが嫌だから」「仕事でミスをしてしまったから」「遊んでいたいから」「仕事がつまらない」「朝起きるのが辛い」それとも「やる気が起きないから」?<p>仕事に行きたくない理由 …

内向的な人がビジネスの主流になる時代がやってくる?

内向的な人が活躍できる時代になった。これからもますますその傾向が強くなるだろう。そういう記事を目にするようになった。<p>いつも読ませていただいているGeofferyさんの最新記事も、「Introverts Will Soon Rule the Business …

老後どう働くか 年金を減らしたくない人の選択肢|マネー研究所|NIKKEI STYLE

日曜日の正午、鯛吉が事務所で資料作りをしていると、藤志郎と利子が急にやってきました。驚く鯛吉に、2人は「気がかりなことができたので、買い物の予定を変更して相談に来た」と言います。一体どうしたのでしょう?<p>大学で金融を勉強中の初野新衣紗(はじめの・にいさ=上)と父の藤志郎(とうしろう=中左)、母の利子( …

グンゼの「体内で溶ける手術糸」工場に潜入:日経ビジネスオンライン

「グンゼ」と聞いて最初に思い浮かぶのが肌着。しかし、体内で溶ける手術用縫合糸や骨接合材などのメディカル事業を1980年代から手掛けていることはあまり知られていない。縫合糸や接合材が体内で溶けるのは、水と反応して分解するポリグリコール酸(PGA)やポリ乳酸(PLA)などを原材料としているから。分解された成分は自然と体外へ排出されるため、抜糸などの必要がない。2014年12月初旬、グンゼが京都府綾部市にあるメディカル事業部の工場をメディアに初めて公開するというので、行ってきた。<p>「あれ? …

「日本企業は現場が強い」は間違い:日経ビジネスオンライン

「日本は現場が強い」という「神話」を真っ向から否定する、早稲田大学ビジネススクール教授で、ローランド・ベルガー会長の遠藤功氏。かつては優秀で強かった現場が劣化したのは、マネジメントの責任だという。このほど『現場論: 「非凡な現場」をつくる論理と実践』を上梓した遠藤氏に、劣化した現場をどうすれば強くできるのかなどについて聞いた。<p>(聞き手は広野彩子)<p>「海外はマネジメントが強い、日本は現場が強い」というのは経営者などから時々聞くお話ですが、遠藤さんは著書『現場論: …

「女の敵は女?」 女性部下との付き合い方の処方箋:日経ビジネスオンライン

今回は、女性マネジメントの「女性の部下の扱い」について見ていきたいと思います。<p>このコラムを読んでいただいている女性管理職の方で、女性の部下の扱いに困っている人はいませんか? …

池上彰氏から安倍首相への質問から学ぶ、とっさのスピーチ対処法

عربي (Arabic)<p>Australia<p>Brasil<p>Canada<p>Deutschland<p>España<p>France<p>Ελλάδα (Greece)<p>India<p>Italia<p>한국 (Korea)<p>Maghreb<p>México<p>Québec (en français)<p>South Africa<p>United Kingdom<p>United States

東レの炭素繊維、米国で飛躍 ボーイングと1兆円契約

東レは17日、米ボーイングから航空機向け炭素繊維複合材を1兆円分受注すると正式発表した。過去最高の取引額となり、東レは1千億円を投じて米国に工場を新設する。既存工場とあわせると、米生産が初めて日本国内を上回る。両社は事業拡大に向けて、複合材などの共同開発を始めることを明らかにした。商業生産開始から約 …

ルネサスは復活できるのか:日経ビジネスオンライン

経営再建中の半導体大手、ルネサスエレクトロニクス。昨年9月末には産業革新機構などから1500億円の出資を受け、人員削減や工場の統廃合や事業の選択と集中などの構造改革を進めてきた。2014年4~6月期連結決算では最終損益が211億円の黒字になるなど、業績は回復基調にある。<p>現在、ルネサスで会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるのが作田久男氏。昨年6月にオムロン会長から転じ、一連の構造改革を主導してきた。今後、成長に向けてどんな戦略を進めていくのか。就任2年目を迎えた作田氏が日経ビジネスなどのインタビューに応じた。<p>就任から1年強が経ちました。2014年4~6月期連結決算では最終損益が211億円の黒字 …

3Dプリンターは「今さら」か?:日経ビジネスオンライン

「今さらじゃない?」<p>日経ビジネス9月1日号では「号砲!3D生産競争」を特集した。編集部で議論を始めた今年の6月、社内外の何人かの第一声は冒頭のようなものだった。3Dプリンター製の銃を作った男が銃刀法違反などで逮捕された直後だったが、多くの人が3Dプリンターに対して抱く印象は「今さら」だった。<p>であれば、「今、特集する意味があるのか」という根本的な疑問にぶつかる。結果的には無事ゴーサインが出たものの、これを考える過程で様々な人から多様な3Dプリンター観を得ることができたので、記事にまとめたい。<p>まず、「今さら感」を醸し出している要因を突き止めることから始めた。<p>1つは自明である。2012年10月に日本 …

アベノミクスに4つの誤算、円安のデメリットが顕在化:日経ビジネスオンライン

4~6月期の実質GDP(国内総生産)の成長率は年率でマイナス6.8%と大きく落ち込みました。消費の回復も遅れています。これまで消費増税の影響は「想定内」との見方が多かったですが、実は「想定外」のことが起きているのではないでしょうか。<p>河野:4~6月期のGDP統計の結果、今の日本が直面している構造的な問題が明らかになったと考えています。実は今年の春頃から、日本経済に様々な問題が見えてきました。一言で言えば、「アベノミクスの4つの誤算」です。<p>4つ、もあるのですか。<p>河野:はい。まず1つ目が、実質ベースの円安がかなり進んでいて、しかも海外の景気が持ち直しているのに、供給制約から実質輸出が伸びていない点。<p>…

必要なのは女性管理職ではなく女性リーダーです:日経ビジネスオンライン

ファッション業界で働く女性のキャリア開発を支援する団体、WEF(ウィメンズ・エンパワメント・イン・ファッション)が7月、活動を開始した。アパレルや流通小売業の経営トップが多数発起人として参画する。会長に就任した尾原蓉子氏に、女性の活躍支援に特化する組織を立ち上げた経緯と具体的な方向性を聞いた。<p>(聞き手は秋山知子)<p>ファッション関連業界はもともと女性が多いという印象があります。尾原さんは欧米で急成長していたファッションビジネスの概念を日本に導入され、業界の人材育成にも貢献してこられましたが、この業界の女性の活躍支援に特化する団体を立ち上げた経緯を教えてください。<p>尾原:最初は昨年の4月、ある会合の場 …