Rikitsuguwachi

86 Flips | 18 Magazines | @rikitsugu | Keep up with Rikitsuguwachi on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Rikitsuguwachi”

この迫力、この臨場感! ソニーワールドフォトグラフィーアワードのノミネート作品がすごい! - 2014 Sony World Photography Awards

Dialogue

こんな部屋に住んでみたい。美しすぎるリビングルーム15選 -15 Beautiful Living Rooms

ヘッドフォンのケーブルが引っかかってデバイスが破損することを避けるために、引っ張られたときに磁気ヘッドフォンジャックを安全に離すPogo Connectors。

いつもコードを引っかけヘッドフォンを壊し、デバイスも壊してきた体験が動機になってニューヨークのデザイナー””ジョン·パターソンが開発したそうだ。デバイス上のヘッドホンソケット・ジャックとヘッドフォンのケーブルの末端のジャックを二つの磁石で結合しているPogo Connectors。 あったら良いね。<p>…

未来学者アルビン・トフラーの”今後の40年を左右する「40の変化」”の予言の中にあるOBSOLEDGE(無用知識)という言葉が興味深い。

世界史上で最も高額な写真ベスト10、一位は約4億2000万円高額である理由を聞くと成る程となるがそれでもやはり謎だ。

アートの値段の判断は、なかなか難しい。特に写真の価格は当たったことが無い。もちろんそれぞれの高額である理由をを聞くと成る程となるが、謎であることには違いない。コレクターの間には価値基準がそれなりに合理的にあるのだろうけれど。以下、分かる範囲でgizmodo.jp調べだが、まだ高額な写真があるような気 …

不思議!データ保存しても空っぽに見える不思議なUSBメモリ - Empty Memory

タイムマシンの世界みたい!いくつもの時間を重ね合わせた幻想的な風景 - Time is a Dimension

Flickrのデータを元に構築された美しいビジュアルマップ『Luminous Cities』

家族と旅と3Dフィギュアをテーマにした無印良品のロードムービー『地球の背中。』

皿洗いから一人前のシェフになっていく黒人青年を描いたビールのコマーシャル

facebook

まるでオートチューンをかけているかのような天性の歌声を持つ女性

1人の女性が1年をかけてプロ級のダンスを習得する様子を追った映像作品

惹き込まれる! 異次元空間を飛び回るような映像のトリップ感がヤバい - Hyper Drive YURIKAMOME

ホンダのTVCM「面白いから、やる(突き­進む)」が良い。エレクトロニクスはコピーされやすいが、マシーンは摺り合わせ技術などで日本の自動車会社は競争力を維持。

月をモチーフに遠近トリックを使ったクリエイティブな映像作品

音を鳴らさず視覚的に知らせるシンプルでお洒落なタイマー『Ambient Timer』

「モノをデザインする時代は終わった」となっていますが、本当は「モノだけをデザインする時代は終わった。」ある意味、新しい常識の話。

“Mataerial”は3Dプリンターの規模を拡大したロボットだ。パビリオンと同じくらい大きな構造の製造を提案し、建築の製造法が根本的に変わる可能性さえ感じる。

数ヶ月前、三次元空間に小さなオブジェクトを描画することができる世界初の3Dプリントのペン、3Doodlerを掲載しました。しかし、壁から地面または水平から垂直に3次元オブジェクトを描くことができる大きなロボットツールMataerialです。しかも今度は大規模なチームがアーキテクチャ研究所"the …

facebook