raizin830

89 Added | 8 Magazines | 6 Likes | 3 Following | @raizin830 | Keep up with raizin830 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “raizin830”

アマゾン、驚愕の取次中抜き&直取引勧誘セミナーの全貌!公然と取次の限界を指摘 - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

 <b>アマゾン</b>ジャパン(以下、アマゾン)は昨秋から今春にかけて、中小零細<b>出版社</b>を対象に「和書ストア売り伸ばしセミナー」「和書ストア販売促進セミナー」などとうたった催しを開催している。このセミナーの実態は、アマゾンの直取引システム「e託販売サービス」に出版社を勧誘するものであることは、当サイトでもこれまで …

Space

The valley of dragons

The Hotel Entrance

避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか? 単行本 – 2013/8/30

<b>本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 …

「21世紀の資本論」が問う、中間層への警告 | 最新の週刊東洋経済

『異邦人』文庫解説 by 麻木 久仁子 - HONZ

作者:上原 善広<br>出版社:文藝春秋<br>発売日:2014-07-10<p>上原さんは、いつも旅をしているひとなのだ。日本の路地を。世界の路地を。構えたところもなく、ありのままの心で。<p>なぜ旅をするのか、第一章にこうある。<p>〈この世の中で、父と母との喧嘩ほど醜いものはない。まだ幼かった私にとって、それ …

いずれ劣らぬ地獄絵図 『捕食者なき世界』と『ねずみに支配された島』

Boogie Board SYNC 9.7レビュー:PCやモバイルと連携、手元を見ながら描けるペンタブレット

世界で初めてエスカルゴ・ブルゴーニュ種の養殖に成功した「三重エスカルゴ開発研究所」に行ってきた

7月に入るとフランスではエスカルゴ狩り(エスカルゴ猟)が解禁となります。エスカルゴはあまり日本の食卓に載る食材ではありませんが、実は、最高級のエスカルゴであるブルゴーニュ種(ポマティア)の完全養殖に世界で初めて成功したのは日本でのこと。いったい成功させたのはどんな研究所なのか、そして養殖で作られたポ …

【食事付き1万円前後で泊まれる最高の温泉宿】Vol.1山梨県・北杜市『清泉寮』

バブル時は日本が誇るメルヘンな里として、大ブームになっていた山梨県北杜市の清里。だが、バブル崩壊後は客足も徐々に遠のき、栄えていた清里駅前も現在では空き店舗が目立っている。<p>悲しいことにゴーストタウン化が止まらない清里だが、そんななかで現在もなお衰えを知らない、まるで光り輝く清里の星ともいえる総合宿泊 …

ウェブページを丸ごと保存--画像で残せるオンラインサービス4選 - CNET Japan

ウェブページを1枚の画像として保存するニーズは多い。プレゼン資料に貼り付けて使用するケースのほか、ページの見た目をそのまま履歴として記録しておくなどの用途も考えられる。PDFなどで保存する場合、変換する過程で見た目は少なからず変わってしまうが、画像で保存する場合はそうしたこともなく、見た目そのままの状態で保存が可能だ。<p>一般的に、PCでスクリーンショットを撮影するには、WindowsであればPrintScreenキーで取得してからペイントソフトに貼りつけたり、あるいはキャプチャ機能を持ったフリーソフトやブラウザの機能拡張を利用するが、ウェブサービスを用いればソフトのインストールは一切不要、かつウ …

facebook

さかなクンが語る、漁業の現状 | 食品

好きだからといって、ちゃんと仕事ができるわけではない ―善き書店員の告白 | ダ・ヴィンチニュース

『善き書店員』(木村俊介/ミシマ社)<p>好きなこと、やりたいことを仕事にすべきだ――。こうした風潮は、いまだに根強い。確かに、好きなこと、やりたいことをして生活をしていけるのは、大変に結構なことだ。<p>しかし一方で、ビジネスマンにとって、この風潮は悩みのタネにもなりうる。自分の働き方に迷いが生じている際など …

「森の図書室」オープニングパーティに参加してきた!

今週のいただきもの(6月第1週)

『ラインズ』 迷わず行けよ、その線を

作者:ティム・インゴルド<br>出版社:左右社<br>発売日:2014-05-21<p>本書は読者に多くの視点を与えてくれる本だ。<p>歩くこと、織ること、観察すること、歌うこと、物語ること、描くこと、書くこと。これらに共通しているのは何か?<br>それは、こうしたすべてが何らかのラインに沿って進行するということである。<p>“ライン”には …

【プレゼント企画】祝!復刊決定『背信の科学者たち』を抽選で10名様に

作者:ウイリアム・ブロード<br>出版社:講談社<br>発売日:2014-06-20<p>残念ながら、この本は絶版になっている。こういった優れた本は、ある種の文化遺産ととらえるべきである。化学同人でも講談社でもいいから、すぐに再版してもらいたい。STAP騒動を考えるにこれほどすぐれた本は他にない。このレビューを読んだ皆さ …

ペペロンチーノを科学する世紀の奇書『男のパスタ道』は「いきの構造」にならぶ(かもしれない)名著である

『神去なあなあ日常』【前編】すべては「匂い」から始まる | 「記憶」を嗅ぎあう関係の描き方――三浦しをんインタビュー

実は巨大市場になっている「自転車ツーリング」の世界|WIRED.jp

「Bicitalia」はイタリア自転車愛好家連盟(FIAB:Federazione italiana amici della bicicletta)が、環境省の布告に応じて進めているプロジェクトで、自転車用の本格的な「Google …

出版社「共和国」-編集者の自腹ワンコイン広告

新刊「terminal」発売&イベント開催のお報せ

米で自転車通勤が増加、自治体が後押し

車社会の米国で、通勤に自転車を使う人が2000年以来60%増えたことが、米国勢調査局が8日に発表した統計で分かった。<p>ほぼ90%は依然として車で通勤しているものの、自転車通勤は主にこの10年で増え、ほかの交通手段に比べて最も大きな伸びを示した。<p>自転車通勤者は男性の方が女性よりわずかに多く、子どものいな …

世界の舞台で健闘、タスマニア産ウイスキー

写真特集:新鮮な水、風味豊かな大麦 タスマニア産ウイスキー<p>スコットランドのハイランド、スペイサイド地方、米国のケンタッキー、テネシー、日本のサントリー山崎蒸留所、白州蒸留所、プレミアムモルトウイスキーを求める旅先として代表的な場所だ。しかし世界クラスの蒸留所として、新たな地域が仲間入りしそうだ。<p><b>タス</b> …

本を読むって、そんなに知的な行為なの?|WIRED.jp

本好きだった中学生の頃から44歳までの間、わたしは難解な古典から低俗なエンターテイメント小説まで、あらゆる種類の本を何千冊と読んできた。1週間あれば、何冊かの小説と、少なくとも1冊のエッセーを読む。本がなければ(それが紙であれビットであれ)、わたしの人生はとたんに意味のないものになるだろう──。<p>こう …