Yoshiki Murai

108 Flips | 1 Magazine | 9 Likes | 1 Following | @nekoyoshiyoshi | Keep up with Yoshiki Murai on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Yoshiki Murai”

[ファン!ファン!JAXA!] 宇宙実験室 20 - プラズマって何? 目に見えない磁場とプラズマを捕まえろ!

水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー

3日連続でスポットライトリサーチです。第99回は、筆頭著者3名からの連名寄稿となります。理化学研究所 放射光科学総合研究センター久保稔専任研究員、同センターのSACLA利用技術開拓グループ菅原道泰特別研究員、岡山大学異分 […]

植物の根はなぜ下に伸びる?有名な屈地性の他、水分の多い方向に伸びるしくみ「水分屈性」を発見!

<b> 植物の根はなぜ下に伸びるのか?</b>根はなぜ下に伸びるのだろうか? あたりまえのことだがしくみは複雑だ。植物の根が重力の方向に伸びる性質を屈地性(重力屈性)と言う。根を横に寝かせると、根の先端だけが下に向って伸び出す。この時、根の先端を取り除いてしまうと、根は横をむいたまま伸びる。この事から根の先端に仕 …

死ぬまで働き続ける「心筋」に秘められた再生能力を発見!心筋症はウイルス感染によって生じた心筋炎か?

<b> 心筋とは何か?</b>心筋とは心臓の壁の心筋層をつくっている筋肉。心臓の壁の大部分はこの層からなる。心臓の拍動の本体はこの筋肉の収縮である。心筋はヒトでは胎生の2週ころから拍動を始め、死ぬまで続く。形態学的には、心筋は骨格筋と同じ横紋筋に属するが、骨格筋と異なり、その運動はわれわれの意志とは独立しており( …

生命誕生の場は深海か?熱水噴出孔周囲で電流発生を確認、複雑な有機物やDNAも合成?

 <b>熱水噴出孔が最初の生命誕生の場か?</b>地球上の最初の生命はどこで誕生したのだろうか?それは難しいテーマだ。約40億年前の「地球生命の起源」では以下のようなプロセスが大筋で受け入れられている。原始地球ではメタン、硫化水素、アンモニア、水素などの還元的物質が豊富に存在し、それらが高温・高圧下で反応して生体 …

医療用アイソトープが足りない テクネチウム危機

テクネチウムという物質をご存じだろうか? テクネチウムは原子番号43の元素で天然にはほとんど存在しない。しかしテクネチウム99mという放射性同位体は医療画像の撮影に不可欠で,心臓や血管の障害,骨腫瘍などの診断検査に使われている。病巣に集中したこの同位体が発するガンマ線をとらえて,CTスキャンのような …

肥満に伴う糖代謝異常に肝臓内の細胞間接着や接触が関連

知られていない常識? 乳児にはちみつは厳禁!東京で「乳児ボツリヌス症」で全国初の死亡例

<b> 自然界で最強の毒素は?</b>ボツリヌス菌のつくる「ボツリヌス毒素」の致死量は体重70kgのヒトに対しA型毒素を吸入させた場合、0.7〜0.9μgと考えられており、1gで約100万人分の致死量に相当する(ちなみに青酸カリは経口投与の場合5人/g)。自然界に存在する毒素としては最も強力である。ボツリヌスの語 …

少女の卵巣から小さな脳と頭蓋骨の一部、髪の毛が発見される!寄生性双生児と奇形腫の違いとは?

<b> 「テラトーマ」奇形種という病気</b>小保方氏の発見した「STAP細胞」。オレンジジュース程度のストレスで「STAP細胞」ができるというのは、素晴らしい発見だった。しかし、2014年12月19日、理化学研究所は都内で記者会見を開き、検証実験でSTAP細胞を再現できなかったと発表した。小保方晴子氏の退職届を …

内臓脂肪を遠ざける「5つ」の食事習慣

脂肪は健康的に生きる上でなくてはならないものですが、過度にたまると肥満になり生活習慣病を引き起こすなど、悪影響を与えます。なかでも、特に問題となるのが内臓脂肪。ここでは、内臓脂肪を遠ざけるために役立つ食事習慣のポイントを5つご紹介しましょう。提供:雪印メグミルク株式会社

全身転移のがんが消えた…常識破り「副作用のない抗がん剤」誕生秘話(奥野 修司)

人体の新たな臓器が発見される

燃料不要の夢の宇宙エンジン「EMドライブ」は可能、NASAが発表!電力を確保すれば半永久的に加速

 <b>EMドライブとは何か?</b>EMドライブ(英: EM-drive、electromagnetic drive)は、イギリスの航空宇宙技術者のRoger …

松下幸之助「経営者は目に見えぬものを見よ」 | 松翁、問わず語り

Google Play:今年の人気アプリは!?Google Playが「ベスト オブ 2016」を発表!

Androidユーザーにとっての年末といえばやっぱりコレ!お待たせしました! <b>今年もGoogle Playを賑わした人気アプリの数々を網羅した「ベスト オブ</b> …

人体は宇宙だった!ヒトの細胞と中性子星のあいだによく似た構造が見つかる!オルガネラと核物理学の共通点

<b> 細胞の不思議「オートファジー」</b>オートファジー …

がん高額治療薬「オプジーボ」価格50%引き下げ!高額療養費の負担額軽減のためだが、製薬会社にダメージ

 <b>ノーベル賞の受賞予測に選ばれた「がんの免疫療法」</b>今年2016年のノーベル生理学・医学賞は東京工業大学の大隅良典教授の「オートファジー」だった。惜しくも今年のノーベル賞は逃したが、アメリカのトムソン・ロイターの予測で日本人研究者として挙げられた3人がいた。このうち、免疫の働きを抑える「PD-1」とい …

facebook

美しい土星の環の起源は?およそ40億年前の“後期重爆撃期”に近くを通ったカイパーベルト天体

 <b>美しい土星の環の起源は?</b>土星の環は、太陽系で最も顕著な美しい惑星の環である。μm単位からm単位の無数の小さな粒子が集団になり、土星の周りを回っている。環の粒子はほぼ全て水の氷であり、塵やその他の物質が少量混入している。 …

鍼灸師が「空飛ぶワラジ」を開発。外反母趾や浮足を補整します!

Wikipediaは15年にもわたる編集合戦の末に記述内容が次第に中立になりつつあることが研究で判明

爆発寸前!謎の連星で、時速960万km数百万度の「風」を観測!りゅうこつ座の巨星イータ・カリーナ

 <b>超新星爆発間近の恒星</b><b></b> 太陽が誕生してから約45億年、太陽は誕生から現在までに30%ほど明るさを増してきたとされている …

血栓除去術併用は脳梗塞発症から7.3時間まで

ついに光から物質ができちゃった?光子と人工原子から成る安定な分子状態を発見!量子技術分野に応用可能

 <b>光子は力を媒介とするゲージ粒子</b>光の粒子「光子」。光の実体を「粒」とする粒子説と「波」とする波動説の論争は、干渉実験などで波動説が優位に立ったが、1905年、A.アインシュタインは、光を受けた物質が電子を出す光電効果を、光を1粒、2粒と数える光量子の考え方で説明した。量子力学は「光は粒子であり、波で …

「一瞬の判断」をするために大切な7つのこととは? 宇宙飛行士・若田光一が初めて明かす仕事術 | ダ・ヴィンチニュース