cha

451 Added | 5 Magazines | 23 Likes | 3 Followers | @mizubasyou | Keep up with cha on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “cha”

Xiaomi関連会社から8GB RAMや液冷システム搭載のゲーミングスマホ「Black Shark」誕生

Huaweiからも左右独立イヤホンが登場! このルックスはうどんというよりしめじ?

年内に航空法改正か。ドローン、目視外でも飛ばせるようになる見込み

オフィスのデスクでいつまでも変わらぬ冷たい/熱いドリンクを、「デスクトップ冷熱カップ」発売

これ本当にカメラ? サイコロみたいな「CUBE Mini」はループ撮影もできる

ポータブル、ウェアラブルのカメラはたくさんある。ライフログ、アクションスポーツなどに特化するなど使い方はいろいろだが、本当にコンパクトなものが欲しいと思っている人にぴったりなのが「CUBE Mini」。<p>なんと一辺が2.5センチほどのキューブ状で、マグネットで好きなところにくっつけて気軽に撮影できる。<p>・ループ撮影も<p>CUBE …

スティーヴン・ソダーバーグ監督プロデュース。サイボーグ化が精神を変える近未来SFスリラー映画『PERFECT』

機械の身体は精神にどのような影響をもたらすのか?<p>映画『オーシャンズ11』シリーズで知られる<b>スティーヴン・ソダーバーグ</b>監督。HBOミニシリーズ『モザイク』では、スマフォ用アプリで自分なりのトレイラーを組み立てるという、斬新なプロモーションを監修したこともありました。<p>そんなソダーバーグ監督、実は<b>プロデュース</b>作品もけっこうあったりします。そしてこのたび、彼がプロデュースするのは、青年が自ら進んで機械の身体を手に入れようとする近未来SFスリラー<b>『PERFECT』</b>。<p>これは3月10日から18日まで行なわれているテックと音楽の祭典こと<b>SXSW</b>(サウス・バイ・サウスウェスト)にて公開された予告編です。<p>現実世界 …

秘密は有線式。筆圧検知タッチペン「SonarPen」はコーヒー5杯のお金で買える

カフェインを取るか、ペンを取るか。<p><b>1万円近くするApple Pencil</b>、その1/3程度の価格で高品質なタッチペンと同等の筆圧検知機能を実現した「<b>SonarPen</b>(ソナーペン)」が、Kickstarterにてキャンペーンを実施しています。リーズナブルさの秘訣は充電方法にあるみたいですよ。<p>この「SonarPen」は電源を搭載しておらず、タブレットの<b>イヤホンジャックから電源を取る仕組み</b>になっています。伸びたケーブルは邪魔にならぬようそれなりに剛性のあるタイプになってるみたいですが、充電の心配がないのは確かにメリット。ケーブル接続ゆえ、iPad ProだけでなくiPhone …

Googleの簡易作曲システムSong Makerで曲作りを簡単に楽しく

GoogleがChrome Music Labに、新しい楽器Song Makerを加えた。その名のとおり、Song Makerは曲を作る。それは基本的には使いやすいシーケンサーで、ユーザーはブラウザーの中でメロディーを作る。ただしそれには、Music LabのMelody Makerツールのような自動化の機能はない。<p>それは本格的な作曲ソフトFL …

歌声を無音に!できるデバイス「BeltBox」でストレスフリーな生活を実現しよう

家でも外でもオフィスでも、思い切り大声で歌を歌いたくなることはないだろうか。でも、大抵は周りの目が気になってなかなかできないもの。<p>・歌声を吸収してくれるマスク<p>今回紹介する「BeltBox」は、そんな悩みを解決してくれる実に便利な防音マスク。持ち運び可能な「歌声吸収ガジェット」だ。使い方は至って簡単。口をマスク本体で覆うだけ。あとはあなたの思いのままに歌を歌おう!<p>歌好きなアマチュアの部屋での普段使いはもちろん、プロ歌手による本番前のリハーサルや練習時にも威力を発揮するだろう。また、防水仕様のため、シャワーやお風呂に入っているときにも利用可能。自分だけの空間で、好きなだけ歌える快感は病みつきになる …

耳の中をカメラ映像で見ながら掃除できる「USBイヤースコープ」、サンコーから

article<p>使用イメージサンコー株式会社は日、同社が運営する直営サイト「サンコーレアモノショップ」において、スマホなどの画面に耳の中をリアルタイムで映しながら耳掃除ができる「USBイヤースコープ」を発売開始した...<p>http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/57371/<p>…

iPhoneバッテリー“無償交換” その方法と事前準備

Appleが発表した「iPhoneのバッテリー交換プログラム」が話題になっている。2018年の12月末まで、iPhone本体の保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換、保証期間が過ぎている場合でも、iPhone 6以降のバッテリー交換費用を通常の8800円から3200円に値下げするというもの。Apple …

グリーンハウス、スマホの音楽や通話をワイヤレで楽しむためのBluetoothオーディオレシーバーを発売

ニュース<p>グリーンハウス、スマホの音楽や通話をワイヤレで楽しむためのBluetoothオーディオレシーバーを発売<p>関連ニュース<p>関連記事<p>サンワ、72cm幅でデスクの広範囲をカバーできる超大型マウスパッドを発売2018.1.29<br>• JVC、メタルフレームのネックバンドを採用したBluetoothイヤホンを発売2 …

トランセンド、Mac用のPCIe SSDアップグレードキット「JetDrive 825」を発売

感情が爆発しそうになった時に落ち着くための5つの方法

かぶって寝るだけ。音と光を遮断する快眠ドーム「IGLOO」

毎日の面倒な歯磨きをわずか3秒で完了できる「Unico smartbrush」

毎日の歯磨きは虫歯や歯周病を防ぐために欠かせない習慣ですが、朝の忙しい時間帯や就寝前の眠いときに歯磨きを行うのは面倒なもの。歯科医は起床後、食後、就寝前の歯磨きが必要だとしており、しかも1回の歯磨きは少なくとも3分以上するべきだと主張しているため、実際にこれらの言いつけを守って生活した場合、私たちは …

電球の取り付けをワンタッチ! 磁石式ソケット「Magbulb」が便利そう

日常生活で電球を取り替えることはそう多くはないだろう。しかし、取り替えなければいけないとき、その場所が高いところだったりするとなかなか面倒な作業になる。<p>そこで、電球の取り替えを簡単にしようと開発されたのが「Magbulb」。おなじみのバルブをくるくる回して外して付けるという操作なしに、ワンタッチで取り付けられるというものだ。<p>・くるくる回す必要なし<p>Magbulbは2つのパーツから構成される。1つはソケットに、もう1つは電球の口金につける。<p>どちらのパーツも磁石が内蔵されていて、それらを近づけるとパチっとくっつく。つまり電球の取り外し・取り付けに際し、電球をくるくる回すという動作から解放されるのだ。<p>…

写真からフォントを見つけ出す「Typekit」の新機能。天下のAdobeより登場

「あぁこのフォントなんだろう…」をAdobeが解決!<p>プロのグラフィック・デザイナーさんたちは、膨大な量のフォントを持っているかと思います。その中から、制作物とイメージが合う<b>フォントを選ぶ作業</b>ってけっこう大変なんですよね。<p>それ以上に、他者が作ったデザインに<b>テイストを合わせなくてはいけない場合</b>もあったりして、なのにフォントの指定がない!なんてときはもっと大変。<p>そんな状況で頼りになりそうなのが、Adobe …

無料で粗い画像を機械学習したAIがきれいに補完して拡大してくれる「Let’s Enhance」を使ってみた

「縮小された画像を再度拡大すると、ドットが目立つ汚い画像になってしまう」という経験をしたことがある人は多いはず。粗い画像をきれいに復元することは簡単にはできないことですが、大量の画像で機械学習させたAIが粗い画像をきれいに復元してくれるという、「<b>Let's …

Tutorials

Bose、入眠用無線イヤホン Sleepbuds 発表。ノイズマスキング+心地よいサウンドで穏やかな眠りに

Boseが、完全ワイヤレスの安眠用イヤホン「Sleepbuds」を発表、Indiegogoで出資募集キャンペーンを開始しました。周囲の騒音を抑えるノイズマスキング技術を搭載し、紹介動画には「Sleepbudsが騒音を打ち消し、代わりに心地よいサウンドで穏やかな入眠を促します」と説明が添えられます。資金があるはずのBoseがなぜクラウドファンディング?と思うかもしれませんが、Sleepbudsのようなこれまでにない製品を作るにあたって、製品に興味があるユーザーからのフィードバックを得るのが狙い。<p>Indiegogoでの出資見返りとなる製品はプロトタイプと明記してあるため、お金を払ってでもSleep …

スーパーの特売品をAmazonで販売し大金を得て成功した28歳が語る成功のコツとは?

会計士として働いていた男性が世界最大のスーパーマーケットチェーン・<b>ウォルマート</b>で購入した特売品をAmazonで販売するという副業を開始したところ、本職並みの給与を得られるようになり、会計士を辞職。その後、順調に収益を上げ続け、28歳にして月給1700万円を手にするまでになりました。どのようにして収益 …

Selling

Samsungが「iPhone信者だった僕がGalaxyに乗り換えるまで」ムービーを公開、SamsungがiPhone信者なのではないかと思う仕上がり

カリスマ性には「人に嫌われているかどうか」は関係なし、莫大な影響力を持つカリスマになるためには何が必要か?

<b>魅力的であること</b>と、カリスマであることは職場において異なる影響力を発揮します。スティーブ・ジョブズのように<b>人々に激しく嫌われつつもカリスマ性を持ち人々に影響を与える</b>ことは可能。では、カリスマ性を身につけるには何が重要なのか?ということがBBCによってまとめられています。<p><b>BBC - Capital</b> …

iPhone XとiPhone 8 Plus。どっちの望遠手ブレがすごいでShow

その差、一目★瞭然!<p>iPhone Xのアウトカメラは、<b>広角側も望遠側(光学2倍ズーム)も光学式手ぶれ補正を載せてきました</b>。対するiPhone 8 Plusの光学式手ぶれ補正は広角側のみ。<p>となると比べるべきは光学2倍ズームのケース。iPhone Xの望遠手ぶれ補正はどれだけの効果を発揮するのか。見てみましょうか。<p>第1局:光学2倍ズーム&ムービー<p>右がiPhone X、左がiPhone 8 Plus。やー。ダンチです段違い。広角じゃなくて、望遠でコレですよ。<p>iPhone …

180インチ4K対応!オートフォーカスもできる小型プロジェクターが4万円台

大画面で映画やTV、ゲームをしたい。そんな風に思う人が多いのか、省スペースで大画面のメディア体験を実現できるプロジェクターの進化は止まらないと感じます。<p>今回紹介するのは、省スペースでオートフォーカス、180インチ、かつ4K対応のプロジェクター「XGIMI CC Aurora」。クラウドファンディングのINDIEGOGOで出資を募っているプロジェクトです。<p>・家でも外でも使える<p>XGIMI CC …

ぐっすり眠れる最適なポジションを解説したイラストが公開中

速報:新スマホ「honor 9」をファーウェイが発表、5万円台でデュアルカメラ搭載

ファーウェイは、デュアルカメラを搭載した新型スマートフォン「honor 9」(オーナー9)を10月12日に発売します。価格は5万3800円(税別)です。<p>honor 9は、デュアルカメラを搭載したSIMフリースマートフォンです。P10より廉価な中価格帯モデルにあたりますが、背面にはガラスを採用。さらに、光学コーティングを始めとした15層のレイヤーをガラスで覆うことで、光の当たる角度でさまざまな文様が浮かびあがる工夫で高級感を演出したといいます。<p>主な仕様は、Kirin 960 オクタコアプロセッサ、5.15インチ フルHD(1920 x 1080)IPS液晶ディスプレイ、4GB …

30cm離れても充電できる無線充電「Pi」発表。充電パッド不要、複数台同時も対応でQi互換

一時期下火になっていた感があるものの、iPhone 8/8 Plus、iPhone …

レトロなブラウン管テレビ風のiPhoneドック「Retroduck」 - CNET Japan

技術は日進月歩。ある時期普及していたタイプの製品でも10年後には姿を消す、ということがある。家電品も、同じ目的なのに気が付くとまったく異なる別の技術で実現されていたりする。<p>それに対し、人間はなかなか変われない。電子レンジはいつまでも「チン」するものだし、動画や音楽は「巻き戻す」ものだ。電話のダイヤルやテレビのチャンネルは「回す」ものだ。<p>そんなチャンネル回し世代にお薦めのiPhone用ドック「Retroduck」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。<p>Retroduckは、チャンネルを回して選局するタイプの、昔懐かしいブラウン管テレビを模したiPh …