松永 明文

135 Flips | 6 Magazines | 1 Like | 1 Following | 8 Followers | @mc0fuga | Keep up with 松永 明文 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “松永 明文”

アップルの「Retina 5K」搭載「iMac」レビュー--プロの目にも印象的な美しさ - CNET Japan

4Kという言葉とその画質にようやく慣れてきたと思った矢先に、Appleはオールインワン型の高級デスクトップである27インチの「iMac」に同社が5Kディスプレイと呼ぶコンポーネントを搭載し、この分野に参入してきた。<p>「iMac with Retina 5K display(iMac Retina 5Kディスプレイモデル)」という正式名称のこの製品では、酸化物TFTベースのディスプレイパネルを採用するとともに、Retinaディスプレイ搭載「iPad …

「Xperia Z3 Tablet Compact」徹底検証(前編)——8型タブレット最軽量ボディと高画質ディスプレイの実力は? (1/4)

machi-ya

「Xperia Z3」は「Z1」から何が進化しているのか、徹底比較フォトレビュー

ラオスで1か月海外ノマドしてみたら生活費は3万円だった

ノマドとは近年定着しつつある「特定のオフィスなどを持たない働き方」ですが、ノマドをラオスでやったらどんな生活を送る事になるのか。実際に体験してみました。<p>こんにちは!世界新聞特命記者の豊永奈帆子です。今年の4月から1年間、パソコン1台で働きながら1ヶ月づつ場所(国)を変えて旅をしています。香港、タイに …

machi-ya

サムスン「Galaxy S5」の第一印象--新機能やデザイン、使用感など - CNET Japan

スペイン、バルセロナ発--メタルボディを使ったデザイン、なし。涙が出るような2K以上のディスプレイも、なしだ。「Android」インターフェースの刷新は、少しだけ行われた。<p>多くのうわさなどが浮上したサムスンの「Galaxy S5」は現地時間2月24日、Mobile World Congressにおいて鳴り物入りで発表された。この新型のデザインは、一般に期待されていたような新鮮なものではなく、従来のGALAXY Sシリーズの焼き直しだった。<p>たしかに、このスマートフォンには指紋スキャナや心拍数センサはあるし、「Android …

「HTC One M8」のスペックを「Galaxy S5」「iPhone 5s」と比較 - CNET Japan

見た目が洗練された「HTC One M8」は、魅力的な端末だ。幸いにも、その優れた特徴は本体の薄さだけではない。5インチのディスプレイは鮮明であり、「UltraPixel」のカメラは満足のいく画質で写真を撮ることができる。また、HTC One M8が内蔵するクアッドコアプロセッサの性能は、今ある中で最速の部類に入っている。<p>少なくともスペック上は、HTC One M8がその最強のライバル製品であるサムスンの「Galaxy S5」や「iPhone 5s」を上回っている。特にM8の拡張可能なストレージオプションに注目すると、HTCがこのスロットを装備したことで、初代「HTC …

「HTC One M8」レビュー--エレガントかつ超高性能な最新主力スマートフォン - (page 2) - CNET Japan

ただし、HTC One M8には他に2つのカラーオプションがあり(シルバーとゴールド)、これらはヘアライン加工にはなっていない。そのため、シルバーとゴールドのM8には、グレーモデルのような滑りやすい感触はない。また、ほかの面でも、M8は先代と同じくらい美しい。この新型では初代HTC Oneに似たカーブの背面を持つ、豪華なアルミニウムボディを使っている。またM8は、素晴らしく強度の高い、しっかりした作りになっている。<p>M8では、HTC …

スマホ/タブレットにも64ビットの波、IntelがMerrifield&Moorefield発表——下り300MbpsのLTE Advancedチップも

Xperiaインタビュー:Z1はできの良い兄、難産の末生まれたZ2。VAIOを失った影響、Windows Phoneについて

続きを読む<p>連載<p>週刊モバイル通信石野純也<p>海外スマホよもやま話山根康宏<p>週刊VR情報局ジャイアン鈴木<p>電網マイノリティ世永玲生<p>電脳オルタナティヴナックル末吉<p>熟女のガジェットライフすずまり<p>情熱のミーム清水亮<p>お役立ちiPhone Tips<p>連載をすべて見る<p>注目記事<p>mobile<p>GBoardに自撮り写真からステッカーを作成する機能「Minis」追加<p>山本竜也(Tatsuya Yamamoto), 8月29日<p>View<p>gaming<p>銃乱射事件発生のeSports大会、EAが残る予選会の開催中止を発表。安全対策強化へ<p>Munenori Taniguchi, 8月28日<p>View<p>google<p>Pixel 3/3 …

スペックで比較——「Xperia Z2」と「Xperia Z2 Tablet」はココが進化した

Xperia Z1発表から5カ月で披露された「Xperia Z2」、そしてタブレットとしては約1年ぶりの登場となる「Xperia Z2 Tablet」。これら2モデルはどこが変わったのか。スペックを見比べながら確認したい。<p>Mobile World Congress 2014で、ソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン「Xperia Z2」とタブレット「Xperia Z2 Tablet」が発表された。Xperia Z2は、2013年9月の「IFA」で前モデル「Xperia Z1」が発表されてからわずか5カ月後の発表となった。タブレットについては、前モデル「Xperia Tablet …

ソニーモバイル、5.2インチディスプレイ搭載スマホ「Xperia Z2」を発表

facebook

machi-ya

auファブレット3機種レビュー(第1回)——基本スペックや持ちやすさを比較する (1/2)

auの2014年春モデルの中で、ひときわ目を引くのが、6インチ以上のディスプレイを搭載した“ファブレット”の「G Flex LGL23」と「Xperia Z Ultra」だ。実際の使い勝手や性能はどれほどか。5.7インチの「GALAXY Note 3」も交えて比較していく。<p>3キャリアの中で、唯一個別に「2014年春モデル」を発表したKDDI。中でも目を引くのが、6インチ+曲線ボディの「G Flex LGL23」(LGエレクトロニクス製)と6.4インチ+薄型ボディの「Xperia Z Ultra …

facebook

持ちやすさはどう? ポケットには入る?——「Xperia Z Ultra SOL24」

徹底入門:ノートPC選びに失敗しないための6つの基本スペック

テレビ事業の分社化とPC事業の売却--ソニーの決断を読む - CNET Japan

ソニーが発表したテレビ事業の分社化とPC事業の売却は、同社の構造改革が最後の砦にまで及んだことを意味する。<p>今のソニーにとっては、長年にわたり根幹をなしてきたエレクトロニクス事業の“顔”となる領域にも分社化、売却という最終手段とも言える方法で大鉈(おおなた)を振るわざるを得ない状況となっているのだ。<p>ある関係者は「かつてのソニーであれば、テレビ事業の分社化なんてことは絶対に考えられないことだった。PC事業の売却だって同様だ」と語る。それだけソニーにおけるテレビやPCの位置付けが変わり、それほどソニーの経営状態が疲弊していることの証しなのだろう。<p>「あと1年待てば、ここまでやる必要はなかったのではない …

ソニーから分離で「VAIO」の魂は失われてしまうのか (1/3)

サトヤ・ナデラ執行副社長がMicrosoftの新CEOに就任―ビル・ゲイツはテクノロジー・アドバイザーに

Microsoftは大方の予想どおり、スティーブ・バルマーの後任の新CEOにサトヤ・ナデラ(Satya Nadella)を任命したと公式に発表した。 NadellaはMicrosoftに過去22年間在籍し、これまでクラウドとエンタープライズ担当執行副社長を務めていた。ナデラは同時にMicrosoftの取締役会にも参加する。ファウンダーのビル・ゲイツはこれまでよりMicrosoftへの関与を強める。<p>ナデラはMicrosoftのクラウドサービス事業の推進のカギを握る人物と認められてきた。ナデラはまたBing、Xbox 、Microsoft …

ビル・ゲイツ会長の引き際

ソニー「ウォークマン」--写真で見る歴史的な初期モデル - CNET Japan

写真で解説する「Xperia Z Ultra SOL24」(ソフトウェア編)

「Windows 9」に期待する5つの機能 - CNET Japan

「Windows 8」と差別化するため、Microsoftの次のアップデート(コードネームは「Threshold」)は「Windows 8.2」ではなく、「Windows 9」になる見込みだ。この新バージョンのWindowsは2015年4月にリリースされると予想されていることから、そろそろMicrosoftに追加してほしい機能を伝えておくべきだろう。<p>この記事では、筆者に意見を求められることがあれば、Windows 9に追加してほしい5つの機能を紹介する。<p>Microsoftは、Windows …

徹底レビュー:ファブレットの代表選手「GALAXY Note3」のパワフルさはどれほどか

iOS、Android、Windows──それぞれのタブレットを知って正しく選ぶ (1/3)

facebook

バッテリーはどれだけ持つ?——Xperia Z1 fとXperia Z1を比較