masakobucha

174 Flips | 2 Magazines | 2 Following | 1 Follower | @masakobucha | Keep up with masakobucha on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “masakobucha”

2016年版手帳が勢ぞろい (2)―工夫満載のウィークリー型、型破りなアイデア手帳も登場!

Chromeで使っていないタブを休止させてメモリ消費量を抑える公式機能「Tab Discarding」テスト開始へ

Chromeは開いているタブを全て100%の状態で実行するため、タブを使っている・いないにかかわらずメモリを消費してしまいます。そのため大量にタブを開くユーザーはムダに大量のメモリを使用してしまうほか、電源消費量も増加するため、ノートPCであればバッテリー駆動時間にも影響を及ぼしていました。この問題 …

アニメ背景の実力者が集まる専門スタジオ、ドワンゴ・カラー・ポノックが設立

ただの意識高い系と思われる男性の特徴|@DIME アットダイム

マレーシアのグーグルサイト、ハッカー攻撃で接続不能に

わずか45グラム・超小型ウェアラブルカメラ パナソニック初の一体型

ゼンリン、ゲーム開発用3D都市モデルデータで、大阪、福岡、札幌をニューリリース

アップル「WWDC 2015」、自撮り棒の使用は禁止 - CNET Japan

Appleが米国時間6月8日の開幕を発表した年次技術者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で自分のイメージを保ちたいなら、持っているガジェットのすべてを見せびらかすに限る。<p>今年の必需品は、間違いなく「Apple Watch」になるだろう。しかし、一般に人気があっても同会議では歓迎されないガジェットが1つある。それは、自撮り棒だ。<p>AppleのWWDCに関する規則には次のように明確に記載されている。「自分撮りスティックや同様の一脚をモスコーンウェストもしくはイェルバブエナガーデンズで使用してはならない」。これは、同規則の「No Photography, …

FacebookのザッカーバーグCEO、北京のインタビューで中国語を披露

マーク・ザッカーバーグ、北京の清華大学で中国語を披露して大反響

マーク・ザッカーバーグはフード付パーカは1着しか持っていないように見えるが、複数の言語が話せることがわかった。今日(米国時間10/23)、Facebookのファウンダーは北京の清華大学でインタビューされたとき、すべて中国語で会話した。聴衆は大喜びだった。もしかすると〔見た目が変わり過ぎたと炎上している〕レネー・ゼルウィガーも自分から注目がそらされる話題ができて喜んだかもしれない。<p>清華大学経済学・マネジメント大学院(SEM)では最近ザッカーバーグを顧問委員会のメンバーに迎えた(テクノロジー界からはAppleのCEO、ティム・クックとFoxconのファウンダー、CEOのテリー・ゴウも加わっている) …

海外の友達に教えたい「日本文化を発信する英語メディア」5選

Android版「Google 日本語入力」がアップデート——マテリアルデザイン対応ほか

ぐるなび、英語で飲食店ネット予約 20年度までに5万店

ドコモ、スマホで外国人客の接客支援 京都で実証試験

全国24万スポットで使える訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」 観光サポートやクーポンも

朴氏元側近に国政介入疑惑 揺れる韓国大統領(写真=聯合共同)

facebook

マクドナルドの実物とかけ離れた商品写真の撮影手順を詳細にレポートしたムービー

―日中百年の群像―革命いまだ成らず(下)

• <b>著者:</b> タン・ロミ<p>辛亥革命を成功に導いた者は孫文一人だけではない。中国近代史の中でもひときわ輝く創造の一時代を守り立てた有名、無名の人々は、いったいなにに心を揺さぶられ、なにに悩み、どう生きたのか。感動の人物エピソードが明かす二十世紀の意外な真実。

ディズニーがドローンを使って操り人形を動かす特許を申請

書いたものがそのまますぐにiPadに転送されるモレスキン|WIRED.jp

サムスン、ネックレスになるBluetooth ヘッドセット Gear Circle 発表。着信を振動で通知

(3ページ目)発見!デジタル一眼レフとスマホホルダーの意外な相性|@DIME アットダイム

積み木のようなブロック(キューブ)を並べて中国語を覚えるChineseCubes

外国語を勉強するためのアプリやサービスはたくさんある。でも拡張現実(augmented reality, AR)と、サイコロのような小さなブロックと、Webカメラを使って中国語を教えてくれる学習セットは、とても珍しい。それが、これからご紹介するChineseCubesだ。<p>ChineseCubesは、台湾の大手出版社Locus PublishingのCEO Rex …

愛と暴力の戦後とその後

• <b>著者:</b> 赤坂真理<p>なぜ、私たちはこんなに歴史と切れているのか? あの敗戦、新憲法、安保闘争、バブル、オウム事件、そして3・11……。〈知っているつもり〉をやめて、虚心に問うてみたら、次から次へと驚きの発見が噴出! 『東京プリズン』の作家が、自らの実体験と戦後日本史を接続させて、この国の〈語りえないもの〉を語る。(講談社現代新書)

朝日新聞、ユーザーから取材依頼受けるニュースサイト「withnews」本格スタート

中国・上海の食肉工場、マクドナルドやKFCに期限切れ肉納入か

日本人は凄いという内容の本やテレビ番組をみて喜んでいるとアホになる

物語 イスラエルの歴史 アブラハムから中東戦争まで

• <b>著者:</b> 高橋正男<p>イスラエルという民族名は、紀元前十三世紀のエジプトの碑文にはじめて登場する。文明が交錯する東地中海沿岸部では、さまざまな民族が興亡してきた。そのなかで、イスラエル(ユダヤ)民族はバビロニア捕囚やローマ帝国による迫害など、民族流亡の危機を乗り越え、第二次世界大戦後に再び自らの国を持つに至った。本書は、民族の祖とされるアブラハムから中東戦争後の現在まで、コンパクトに語る通史である。