kuroshibakuma

23 Flips | 5 Magazines | @kuroshibakuma | Keep up with kuroshibakuma on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “kuroshibakuma”

【恋するドライブ・埼玉編】- 奥武蔵グリーンライン  埼玉県入間郡毛呂山町から秩父郡横瀬町を走る林道の愛称、奥武蔵グリーンライン。林道の脇には小川が流れ、いくつもの小さな生活用の橋が並んでいます。秩父の清水とともに息づく、人の暮らしを感じられる優しい林道です。

「恋の矢文」がめでたく彼女のハートを射抜いたら、こんどはほのぼのデート。先ほどの「恋の矢文」にも、茄子が描かれていたのにお気づきですか? 「茄子を取る男女」も本館10室浮世絵・春信特集にて展示中。ここにくれば、恋の願いが叶うかも…。

本館10室浮世絵は春信特集(~9月16日)。那須与一「扇の的」に見立てた「恋の矢文」。ラブレターを結んだ矢を持つ男の視線の先には、船上で扇をかざす娘がいるのです。対となるその図は、ボストン美術館の所蔵。恋の矢はボストンまで届くのか?!

富士山 5号目なう #コロンビアなう http://t.co/vUo1vGoo8J

マイナスイオンたっぷり♪休み楽しんでますね。 RT @hirakdate: お盆休みラストは百尋の滝で涼んで、川乗山~鳩ノ巣へ下ります。水着持参で泳ぎたい気分(^.^) #コロンビアなう http://t.co/szuZf1Jci1

【江戸の美男子・後期見どころ】歌川豊国「月」。のちの名優、三代目尾上菊五郎の若い頃の姿です。菊五郎は美形で知られ、鏡を見ながら「自分はなんて良い男なのだろう」と呟いたという逸話で知られます。すごい自信ですが、この絵を見ると納得? http://t.co/PhmMEh1Dob

【江戸の美男子・後期みどころ】月岡芳年「勇の寿 三代目沢村田之助」。町火消に扮した役者を描くシリーズ。彫物の精緻な描写や纏の大胆なデザインが秀逸です。三代目沢村田之助は幕末から明治に大人気だった女形。脱疽で手足をなくし、夭逝しました。 http://t.co/lO7xoDD7bo

2ヶ月にわたり開催してきました「江戸の美男子―若衆・二枚目・伊達男」展も残り3日、最後の週末となりました。どうぞお見逃しなく! http://t.co/sBwl5kygWQ

【江戸の美男子・あと2日】歌川豊広「観桜酒宴図」。吉原での酒宴。吉原へ通う男性はファッションにも大変気をつかいました。男性は縞の地味な着物ですが、上質な生地と思われます。地味ながら良いものを着る「粋」。そんな美意識が感じられます。 http://t.co/Zq3YBErJ0Y

三島駅から #コロンビアなう http://t.co/xlYQBD2dr8

【恋するドライブ・北海道編】- 城岱スカイライン  函館市街から、城岱牧場へつながる城岱スカイライン。頂上付近に展望台があり大野平野が一望できます。頂上付近には町営の城岱牧場があり、放牧された牛たちがのんびり草を食む様子を見ることができます。

The colors of Kyoto

【恋するドライブ・埼玉編】- 時の鐘と人力車  埼玉県川越市の中心部、幸町北部の蔵造りの街並みに建てられている時計台、時の鐘。3層構造で、高さ約16メートル。創建された江戸時代の初期から、 暮らしに欠かせない「時」を告げてきた川越のシンボルとなっています。

遅ればせながら、16日、中京区の某所に五山の送り火を見に行ってきました!大文字山より少し南なので、「大」が「K」に見えますね…。 まだまだ暑い日が続くのですが、お盆にお迎えしたお精霊(しょらい)さんをお送りすると、京都の夏も終わりが近づいてきたなと感じます。

雨の夜でした。 濡れた石畳の向こうに、朱の社殿が光っていました。 八幡さんを、独り占め。 現在、岩清水八幡宮のライトアップが行われています。 今年からはじまった催しです。 (正確には、灯燎華という別の催しもありますが、 あちらは蝋燭の灯りが中心です) (Iwashimizu-hachimangu shrine,Yawata city,Kyoto pref.)

東司。東福寺にある日本最古最大の…、トイレです!

【今奈良.jp|豆知識】「春日野園地 鹿の楽園」  観光客でごったがえす東大寺南大門の東、春日野園地は驚くほど静かで、夏毛の美しい鹿たちが一心に草を食む姿が見られます。  聞こえてくるのは鹿たちが草をちぎる『パチン パチン』という音だけ。  今では鹿の楽園のようなこの場所、昭和のころには野球場やプールのあるこどもたちの楽園でした。 <辰馬真知子(NPO法人 奈良まほろばソムリエの会)> ▼奈良県観光情報 大和路アーカイブ|奈良公園|http://goo.gl/OK1NrU ▼奈良旅のお供に「今奈良.jp」|豆知識バックナンバー|http://www.ima-nara.jp/tips?area=nara-pref

The colors of Kyoto

東福寺の通天橋。紅葉がとても綺麗で有名ですね!吹き抜ける風が心地よかったです♪