自然と宇宙

By clois | clois created a magazine on Flipboard. “自然と宇宙 on Flipboard” is available with thousands of other magazines and all the news you care about. Download Flipboard for free and search for “clois”.

一部の視覚障害者は、自ら発した「音の反射」から景色を“見る”ことができる──そのメカニズムが明らかに|WIRED.jp

ダニエル・キッシュが見る世界は、あなたの想像を超えている。盲目の彼は視力を失った大勢の人々と同じように、視覚以外の感覚を頼りに周囲の世界を知覚し、それを内的に地図化した世界のなかを自在に動きまわる。<p>たいていの人は、キッシュの能力に目を見張る。なぜなら彼は、エコーロケーション(反響定位)ができるのだ。 …

「TORAYA CAFE・AN STAND」のあんトーストが美味しすぎる

ja_JP<p>article<p>TABIZINE~人生に旅心を~<p>http://tabizine.jp/2017/06/14/140425/<p>昨年3月にオープンした、新宿の新名所「新宿NEWoMan(ニュウマン)」。巨大なバスターミナル「バスタ新宿」があることで有名ですが、このニュウマンの中に、老舗和菓子店「と …

ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

<b><オーストラリアに生息するウォンバットが四角いうんちをするのには、賢い理由があった></b><p>動物のうんちの大きさは多種多様だ。小さな無脊椎動物のうんちは顕微鏡を使わないと見えないほど小さいし、逆に最大級のアフリカ象では1日当たり50キロを超える。形も様々で、犬は細長い筒型、うさぎは丸薬のようなペレット型、牛 …

マンボウの新種発見、125年ぶり、カクレマンボウ

大がかりな探索の末、巨大なマンボウの新種「カクレマンボウ」が見つかった。マンボウ属に新種が加わるのは125年ぶり。研究チームがまとめた論文は、7月19日付けの学術誌「Zoological Journal of the Linnean Society」に掲載された。(参考記事:「動物大図鑑 …

「視覚的」かつ「数学的」:流体力学の世界に迷い込むGIF動画|WIRED.jp

「殺人ダコ」と恐れられるヒョウモンダコが北上中。温暖化の影響か

「殺人ダコ」の異名を持つ猛毒のヒョウモンダコ(写真)が、日本海を北上中だ。日本海の若狭湾沿岸で2015年秋から相次いで捕獲されていると、毎日新聞が報じた。<p>ヒョウモンダコは体長12cmほどの小型のタコ。唾液にフグと同じテトロドトキシンという猛毒を持っている。テトロドトキシンは同量の青酸カリの500倍から1000倍の毒性を持っており、わずか2〜3ミリグラムの摂取で死に至る。<p>青い輪のような模様が全身を覆っていることから「豹紋蛸」の和名がついた。日本大百科全書によると、かまれると嘔吐、けいれんをおこし、まれに死ぬことがあるという。太平洋やインド洋の温かい海に広く分布し、日本では相模湾、八丈島以南に生息 …

「おやすみ、フィラエ」――欧州の彗星探査機、復旧を断念

ドイツ航空宇宙センターは、2014年11月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(すいせい・67P)に着陸させた着陸機「フィラエ」との通信再開を断念したと発表した。<p>フィラエのプロジェクト責任者シュテファン・ウラメク氏は「残念ながら、フィラエが管制センターとの通信を再開できる可能性はほぼゼロになった。もう信 …

NASA、火星表面の360度ビデオを公開

Xeriscaping Plus: Drought-Proof Gardening Resources

Anyone who lives in Southern California (or anywhere near a desert, for that matter) knows the familiar struggle of trying to keep verdant, usually …

Landscaping

「人工流れ星、東京オリンピックの空に」岡島礼奈さんが宇宙に見つけた、起業家という道

JAXAが一般公募「閉鎖環境に2週間」 報酬は38万円

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、ISS を模した訓練設備での有人閉鎖環境滞在試験を行います。実施期間は2週間。一般男性の参加を公募しており、参加者には総額38万円の協力費が支給されます。<p>試験の目的は外部から隔絶された閉鎖環境、つまり宇宙空間での長期滞在が飛行士に与えるストレスを客観的な指標(ストレスマーカー)で評価できるようにすること。滞在試験では、被験者の表情や発声、反応速度、血液・尿検査などを確認し、数々のあるストレスマーカーの中から、被験者のストレスをよく反映するものを絞り込みます。<p>参加者は JAXA …

facebook

なぜこうなった…。<p>水金地火木土天海冥の火こと、<b>火星</b>。この太陽から地球より1つ遠い第四惑星は、僅かな水分は観測されているものの、基本的には<b>生命体の確認されていない星</b>です。夜は極寒だし大気は激薄で二酸化炭素ばかり。どうしてこんな星になってしまったのか…。その答えを<b>NASA</b>が最新の研究結果により教えてくれました。<p>いきなり答えを言うと、「<b>太陽風</b>」が原因です。太陽風を構成する<b>プロトン(陽子)や電子の嵐</b>が、太陽から<b>100万マイル/h(時速約160万km)</b>で数十億年間も火星に吹き付けつづけました。それにより、<b>火星の大気は段々と削られていった</b>のです。<p>この大気の減少が、<b>元は暖かくてより湿っていた火星</b>を現在の冷た …

宇宙飛行士のためのエスプレッソカップ

宇宙ステーションでエスプレッソを優雅に楽しむためのカップが開発されている。2008年に考案されたアイデアが、3Dプリンターの普及にともなって新たなデザインを得た。

10年前の土星衛星タイタン着陸を、2分で振り返る動画|WIRED.jp

米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)は2005年1月、土星の衛星タイタンに着陸機「ホイヘンス」を投下した。<p>ホイヘンスは、タイタンの濃密な大気を通過して着陸に成功しただけでなく、タイタン表面で1時間以上もバッテリーをもたせ、データを地上に送信した。またその間、ホイヘンスは太陽系外縁部に位置 …

太陽系外縁には「地球サイズの惑星」が2つ以上ある:天文学者の主張|WIRED.jp

太陽系外縁の凍りついた世界には、まだ発見されていない、地球と同じくらいの大きさの惑星が、少なくとも2個潜んでいる可能性がある。<p>この主張の根拠となったのは、「太陽系外縁天体」(trans-Neptunian …

facebook

火星にはかつて巨大湖があった:NASAが発表|WIRED.jp

もし火星探査機ローヴァー「キュリオシティ」が、火星の過去のある時点でゲール・クレーターに着陸していたら、それは「着陸」ではなく「着水」になっていたかもしれない。2014年12月9日(米国時間)に行われた記者会見で、キュリオシティの科学者チームが述べた結論だ。<p>この主張の手がかりとなったのは、2012年 …

facebook

日本の小惑星探査機第2弾「Hayabusa 2」が予定通り04:22 UTCに打ち上げられた。場所はJAXA種子島宇宙センター吉信第1射点。JAXA H-IIAロケットの第1段主エンジンは6分半燃焼し、打ち上げから60秒後には既にマッハ1に達した。約7分後には秒速5,200m、高度211kmに到達し、第2段エンジンの燃焼が開始、打上げ後11分半でいったん燃焼を止め、26分後、はやぶさは仮軌道に突入した。その後は4分間の点火が06:01 UTCに予定されており、それではやぶさ2は地球引力から切り離される。最終的な分離は06:09 UTCの予定で(訳注: …

facebook

彗星は灰色ではなかった:探査機ロゼッタ、カラー画像を初撮影|WIRED.jp

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)のカラー画像第1弾が公開された。<p>合成画像には、火星表面にあるような石と色がよく似た濃い赤茶色の天体が写っている。<p>遠く離れた極寒の世界を捉えたこの合成画像は、高解像度スナップ写真とともに、彗星探査機「ロゼッタ」に搭載さ …

「彗星の大気」から有機分子を発見:探査機「フィラエ」|WIRED.jp

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P/Churyumov-Gerasimenko)に有機分子の存在が確認された。これは、地球上の生命体が、遠く離れた極寒の世界からやって来た可能性を示すものだ。<p>このデータを収集したのは、欧州宇宙機関(ESA)による彗星探査機「ロゼッタ」の着陸船「フィラエ」(日本語版 …

facebook

探査機ロゼッタが届けてくれた「彗星の歌声」|WIRED.jp

人類史上初めて彗星に「フィラエ」を着陸させた欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロゼッタ」が、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に接近した際に、初めてわかったことがある。この彗星が、実は特有の「歌」を宇宙空間に送出しているということだ。<p>調査チームは、「彗星環境の電磁場の振動」というかたちで、彗星が歌っている …

台風19号:「今年最強の台風」を国際宇宙ステーションから撮影|WIRED.jp

冒頭の画像は、国際宇宙ステーションに滞在中のレイド・ワイズマン宇宙飛行士が、10月9日付けでTwitterに投稿したものだ。<p>台風「ヴォンフォン」(Vongfong、台風19号)は、「今年最強」の台風とされている。ワイズマン宇宙飛行士も、「ここからいくつも台風を見てきたが、これほどのものはなかった」と …

宇宙から見た「御嶽山の噴火」|WIRED.jp

冒頭の画像は、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「Aqua(アクア)」が9月27日、噴火した御嶽山を撮影したものだ。<p>噴火による死者は10月7日現在で54人となり、日本での噴火による死者数では戦後最悪となった(気象庁の火山被害一覧によると、1926年の十勝岳噴火の際に、融雪型火山泥流によって死亡者 …

Alina

アポロ11号の「月面着陸は事実」:NVIDIA社が最新GPU技術で証明|WIRED.jp

「アポロ11号による月面着陸は捏造だ」と信じる人に、残念なお知らせだ。ニール・アームストロング船長が、月着陸船から降りるバズ・オルドリンを撮影した有名な写真。この写真をチップメーカーのNVIDIA社が、最新のコンピューターグラフィックス技術を使って再現したところ、彼らが実際に月面に立っていたことを強 …