三浦 健太

9 Added | 1 Magazine | 2 Following | @kentamiura5494 | Keep up with 三浦 健太 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “三浦 健太”

あらゆる液体をはじく、画期的な「滑る」コーティング技術を発明:ハーヴァード大|WIRED.jp

小記事:パーキンソン病に効く薬の発見:科学ニュースの森

パーキンソン病は神経変性疾患の1つとして知られ、運動症状や自律神経症状などがともなう。パーキンソン病の主な原因の1つとしてミトコンドリアの機能不全がある。ミトコンドリアは細胞内でエネルギーを生成する器官として働くため、その異常は脳細胞の死へも繋がってしまう。<p>そこでシェフィールド先端神経科学研究所(S …

小記事:利き手に関わる遺伝子の発見:科学ニュースの森

月の周期が睡眠に影響を与えることが判明:科学ニュースの森

背景:<br>月は様々な物語で、ヒトや動物に影響を与えるものとして描かれる。実際に動物では、月の周期に合わせて繁殖行動を行うものなどが存在するが、ヒトへの影響はあるのだろうか。<p>要約:<br>多くの人々が満月の夜には眠れなくなることを訴えている。この度、スイスはバーゼル大学のChristian …

小記事:地球にはいつまで生息可能なのか:科学ニュースの森

宇宙には数え切れないほどの惑星が存在するが、それらの多くは生物の生存に適していないと考えられている。生物の生存には液体の水が不可欠であるという考えから、水が液体として存在しうる範囲をハビタブルゾーン(生命居住可能領域)と呼ぶ。太陽系では、地球の他に火星がその範囲に入っている。<p>この度、イギリスはイース …

SF小説がリアルになる 量子の新時代

• <b>著者:</b> 佐藤文隆 その他<p>量子暗号、量子コンピューター、量子テレポーテーション、多世界……。SF小説が現実になり、私たちの生活を一変させる可能性を秘めた「量子」。物理の深遠と最先端を、文学や映画のイメージを借りて軽やかに解説。

こんなトンデモ生物が実在する たとえば手のひらに乗る超ミニ鹿は確かにいる!

• <b>著者:</b> びっくりデータ情報部<p>馬の顔をしたコウモリ、オスが出産する魚、100メートルも空を飛ぶサル…人間の想像を超えた、驚愕の生物のおかしな姿や行動をご覧あれ!

日本人と宇宙

• <b>著者:</b> 二間瀬敏史<p>三日月・十六夜・立待月・寝待月…満ち欠けする月の形に、これほど呼び名を付けた民族は他に例をみない。近年では小惑星探査機「はやぶさ」の成功も記憶に新しい。そんな日本人と宇宙の関係、そして現代の天文学者たちが切り拓く、新しい宇宙像を楽しく紹介する一冊。往古の日本人の宇宙観と先端研究者たちの最新実績、文化と科学の両面から語ることで日本の天文学の未来が見えてくる!