渡部 憲吾

29 Flips | 6 Magazines | 2 Likes | 1 Follower | @kengowatanabe94 | Keep up with 渡部 憲吾 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “渡部 憲吾”

勉強する気が起きない...なら、潰すべき原因はこの5つかも

Gmailやマップだけじゃない! あまり知られていないGoogleの便利サービス5選

里山の病理的な現実とその再生のための総論

• <b>著者:</b> 荒尾稔<p>千葉の里山の現状を知っていただきたい<p>現状の田んぼの乾田化とは,想像を絶した現実を引き起こしています.田んぼの畠化でもあり,印旛沼周辺の水田は,結果として見事な砂漠化を引き起こしています.<br>1年間のうちで,その実に8ヶ月間は,ゴビ砂漠,ナビブ砂漠と同様,それ以上に極端な乾燥化により,過酷な無生物の世界になって,場所によっては実質,無菌状態で,細菌も生きられないといわれます.生態系では微生物を含めてゼロとなりかねません.

植物のあっぱれな生き方 生を全うする驚異のしくみ

• <b>著者:</b> 田中修<p>十分に成長できる環境が整わない限りは、うかつに芽を出さない。暑さ寒さをタネの姿で何百年も耐える。いざ芽生えたら、全体に光が当たるように、群落の端は背が低く、真ん中は背が高くなる。よりよい花粉を運んでもらえるように、色や香りの魅力を磨いて熱心な婚活を展開。同じ株の花粉では受粉しない。子孫を残したら、自ら潔く散る――どんな逆境でも与えられた命を生ききるための、驚くべきメカニズム。植物たちのあっぱれな一生を楽しく解説。

すごい畑のすごい土 無農薬・無肥料・自然栽培の生態学

• <b>著者:</b> 杉山修一<p>農薬使用を前提に品種改良された日本のリンゴを、農薬も肥料も使わずにつくる方法を見つけた農家・木村秋則。彼の畑には、通常の1.5倍から2倍の微生物が生息するため土は肥え、伸び放題の草にすみ着く多種多様な昆虫類が害虫の大量発生を抑えている。また、リンゴ自体の免疫機能が高く、病気に対する耐性も強い。木村の畑を研究する学者が、「奇跡のリンゴ」を生み出した「自然栽培」の驚異のメカニズムを分かりやすく解説。

ペンギンはなぜ燕尾服を着ているのか

• <b>著者:</b> 今泉忠明<p>ペンギンの“燕尾服”のように見える白と黒のツートンカラーには、意外な秘密があった?本書は、哺乳類から水棲獣、爬虫類まで知ってるようで知らない身近な動物たちの“素朴な疑問”をズバリ解説。「パンダは主食の竹だけで満足している?」「スカンクの“毒ガス”の威力はどれくらい?」など、驚きのエピソードが満載です。今日からあなたも“動物雑学王”になれる一冊!。

「植物」という不思議な生き方

• <b>著者:</b> 蓮実香佑<p>日頃なにげなく見ていたり接したりしている植物たちの驚くべき生態と戦略。ぞくぞくわくわくするおもしろいサイエンス読み物。

ねぎを首に巻くと風邪が治るか? 知らないと損をする最新医学常識

• <b>著者:</b> 森田豊<p>プールで泳いだ後は水で目をよく洗い、すり傷をしたら消毒して薬を塗る。いつもしていることが本当は間違った処置法だったら…。94のあやふやな医学常識を挙げて、その可否を詳しく説明する。さまざまな思い込み医学常識 食べもの・飲みものに関する思い込み医学常識 妊婦・子供に関する思い込み医学常識 薬に関する思い込み医学常識 風邪やインフルエンザに関する思い込み医学常識 脳に関する思い込み医学常識

花と植物 おもしろ雑学王200連発! たとえば、春の花に黄色が多いのはなぜ?

• <b>著者:</b> 博学こだわり倶楽部<p>なぜ、タンポポから白い汁が出る?そもそも植物が“緑色”なわけは?…など、草花、果物、野菜まで、身近な植物への疑問から、その驚くべき命のいとなみまでを一挙公開。思わず人に話したくなる大人の博学本。

たとえば銀河がどら焼きだったら 比較でわかるオモシロ宇宙科学

• <b>著者:</b> 布施哲治<p>銀河系が直径10センチのどら焼きなら、アンドロメダは2メートル離れた同じ大きさのどら焼き――。銀河や、惑星、ブラックホールなどの宇宙の不思議を身近なものにたとえて分かりやすく解説する科学エッセイ。

へんな古代生物 special edition

• <b>著者:</b> 北園大園<p>地球の歴史を紐解けば、出るわ出るわの珍妙動物群。<br>古生代の奇天烈動物から、名だたる恐竜たち、近代の絶滅動物、さらには生きた化石まで、全64種を爆笑解説とリアルなイラストで大公開!デカい!キモい!意味不明!!奇妙で楽しい古代生物大集合。

脳疲労に克つ ストレスを感じない脳が健康をつくる

• <b>著者:</b> 横倉恒雄<p>健康診断や人間ドックで「正常値」と診断されたからといって、健康といえるだろうか? 40~74歳までの男性の半数がメタボリックシンドローム予備軍だと言われる現代は、誰もが生活習慣病や更年期障害、うつ病などの不安を抱いている。日本ではじめて健康外来を始めた横倉医師は、ストレスの多い生活で、脳のプログラムが正常に機能していないことが、病気を引き起こすと考え、治療している。97%の成功率で脳疲労が克服され、心も体もスッキリさせられる快食療法を軸に現代人がサビつかせてしまった五感の鍛え方を伝授し、脳疲労解消への道を開く!

5分でわかるNISAでトクする仕組み:NISA集中講座(2)

サービス終了のお知らせ

サービス終了のお知らせ

サービス終了のお知らせ

サービス終了のお知らせ