keiji yoshihiro

20 Added | 2 Magazines | @keijiyoshihiro | Keep up with keiji yoshihiro on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “keiji yoshihiro”

【エピペン注射のタイミングを具体的な症状で判断】日本小児アレルギー学会がエピペン使用基準を発表

2018年<p>1月<br>• 2月<p>2017年<p>1月<br>• 2月<br>• 3月<br>• 4月<br>• 5月<br>• 6月<br>• 7月<br>• 8月<br>• 9月<br>• 10月<br>• 11月<br>• 12月<p>2016年<p>1月<br>• 2月<br>• 3月<br>• 4月<br>• 5月<br>• 6月<br>• 7月<br>• 8月<br>• 9月<br>• 10月<br>• 11月<br>• 12月<p>2015年<p>1月<br>• 2月<br>• 3月<br>• 4月<br>• 5月<br>• 6月<br>• 7月<br>• 8月<br>• 9月<br>• 10月<br>• 11月<br>• 12月<p>2014年<p>1月<br>• 2月<br>• 3月<br>• 4月<br>• 5月<br>• 6月<br>• 7月<br>• 8月<br>• 9月<br>• 10月<br>• 11月<br>• 12月<p>2013年<p>1月<br>• 2月<br>• 3月<br>• 4月 …

給食アレルギー防げ 除去食調理場や共有サイト

東京都調布市の小学校でアレルギーのある女児が給食後に死亡した事故を受け、安全対策が広がっている。子供のアレルギー情報を電子化して管理したり、原因食材を使わない「除去食」専用の調理場を設けたり。「安心して口にできる給食を」。保護者の思いは切実だが、取り組みには地域差があるのが実情だ。<p>7月中旬、調布市立 …

アレルギー生徒にエビ入り給食 東京・新宿、当日回復

東京都新宿区教育委員会は25日、同区立中学校の23日の給食で、エビとアサリにアレルギーのある1年生の女子生徒に誤ってエビ入りのかき揚げうどんを給食で配膳したと発表した。生徒は食後にかゆみや呼吸がしにくくなるなどの症状を訴えて病院に搬送されたが、当日中に回復して帰宅した。<p>区教委によると、給食は委託業者 …

アレルギー生徒にエビ 新宿の区立中、給食を誤配膳

東京都新宿区教育委員会は26日までに、同区立中学校の24日の給食で、エビとアサリにアレルギーのある1年生の女子生徒に誤ってエビ入りのかき揚げうどんを給食で配膳したと発表した。生徒は食後にかゆみや呼吸がしにくくなるなどの症状を訴えて病院に搬送されたが、当日中に回復して帰宅した。<p>区教委によると、給食は委 …

アレルギーの火付け役を火消し役に変換することで炎症を抑制 - TMDUなど

東京医科歯科大学(TMDU)と科学技術振興機構(JST)は2月22日、金沢大学の協力を得て、皮膚アレルギーにおいてアレルギーの「火付け役」を「火消し役」に変身させることで炎症を抑制して、アレルギーを終焉に向かわせる新たな仕組みを発見したと共同で発表した。<p>成果は、TMDU大学院 医歯学総合研究科 …

大人の食物アレルギー増加 突然発症、治療手探り|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

特定の食べ物が原因で皮膚や呼吸器などにアレルギー反応が出る「食物アレルギー」を成人になってから発症する人が増えている。原因となる食品の傾向は乳幼児と異なり、野菜や果物が多い。発症の詳しいメカニズムは解明されておらず、治療法は確立していないが、患者の体質に応じて症状を改善する動きが大規模病院を中心に始 …

アピタル(医療・健康・介護):朝日新聞デジタル

「茶のしずく」アレルギー、発症者2779人 1月末時点

せっけん製造販売会社の悠香(福岡県)が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品で小麦アレルギーの発症が相次いだ問題で、同社が厚生労働省に報告した発症者は1月末時点で2779人に上ることが22日、分かった。このうち救急搬送や入院が必要な重症者は278人。<p>厚労省が同日、医薬品等安全対策部会で説明し …

給食アレルギー対策にまで教師は手が回るのか? 〈週刊朝日〉

朝日新聞デジタル:

【柏原愛】アレルギー疾患のある子どもの母親たちが、アレルギー対応のキッズクッキングや食育フェスティバルなどの活動を展開している。アレルギーへの理解を広めるのが狙いで、「食べることは生きることにつながる」と食べる喜びを伝えている。<p>活動しているのは「母親クラブ エンジェル スマイル」(鹿児島市)。200 …

アピタル(医療・健康・介護):朝日新聞デジタル

アピタル(医療・健康・介護):朝日新聞デジタル

facebook

facebook

facebook

facebook