畦崎 一彦

23 Flips | 2 Magazines | 2 Likes | 1 Following | 3 Followers | @kazuhikoazezaki | Keep up with 畦崎 一彦 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “畦崎 一彦”

うまくいく人とうまくいかない人の16の違い : カラパイア

カラパイアの助っ人たちR, konohazuku, hiroching,<br>riki7119, melondeau, mallika, <br>クマ姉さん, USAGI,<br>いぶりがっこ, どくきのこ,<br>kokarimushi, K.Y.K.

facebook

真珠湾とヤルタ 戦争を拡大したルーズベルトの非情さ 【Voice S】

• <b>著者:</b> 杉原誠四郎<p>1941年12月8日、日本軍の真珠湾攻撃から始まった太平洋戦争。長い間、日本の「騙し討ち」とされていたが、その裏にはルーズベルト米大統領の驚くべき陰謀が潜んでいた。歴史教育の専門家が、いま日本人が知っておくべき歴史的事実を白日の下に晒す。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2014年1月号掲載記事を電子化したものです。

伊勢神宮の謎

• <b>著者:</b> 稲田智宏<p>日本最高の神域である伊勢神宮は、謎に満ちた神社だった。なぜ内宮と外宮に分かれているのか? 御神体・八咫鏡とは? 関係者が口外できない心御柱とは? 神域から出られない童女・大物忌とは?……など、伊勢神宮に関するさまざまな謎を追究する一冊!

新史論/書き替えられた古代史2 神武と応神「祟り王」の秘密(小学館新書)

• <b>著者:</b> …

歴史読本2013年04月号電子特別版「日本書紀と古代天皇」

• <b>著者:</b> 歴史読本編集部<p>いまだに成立背景の明かされていない日本書紀の基礎知識や構成、読み解き方を大特集。さらに、神武天皇をはじめとした、古代天皇をめぐる12の謎に迫る。

陰陽師(おんみょうじ) 安倍晴明と蘆屋道満

• <b>著者:</b> 繁田信一<p>古くから説話や伝説に彩られてきた陰陽師。近年では小説や映画にも登場し、呪術により凄まじい力を発揮する。世界を滅ぼしかねない超人として描かれることも少なくない。では実在の陰陽師たちはいかなる活動に従事していたのか。安倍晴明らが絶大な名声を博したのはなぜか。藤原道長ら同時代の王朝貴族が残した日記を手がかりに、知られざる実像に迫る。さらには、陰陽師を必要とした平安時代の人々の心性をも明らかにする。

オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史 01 2つの世界大戦と原爆投下

• <b>著者:</b> オリバー・ストーン …

世界の歴史〈2〉古代オリエント

• <b>著者:</b> 岸本通夫 その他<p>文明を創った人類は突如その歩みを早めた。シュメールに、エジプトに、古代国家が生まれ文化を築き、やがて大帝国の出現をみる。幾多の民族と文化がオリエントにくりひろげる砂と黄金のドラマ。<p>機能性向上のためのマイナーアップデート

20世紀の怪物 真実のアドルフ・ヒトラー

• <b>著者:</b> …

新撰組顛末記

• <b>著者:</b> 永倉新八<p>新撰組の副長助勤となり、のちに二番組長を兼任した新八は、近藤勇らとともに池田屋へ斬り込んだ。北海道に渡り小樽に住んだ新八が、大正2年(1913)3月から『小樽新聞』記者の取材に応じて語った連載をまとめたのが本書である。近藤勇や土方歳三らとの交友、池田屋の乱闘、など幕末動乱の修羅場をくぐり抜けた者のみが知る生々しい証言が満載の、新撰組を知るための第一級の史料である。

ここまでわかった! 邪馬台国

• <b>著者:</b> 歴史読本編集部<p>卑弥呼の居館発見か?2009年、奈良県桜井市の纒向遺跡における大型建物跡の出土は、新聞・テレビを騒がせる一大発見となった。一方で、吉野ヶ里遺跡を抱え、邪馬台国候補地として不動の地位を誇る九州地域についても、ますます研究は深まりをみせている。邪馬台国はどこだ? 謎を解くカギとなる『魏志』倭人伝の全文・読み下し・現代語訳・注釈・解説を収録。研究の最前線に立つ著者による、畿内説・九州説の徹底検証に加え、全国の比定地を紹介、さらには邪馬台国と卑弥呼の実像など、日本史上最大の謎に迫る決定版。 ※本作品は紙書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

日本史の謎は「地形」で解ける

• <b>著者:</b> 竹村公太郎<p>養老孟司氏、推薦! …

世界最強だった日本陸軍

• <b>著者:</b> …

『パル判決書』の真実

• <b>著者:</b> 渡部昇一<p>「東京裁判のすべての訴因について、日本は無罪である」——東京裁判に参加した“唯一の国際法律学者”であったパル判事はどのような理由によってこのような判決に至ったのか。『パル判決書』は東京裁判や大東亜戦争のみに関係するのではない。それ以前の、まさに昭和前半史ともいえる貴重文献なのである。これなくして、日本の近現代史を語ることはできない。本書は、難解な文章、膨大な量である『パル判決書』から、重要ポイントを抜き出しながら要約し、さらに解説を加え、読みやすくしたものである。『パル判決書』を何度も読み込み、東西の歴史や時代背景に精通した渡部氏によって、いま『パル判決書』がよみがえる!

新選組三番組長 斎藤一の生涯

• <b>著者:</b> 菊地明<p>新選組結成後は副長助勤、のち三番組長として乱刃の下をくぐった斎藤一。沖田・土方に並ぶ人気をもつ新撰組最強の剣客の謎めいた生涯を、緻密な考証と新史料で解き明かす。(カバーイラスト・スカイエマ)

iPadで作った音楽のクオリティーをさらに上げる方法

音楽が天井から降り注ぐ埋め込み式Bluetoothスピーカー

「せっかくの人生、悪い音を聴いている暇なんてない」

オーディオメーカーと音楽制作者が考える、本物のいい音とは

小島康×麻倉怜士:PCオーディオ初心者が知っておきたいノウハウを紹介