朝倉 勲

41 Flips | 4 Magazines | 4 Likes | 2 Followers | @isaoasakura90 | Keep up with 朝倉 勲 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “朝倉 勲”

「必聴ラップ・メタル・アルバム 10選」を英Metal Hammerが発表

石野卓球の1996年DJミックス映像45分がYouTubeに

ゼルダの伝説、悪魔城ドラキュラ、メトロイド、ストII、クロノ・トリガー等をマリアッチ・スタイルでカヴァー、パフォーマンス映像が話題に

ゼルダの伝説シリーズ、悪魔城ドラキュラ、メトロイド、ストリートファイターII、クロノ・トリガー、ロックマン2、星のカービィ、テトリス、スーパーマリオワールドなどを、メキシコ音楽のマリアッチ・スタイルでカヴァー。パフォーマンス映像が話題に。演奏はゲーム音楽のマリアッチ・カヴァー・グループMariach …

ラヴィ・シャンカールの未発表ライヴ盤『In Hollywood, 1971』が限定発売、1曲試聴可

808 State - Flow Coma

Alex Gopher - Motorcycle (Wet Clutch Short Edit)

Translation

Angel's Walk / Two Banks Of Four

Art Ensemble of Chicago - Warsaw 1983

Gökhan Özen - Kalbim Seninle

DSZ_tv #004 MAFT SAI (ZudRangMa Records) 26/06/2010

リード・ヴォーカル兼ギターは5歳の女の子、タイのキッズ・バンドによるディープ・パープル「Smoke on the water」のカヴァー映像が話題に

Yndi Halda - Illuminate My Heart, My Darling! [Part 1 of 2]

Black Devil Disco Club - Constantly No Respect

Duoud - Zanzibar (Berlin - Paris)

アンスラックス 87年初来日公演から「Armed And Dangerous」のライヴ音源をオフィシャル公開

Karsh Kale - Distance

英ラフ・トレードが「2015年の年間ベスト・アルバム TOP100」を発表

英国の老舗レコード・ショップ、ラフ・トレード(Rough Trade)が「2015年の年間ベスト・アルバム TOP100」を発表。<p>1. Bjork - Vulnicura<br>2. Father John Misty - I Love You, Honeybear<br>3. Courtney Barnett …

Courtney Barnett

Nasti Moto Elephants on Acid with Disney

【 Zone In 】 Syadoooo P.V

Zgomot - Gypsy Step Redux (High Definition music 2009)

電気グルーヴのドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』 本予告編映像が公開

Final Fantasy (Owen Pallett) - Song Song Song

「あなたを気持ち良くさせるであろうトリップ/サイケデリック・ミュージックビデオ 11選」を米サイトBuzzfeedが発表

台湾のブラック・メタル・バンドCHTHONIC <Wacken Open Air>のライヴ映像11分をオフィシャル公開

PHP、かつてWebで人気だった言語が下火になりつつある

machi-ya

2034年、第三次世界大戦勃発のシナリオ

ほとんど問題にされない富の話

少し前のThe Economistのテクノロジーと世界経済の特集がバツグンによかったです。<p>ニュースは昔はいろいろ読んでいましたが、子どもが産まれてからは時間がないのでThe Economist以外は読まないようにしています。 重要なことをわかりやすくまとめる編集力と事象に対する分析力が数ある競合他誌の追従を許さない気がします(6年前のエントリーですが→『The Economistを読もう!』)。 週1回というところもよい、それでも追いつけず常に2、3週前のを読んでいる現状です。 とてもよかったので下記()内に特集記事のリンクを貼っておきます(購読が必要)。<p>この特集では、<p>- …