Hiroyuki Watanabe

205 Flips | 6 Magazines | 20 Likes | @hiroyukiwat3l3j | Keep up with Hiroyuki Watanabe on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Hiroyuki Watanabe”

【マサイ通信】第55回:マサイ族が考える「幸せ」と「幸せになる方法」

<b>スパ!</b> みんな元気か? ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。いきなりだけど、みんなはハッピーかな? 日本語で言うなら「幸せ」かな? オレはハッピーだ。まだ井戸も直せてないから自由に水は使えないけどハッピーだ。金もないけど幸せだ。ということで今回は、マサイ族のオレが考える「幸せ」と、「幸せになる方法」を教 …

【動画】背中がゾワっとする! AC部の手掛けた『月刊ムー』アプリのウェブCM / しかし繰り返し見てしまう……

CMやMV、テレビ番組を中心に映像制作を手掛けるCGアニメーションユニット、AC部。彼らが作り出す映像は、見る者に言い表しようのない不安と、強烈なインパクトを与えるものばかり。例えば、過去に紹介した18歳選挙権CMや、オレンジレンジの楽曲映像などもそう。そして最近、とても相性の良い雑誌とタッグを組ん …

【衝撃サッカー動画】試合中にまさかのポロリ! 前代未聞の珍プレーがトルコで発生!!

男たるもの、ここぞという時にポロリすることは絶対に許されない。もしそれがサッカーの試合中であれば言語道断。不名誉な上、瞬く間に大ピンチに陥ってしまうため、いつなんどきでもNOポロリが望ましいところだ。<p>だが、不思議なもので起きてはいけないことが起きるのも世の常。海外サッカーでとんでもないポロリ……もは …

ガン見必至! 美女が「ボディペイントだけ」の上半身で街中を歩いたらどうなるか検証した結果

身体に立体的な絵や模様を描くボディペイント。その技術を使って、以前「ズボンを穿いていない美女が通行人に気づかれるのか検証した動画」をご紹介した。なんと、あのペイント美女の新作動画が公開され話題になってる。<p>動画「<b>Can you tell if this woman’s top is painted</b> …

共謀罪はなぜ過去3回廃案になったのか

今年の通常国会に提出される法案のうち、過去3回廃案となった「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に注目が集まっています。政府は「テロ等準備罪」と名称変更して看板をかけかえましたが、骨格も内容も以前と大きな変更はありません。対象犯罪を676とした上で提出すると伝えられてきましたが、最近になって「対象犯罪が広すぎるので、絞り込む」という話題が出てきています。<p>私は、2005年から2006年にかけて、衆議院法務委員会で野党の一員として「共謀罪」をめぐる国会論戦を担いました。2005年は、小泉純一郎内閣が突然の郵政解散で圧勝した後で、自民・公明の連立与党は圧倒的多数の議席でした。「数の力」からすれば、 …

facebook

facebook

facebook

facebook

無神論者だったマーク・ザッカーバーグ氏が考えを変える「宗教はとても大事だ」

facebook

メコン川流域で163種の新種を発見!最新報告を発表

2016年12月19日、WWFはメコン川流域での生物調査の結果をまとめた、新しい報告「Species …

【動画あり】赤ちゃん人形の泣き声がどう聞いても “アノ声” らしい

赤ちゃんは泣くのがお仕事。大人としては「早く泣き止んで」「飛行機の中で泣かないで」なんて思ってしまいがちだが、赤ちゃんは泣くもの。しょうがない。多くの人がそう割り切ることができれば、もっと赤ちゃんに優しい世界になれるはず……。<p>ってイヤイヤ、今回お伝えしたいのは、同じ “赤ちゃんの泣き声” …

【超お下品】海外マクドナルドのクリスマス仕様のカップに穴を開けると「お腹ピーピーな画」に早変わり!

クリスマスの時期になると、店舗はホリデー用のデコレーションであふれ、雰囲気を盛り上げるために、グッズなどもクリスマスのデザインに変更される。<p>そんななか、「海外マクドナルドのキュートな<b>クリスマス用カップに穴を開けると、お腹ピーピーで超お下品</b>な画になっちゃう!」というGIF動画が、ネットで話題になってい …

【閲覧注意】テーマは80年代!? 『LOVE magazine』のセクシーな日替わり動画

毎年恒例となった『LOVE Magazine』のセクシーすぎる日替わり動画が、今年もスタート。中でも特にセクシーなものをご紹介!<br>https://www.youtube.com/watch?v=UrTj_mTw6WQ<br>DAY 1は、先日のヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーに初登場し、姉のジジとの姉妹共演も果たしたベラ・ハディッド。この10月で20歳になったばかりのベラだが、すでに大人っぽい雰囲気の持ち主で、オリヴィア・ニュートン=ジョンの大ヒットナンバー「フィジカル」のMVを参考にしたポーズはとにかくエロい!<br>https://youtu.be/CF23jotHJ-g<br>DAY 2 …

facebook

2016年の『Yahoo!映像トピックス』で最もアクセス数の多かった美女がエゲつないほど美女すぎる!

楽天が導入で話題の「立ちデスク」は危険?かえって背骨が歪み、腰痛を発症する恐れ - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

facebook

ウェアラブルで「建設業界」を変える5ステップとは

<b></b>急成長しているIoTの後押しもあり、ウェアラブル技術も大きく成長している。CGS …

【リオ五輪】可愛すぎると話題のオーストラリアのハードル選手、インスタグラムに投稿したある写真が話題に

かわいすぎると話題のオーストラリア女子ハードル選手が、「前より胸が大きくなったのでは?」とネット上で疑惑の声が上がっている。<p>ミシェル・ジェネク選手は、リオオリンピックではオーストラリア代表として女子100mハードルに参加。惜しくも予選敗退となってしまったが、陸上のスキルとは別の部分で話題を呼んでいる。<p>ジュネク選手の名前を覚えている方もいるかもしれない。同選手は、2012年に開催された世界ジュニア陸上競技選手権大会に出場した際、スタート前にウォーミングアップする姿がかわいすぎると注目を集めた人物だ。そんな彼女が23歳になり、再び世間を賑わせているのだ。<p>先日、ジュネク選手がインスタグラムで自身の画 …

国内外の最新ニュースや写真・動画を配信

お盆の由来

【動画あり】禁断の “鹿実” と言われる鹿児島実業高校の新体操部が今年もコミカルな究極演技を披露したと話題

今年の夏も鹿児島実業高校がアツい。あれっ、甲子園に出場した鹿児島代表は樟南高校……さらにいえば、鹿実の野球部は確か地方予選の決勝で引き分け再試合の末に敗退したはず……と思う人もいるだろうが、違う違うそうじゃない。鹿実は鹿実でも、今回お伝えするのは<b>「新体操部」</b>の方である。<p>鹿実の男子新体操部は、通称「禁 …

【本当におそロシア】前方に突然停車した車からチンピラが出てきた!→後走車がまさかのデカい斧で応戦

交通事情も物騒なロシアでは「ダッシュカム(車載カメラ)」が必須アイテムとなっているが、どうやら"斧"もセットで携帯しておくと役に立つようだ。<p>Not so brave. pic.twitter.com/JPrhZjnuFQ<p>— Only In Russia (@CrazyinRussia) …

【超ハイレベル】おばあちゃん3人が本場アムステルダムでマリファナ初体験! イイ感じにデキ上がっちゃった女子会が超楽しそう!!

人間は、歳を取るほどに新しいことに挑戦しなくなってしまうものだが、いつも同じことを繰り返してばかりいたら、やはり面白味や刺激に欠けてしまう。時には、自分の殻を破ることも必要だと思うが、3人のおばあちゃんが、そんな未体験の世界に自ら飛び込んだというのだ!<p>なんと、<b>おばあちゃん達が本場アムステルダムで、マ</b> …

【悲報】加護亜依さんが再婚報告で衝撃のミスを犯す

「人生山あり谷あり」とは言うけれど、加護亜依さんほど波乱万丈な人生を送っている人も珍しいのではないだろうか。絶頂期の『モーニング娘。』でのデビュー、卒業、喫煙騒動からの謹慎、契約解除、自殺未遂、そして結婚と妊娠などなど……<b>山が富士山級なら谷も日本海溝級</b>である。<p>本日2016年8月8日、そんな彼女が直筆 …

ゴビ砂漠マラソンで、1匹の犬はランナーを追って走った。本当にあった運命の出会い

facebook

企業の首都圏転入が最多に 働き手確保狙う

地方から首都圏へ企業の転入が加速している。2015年に1都3県へ本社機能を移した企業数は過去最多で、16年もこの傾向が続く。地方の人口減で市場が縮小し、労働力の確保も難しくなっているためだ。政府は地方創生で本社の地方移転を推進するが、人口減が首都圏への流出を促し、地方経済をさらに疲弊させる「負の連鎖 …