cocolo0601

50 Added | 1 Magazine | 1 Following | 7 Followers | @cocolo0601 | Keep up with cocolo0601 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “cocolo0601”

Fiat Japan

人生には一服の清涼剤が欲しい (v´∀`)

Fiat Japan

500と一緒なら、きっと爽快な風になれる (o・∀・)b゙

Fiat Japan

凛と冷えた空気をスパイスに、冬景色を味わってみるのもおススメです (´∀`)ノ

Fiat Japan

春になったら身に付けたいのは、どんな色 *´∀`)ノ

Fiat Japan

これって・・。ストリートアート (・∀・)

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan

フィアットCEOが「『500e』は1台ごとに1万4,000ドルの損失。 買ってほしくない」と発言

フィアットのコンパクトカー「500」のEVモデル「500e」。フィアット・クライスラーのセルジオ・マルキオンネCEOは、米シンクタンクのブルッキングス研究所で先日行われた講演で、メディアから高い評価を得ている同車を「買ってほしくない」と発言して話題となっている。<p>マルキオンネCEOは、この講演で「(500eは)1台売るごとに1万4,000ドル(約143万円)の損失が出るので買ってほしくない」と話し、会場を沸かせた。また、「私の役目として、500eを生産して顧客に提供する。だが正直なところ、必要最低限の数は販売するが、それ以上は売りたくない」「もしEVをこれ以上製造すれば、クリスマスまでに2度目の …

フィアット、2代目「500」の57周年を記念した「1957エディション」を発表!

フィアットは、今月22日から開催されるLAオートショーで、1957年に発売の2代目「500」(通称ヌゥォーヴァ・チンクェチェント)の誕生57周年を記念した「1957エディション」をお披露目すると発表した。<p>レトロな見た目が特徴的なこの限定モデルには、フロントとリアに懐かしいエンブレムがついている。ボディカラーがライトグリーン、ベビーブルー、ホワイトの3色展開。ミラーとルーフは各色ともホワイトで統一されている。インテリアは、ブラウンレザーを基調として、アイボリーのステアリングホイールやトリム、グレーのドアパネルが組み合わせられており、2代目「500」の雰囲気を再現している。<p>パワートレインは、1.4 …

フィアット、「500」に搭載された2気筒エンジン「ツインエア」のパワーを20馬力アップ!

フィアットは、人気のスモール・カー「500」に搭載されている2気筒「TwinAir(ツインエア)」エンジンのスペックを引き上げ、最高出力105馬力を達成したと発表。上級グレードに採用して、まずはイタリア本国で発売した。<p>フィアット・グループ自慢の可変吸気バルブ・タイミング技術「マルチエア」テクノロジーを採用した「ツインエア」は、排気量875ccの2気筒へとダウンサイズしたエンジンにインタークーラー付きターボを装着することで、既存の1.4リッター直列4気筒並みのパフォーマンスと、1.2リッター自然吸気エンジンを凌ぐ低燃費・環境性能を両立させた注目の小型車向けパワーユニット。これまで最高出力85ps …

【ビデオ】男性ファッション誌とコラボした限定モデル「500C GQエディション」

フィアット「500C」はとても魅力的な車だが、その可愛らしい外観のため、男性には敬遠されがちだったかもしれない。そこでフィアットは、「500C」の女性的なイメージを払拭すべく、男性をターゲットに据えた限定モデル「500C GQエディション」を発表した。<p>この500C …

【ビデオ】やっぱり魅力的! 完璧にレストアされた64年製のフィアット「500」

いつもオシャレなビデオを提供してくれるクラシックカー専門サイト『Petrolicious』から、キュートな1964年型フィアット「500D」の映像が届いたのでご紹介しよう。<p>500Dのオーナーのアネッタ・カリーシさんは、夫と共に同車をレストアする際、生産当時の工場から出てきたままの状態を忠実に再現した。外観やエンジンはもちろん、そのこだわりは誰も気づかないような細部にまでわたっている。<p>目の覚めるような鮮やかな黄色に輝くチンクエチェント(イタリア語で500の意)は、まるで1960年代の映画スターが降り立ちそうな雰囲気だ。そしてアネッタさんもその雰囲気に合わせ、撮影には当時のイタリア人女優風のファッ …

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan

Fiat Japan