稲澤千明

55 Flips | 3 Magazines | 4 Likes | 1 Following | 2 Followers | @chiminluvryu | Keep up with 稲澤千明 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “稲澤千明”

大切な人と同居生活を始める前に読んでおいてほしいこと

使う人に合ったトピックをランダムに検索してくれるiOS用ニュースリーダー『futureful』

ネガティブでいると人生が行き詰まる理由、ポジティブでいると開けていく理由

クリエイティブ処方箋:アイデア出しにはビール、タスク実行にはコーヒーが使える

「それって、どういうこと?」と聞かれたときの正しい答え方

月曜日の朝に考えるべき「信頼を得るための3つの源」

仕事にも人生にも効く、読書がもたらす8つの効用

新編 ことばの作法

• <b>著者:</b> 外山滋比古<p>ことばは人づきあいの潤滑油。よりよい人間関係を築くには、話し方にも気配りが大切。あなたの何気ない「ひと言」が、相手の心を開く役を果たすこともあれば、思わぬ波紋を生み出すこともあるのです。—日本語に強い関心をもち続けてきた著者が、ことばづかいの作法や、電話・手紙のマナーを披露する。思いを上手に伝えるための心得をそっと教えてくれるエッセイ集。

大人の勉強のやってはいけない!

• <b>著者:</b> 佐藤孝幸<p>※本商品はクロスメディア・パブリッシング発行 インプレスコミュニケーションズ発売の商品です<p>資格や語学など、勉強したいんだけど、忙しくてなかなか続かない。勉強はちゃんと続けているんだけど、どうしても結果が出ない。<br>そんな人に向け、働きながら米国公認会計士、司法試験を1発でパスした著者が、仕事と勉強の効率を徹底的に上げる方法を伝授します。<br>巷で流行る「ノート」「メモ」「整理」「暗記」「脳科学」…etc<br>これらを「非効率!」と切り捨て、シンプルに効果効率を追求した時間術の本です。<br>読めばハッとさせられること間違いなし。ストイックに結果を求めたい方におすすめです。

子どもにウケるたのしい雑学2

• <b>著者:</b> 坪内忠太<p>意外や意外の話題で大好評! 「子どもにウケるたのしい雑学」第2弾。身近なテーマから宇宙の果てまで284項! ◎カバは、なぜ、口を大きく開けるか? ◎アリの行列はなぜできる?餌がなくなるとなぜ消える ◎心臓は左胸ではない。ホントですか? ◎金縛りは、なぜ、起こるか? ◎ハワイは毎年6センチずつ日本に近づいている!? ◎アットマーク@は、英語のatと関係がない。なにか? ◎子どもは、なぜ、青ピーマンが大嫌いなのか? ◎ブラックホールは、なぜ、あの世か?

お金が貯まらない30の理由

• <b>著者:</b> 山内圭<p>「貯めようという気持ちはあるけれど、なぜか貯金ができない」「年齢的にもそろそろ貯金をしないと将来的に不安」「そもそも、どうやったらお金が貯められるのかわからない」……、こういった人たちはなぜお金を貯められないのか? それは無意識のうちにやってしまっている「貯められない悪い習慣」を断ち切れないから。それは全部合わせて、たったの30項目。その悪いクセや習慣をあらためるだけで、確実にお金は貯まるようになるんです!

“捨てる”勉強法

• <b>著者:</b> 和田秀樹<p>「苦手克服するぞ!」「失敗の分析から始めよう!」「1日1時間は勉強する!」――こんな目標は、すべて無駄!?20代で仕事の基礎を身につけたビジネスパーソンに必要なのは、人の薦める勉強法をやみくもに信じて実行することではなく、自分に不必要なものをどんどん“捨てる”、プライオリティ勉強術。多忙な日常で勉強を続けるカギとなる、「モチベーション・時間・効率」を柱に、何を捨て、どう勉強するのが良いのかを徹底解説する。これまでの勉強法で成果が出なかった人、必読の書!

資格の合否は「ノート」で決まる!

• <b>著者:</b> 横溝慎一郎<p>独学派も、スクール派も、すべての資格受験者必見!多くの受験生を短期合格へと導いてきた名物講師が、すぐに実践できる「学習の必須技術」を教えます!とことん分かりやすさを追求した内容で、著しい成果を呼び込む「合格ノート」の使い方や作り方を徹底伝授。本書で解説していく「合格ノート」勉強法を身につければ、試験突破に直結するノートと知識を手に入れられます。これで合格、間違いなし!!

新版 文章を書く技術

• <b>著者:</b> 平井昌夫<p>書きたいという気持はあっても、書き言葉に表現することはやさしいことではない。内容を文章に定着させる技術が身についていないからだ。感動や思想さえあれば書けるというこれまで文章常識を変えて、書くというわざを上達させる書。

フィンランド流「伝える力」が身につく本

• <b>著者:</b> 北川達夫<p>本書の目的は、日本のみならず、世界に通用する「グローバル社会のコミュニケーション術」を身につけることです。著者は、フィンランド、エストニアなどの北欧諸国で外交官を務めた北川氏。日本的な「話せばわかる!」「言わなくてもわかってくれる」という価値観の全く通用しない世界で20年近く生きてきました。「相手のことはわからない。だから話すしかない」 「自分の言うことをわかってほしい!」 「あの人のことはわからない!」とさじを投げない。 …

知らないとゼッタイ恥をかく 社会人のマナー186

• <b>著者:</b> なるほど倶楽部<p>社会人として、ちょっとした気遣いやマナーに無神経でいると恥をかきかねません。たとえば最近はみんなが持っていて当たり前の携帯電話。プライベートならともかく、ビジネスシーンで使う携帯電話のマナーを心得ていますか? 最新のビジネスマナーから、冠婚葬祭、食事やつきあい、手紙など、さまざまな場面での基本マナーを取り揃えました。

前田式韓国語単語整理術

• <b>著者:</b> …

「合格できる」頭のいい勉強法

• <b>著者:</b> 和田秀樹<p>試験に強い人とは、勉強にかけた時間をいかに「点」に結びつけるかをムダなく実行している人です。その方法を本書で明かにします。たとえば、予習より復習重視。自分ができないところと勉強すれば成績が上がるところの見極めや割りきりがよく、バランスよく「点」を得ようとすることなど。他にもあります。この「試験に強い」勉強法を、本書は「大切なことは1行でわかる」というコンセプトでシンプルにまとめました。受験勉強はふつうの勉強とは違います。本書でコツをつかめば、試験の決戦に強くなれます。

お金のかからない222の大人のプレゼント

• <b>著者:</b> …

にほん語観察ノート

• <b>著者:</b> 井上ひさし<p>お役所言葉はなぜ難しい? 必ず笑える駄洒落のコツとは? ふだんの言葉の中にこそ、日本語のひみつは隠れているのです。「言葉の貯金がなにより楽しみ」という筆者のとっておき。持ち出し厳禁、言葉の見本帳。

本当に頭がよくなる1分間勉強法

• <b>著者:</b> 石井貴士<p>【年間ベストセラー1位!をとった勉強法】(1)本1冊が1分で読める [スピード学習法] (2)60冊分を1分で復習 [右脳学習法] ■感謝の声 続々! ■「30冊の本が、2日で読み終わりました」(30代 会社員) 「自分が限界だと思っていたことが、ウソでした」(20代 男性) 「すばらしい勉強法に出会えたことに感謝!」(大阪府 女性) 「これはまったく『速読』とは違いますね」(20代 男性)

夫婦は「気くばり」で9割うまくいく

• <b>著者:</b> 吉岡愛和<p>少しお互いに気くばりをし合うだけで、二人の関係ははるかにスムーズに。気くばりのポイントが合っていれば9割うまくいく! 夫婦で、いい関係を育てていくための必読書。二人の間に何か問題がないか自己チェックもできる。

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める

• <b>著者:</b> 築山節<p>ぼんやり頭をスッキリ晴らす!<br>何となく記憶力や集中力、思考力が衰えたように感じている。そんな「冴えない脳」を改善させるために、すぐ始められる15の習慣

反日教育の正体 教職員組合の資料を読み解く

• <b>著者:</b> 一止羊大<p>左翼教職員組合に日本が潰される。彼らが、日本人でありながら日本を憎悪し敵視するのはなぜか。彼らの誤り・ウソ・欺瞞を読み解く。

STUDY HACKS! 楽しみながら効果が上がるスキルアップのコツと習慣

• <b>著者:</b> 小山龍介<p>ビジネスマンの学習生産性を画期的に向上させるハック集。<br>資格試験勉強から、語学学習、MBA取得まで、若手ビジネスマンが身につけておきたい、学習ノウハウを網羅。少ない努力で効果的に、かつ楽しく学べるコツを満載!<br>今売れているどの勉強本とも違う、第3の「勉強本」として売れる内容になっている。<br>「売り」は、楽しく効率よく学ぶノウハウが満載の「POPな勉強本」。<br>脳の働きを抜群に活性化させる「環境づくり」を詳細に解説。<br>シータ波がドンドン出てきて、普通に勉強していても、数倍の効率が上がります!

子どもにウケるたのしい雑学

• <b>著者:</b> 坪内忠太<p>子どもも、大人も、いっしょに楽しめるたのしい雑学254項。話題は動植や植物、ヒトの体から宇宙まで。◎なぜ、イヌはよそのイヌのお尻をクンクン嗅いでまわるか?◎耳の穴に指を突っ込むと聞こえる「ゴーッ」という音の正体は?◎セミは逃げるときにどうしてオシッコをする?◎タネナシスイカは、タネがなくても来年もできるの?◎大型旅客機の愛称はなぜ、「ジャンボ」?◎シマウマのシマ模様は、「白地に黒」か「黒地に白」か?◎地球も月も太陽も天体はなぜまるいの? …など、家族みんなで楽しめます。

遊学I

• <b>著者:</b> 松岡正剛<p>古今東西より選ばれし知の巨人たち149人を評じた松岡遊学の原点。伝説の雑誌「遊」より生まれた渾身の著。I巻ではピタゴラスからエジソンまで。