r
ryosukeadded this to
インテリア
夜の帷が下りると、どんな会社かが見えてくる。

夜の帷が下りると、どんな会社かが見えてくる。

Casa BRUTUS

越谷市内の道路沿い。日中はメタリックな壁にガラス張りなのが、暗くなると様相一転。木を大切にする企業理念の「現し」である。おなじみカングーもマイナーチェンジで欧州実用車の金字塔に近づいた。 木造住宅の設計・施工や建築用のプレセット木材を扱う会社の社屋である。夜間照明で浮かび上がる巨大看板よりさらに強力な、地域に向けてのコミュニケーションということだろう。 館内は太い柱や梁のすべてが木質でなかなかの迫力だし、強い木の香は森のよう。本格的なオフィスビルで、1〜2階が吹き抜けの大空間が木質メインというのは相当に印象が強い。こんな大病院やホテルのロビーがあって当然という気もするし、ショッピングモールなどでも …

View on casabrutus.com
Avatar - Casa BRUTUS

Casa BRUTUS

*Life Design Magazine.

Magazines by Casa BRUTUS