Casa BRUTUS

8 Magazines | 4,812 Followers | @casabrutusmag | *Life Design Magazine.

エイブ・ロジャースが新ギャラリーをデザイン|Bradford

<b>イギリス中部にある〈サイエンス&メディア・ミュージアム〉がリニューアルされ、インタラクティブ型の新ギャラリー「ワンダーラボ」がオープンになった。</b><p>空間はエイブ・ロジャースがデザイン。音と光が織りなす不思議現象などを体験しながら、科学への興味を誘う。実験の実演などもあり、大人も子供も楽しめる。<p>〈The National Science and Media Museum〉<p>Bradford, BD1 1NQ <b>TEL</b> 44 844 856 3797。10時〜18時。無休。入場無料。「ワンダーラボ」はHPで事前予約を。公式サイト

【ミラノデザインウィーク】時間を物質化したnendoの展示が、ミラノで再演。

<b>昨年10月に東京のスパイラルホールで『slice of time』を開催したnendo × …

竹籠と陶器を組み合わせた、アバンギャルドな花器。

<b>京都の老舗竹工芸メーカー、公長齋小菅の新作〈The Poetry Collection〉は立体感のある造形でオブジェのようにも使えるアバンギャルドな花器のコレクション。</b><p>こちら《Herringbone》は竹籠と陶器を組み合わせた意外性のある美しさが楽しめます。<p>公長齋小菅 京都本店 <b>TEL</b> 075 221 8687

〈デ パドヴァ〉のエレガントでミニマムなテーブル。

<b>日本人デザイナー、大城健作によるテーブルコレクション《セン》がイタリアの〈デ パドヴァ〉より発売。</b><p>天板はナノテクノロジーによる高耐久性の表面材を施したものや大理石など、5種類。彫刻的な脚との組み合わせが空間をエレガントに仕上げてくれる。<p>エインテリアズ <b>TEL</b> 03 6447 1451

フォーシーズンズ・ホテル、マイアミに誕生!

<b>〈サーフ・クラブ〉は1930年創業、グレース・ケリーやフランク・シナトラが名を連ねた伝説的な会員制クラブ。このたび巨匠リチャード・マイヤーの設計によりフォーシーズンズ・ホテルへと生まれ変わった。</b><p>ナパの名店〈フレンチ・ランドリー〉のオーナーシェフ、トマス・ケラーが開くレストランにも期待が。<p>〈Four Seasons Hotel at The Surf Club〉<p>9011 Collins Ave., Miami <b>TEL</b> 1 305 381 3333。1泊899ドル〜。全77室。公式サイト

Good TOOLS For Me|愛用の醤油差しを教えてください。

<b>3人のゲストに愛用の日用品を教えてもらうコーナー。今回は日本の食卓に欠かせない醤油差しです。</b><p>堀仁憲さんの小さなピッチャー。<p>調味料は鮮度によって風味が大きく変わります。料理によって何種類かの醤油を使い分けていますが、私たちが一番多く使っているのは生醤油。能登の小さな醤油蔵から火入れしていないものを分けていただき冷蔵庫で保存、使う都度必要な分だけ取り出しています。<p>醤油差しは何個か持っているものの入れっぱなしにはしないこともあって、自然と使わなくなりました。愛用しているのは、陶芸家・堀仁憲さんの小さなピッチャー。一つ一つ手で作られ、どれも大きさや形が異なります。小さな取っ手がついているものや、しのぎ …

ジョエ・コロンボがデザインした、シンプルなグラス。

<b>ジョエ・コロンボがデザインしたグラスが日本上陸。</b><p>バウハウスの影響を受けた機能美がデンマークデザイン史に名を残すブランド〈リュンビュー ポーセリン〉のもの。クラフツマンシップ際立つシンプルなフォルムが魅力だ。<p>シボネケース <b>TEL</b> 03 5537 3101

どんぐりモチーフのペンダントライト。

<b>フィンランド人デザイナー、マイヤ・プオスカリによる、どんぐりモチーフのペンダントランプが〈メーター〉より発売。</b><p>ピュアなフォルムを乳白ガラスとアルダー材の組み合わせで表現。多彩な素材感の組み合わせを得意とする彼女ならではのデザイン。<p>リンインクープ <b>TEL</b> 03 6323 8293

〈アレッシィ〉の新作、給水塔のキャニスター。

<b>ビルの上に設置される給水塔はニューヨークのランドスケープの象徴でもある。そんな給水塔をスケールダウンしたキャニスターは建築家、ダニエル・リベスキンドによる〈アレッシィ〉の新作。</b><p>アルド・ロッシの作品へのトリビュート。<p>アレッシィショップ 青山 <b>TEL</b> 03 5770 3500

デジタル時代に対応する、クラシックの名作。

<b>半世紀以上にわたり愛されるデザインアイコンが、照明やUSB充電に対応する新モデル《USMハラーE》へと進化した。</b><p>私たちの生活には欠かせない存在になっているスマートデバイス。今やいつなん時も充電の心配をしていなければならない時代だ。<p>1960年代から安定した人気を誇るシステム収納《USMハラー》が、こうしたデジタル時代に対応する新しいシテム《USMハラーE》を発表した。このモデルでは、構造体となるチューブやコーナーを接合するボールの内部に通電するシステムを搭載。チューブに照明やUSB端子の専用デバイスを組み込むだけで、ユニット内部が光ったり、USB充電までも可能にした。<p>標準装備の調光機能に加え、希 …

【ミラノデザインウィーク】ルイ・ヴィトンが考える “旅するオブジェ”。

<b>旅をテーマに、新しいクリエーションの世界を目指す〈ルイ・ヴィトン〉の『オブジェ・ノマド』。その最新コレクションがミラノデザインウィークで発表された。</b><p>1874年にフランスの探検家、ピエール・サヴォルニャン・ド・ブラザのために手がけたトランクに代表されるように、これまで数々の“旅する道具”を手がけてきた〈ルイ・ヴィトン〉。その歴史を振り返りつつ、伝統の技をさらにインテリアに通じる新たなクリエーションの可能性につなげいく試みが『オブジェ・ノマド …

蒔絵が施された〈D-BROS〉の文庫箱。

<b>〈D-BROS〉の新しいコンセプトショップがGINZA SIX内にオープンしました。</b><p>日本の伝統技術にD-BROSのグラフィックデザインを施した美しいプロダクトが揃っています。写真はオープン記念の限定商品。<p>D-BROS 銀座店 <b>TEL</b> 03 6263 9958 公式サイト

シンガポール川近くの倉庫をホテルにリノベーション|Singapore

<b>1895年に建てられた、元貿易倉庫の建物が、モダンなホテルに生まれ変わった。</b><p>倉庫の形を残した外観と躯体を生かした開放的なロビーは、自由貿易で盛んだった時代を思い起こさせる。レストランを多く展開する企業が手がけているだけに、館内のレストランで食べられるクラシックなシンガポール伝統料理にも注目だ。<p>〈The Warehouse Hotel〉<p>320 Havelock Road, Robertson Quay Singapore 169628 <b>TEL</b> 65 6828 0000。全37室。1室285ドル〜。公式サイト

ビル・ヴィオラ エレクトロニック・ルネッサンス展|FIRENZE

<b>ビデオアート界を代表するアーティスト、ビル・ヴィオラ。ビデオアート分野として最大級の規模となる展示がルネサンスの開花地フィレンツェで開催中。</b><p>アメリカ人であるビル・ヴィオラと、彼に多大な影響を与えた偉大なルネサンス期の代表作品とが対峙する構成だ。<p>〈パラッツォ・ストロッツィ〉<p>Piazza degli Strozzi, Firenze <b>TEL</b> 39 055 2645155。〜7月23日。10時〜20時(木〜23時)。無休。入場料12ユーロ。公式サイト

あの《バタフライスツール》誕生60周年記念、企画展が開催!

<b>日本を代表するインダストリアルデザイナー柳宗理の代表作《バタフライスツール》。その歩みを振り返る企画展が6月6日から始まる。</b><p>柳宗理 バタフライスツール 60周年記念企画展『BUTTERFLY STOOL 60th』が6月6日から〈金沢美術工芸大学 …

西洋菓子舗の奥に至福のカフェ誕生。

<b>明治40年創業の〈村上開新堂〉の奥にひっそりとカフェがオープン。</b><p>住まいだった日本建築を、レトロな店舗とは対照的なモダンな和空間にリノベート。デンマークの名作椅子を配し、眼前は日本庭園。銘菓のロシアケーキや当代考案の焼き菓子のほか、初お目見えのスイーツセットも楽しめる(1日10セット限定)。<p>〈村上開新堂〉<p>京都市中京区寺町通二条上ル <b>TEL</b> 075 231 1058。10時〜16時30分(入店)。日曜・祝日・第3月曜休。

長山智美 デザイン狩人|シンガポールデザインウィーク

<b>3月7日〜12日、シンガポールにて開催されましたシンガポールデザインウィークてのに行ってきましたの。こちらシンガポールのみならず近隣アジア各国の最新クリエイティブが集います東南アジアでも随一のデザインフェア。</b><p>アジアンデザインパワー☆<p>中でも見どころはローカルクリエイターの作品展示などがメインとなります企画展『SingaPlural』とアジアンメーカーが多数出展しますシンガポール国際家具見本市『IFFS』の2つ。狩人では昨年に引き続きコチラ2つの会場を徹底リサーチ。今や世界にも通ずるハイテンションなアジアンデザイン8点を厳選さしていただきましたの。<p>エスニックテイストのモチーフや素材を使いましたロー …

シンガポールのアートディレクター、ジャクソン・タンを知っていますか?

<b>シンガポールで遭遇しました2つのチャームイベント。仕掛け人、ジャクソンさまをご紹介さしていただきます〜♡</b><p>シンガポールのど真ん中に風船の動物園が出現…!?<p>マリーナ・ベイの近未来的絶景にて繰り広げられてました動物風船ランド〈ART−ZOO〉。そしてガーデンズ・バイ・ザ・ベイでのエレクトリカルジュラシックパーク。現地でも大人気のイベントはクリエイティブディレクター、ジャクソン・タンさまなるお方のGJでございました。シンガポール建国50周年には記念ロゴをデザインされるなど国家プロジェクトをも手がけておられますビッグクリエイターのよでございます。これまでのお仕事とは毛色の違った今回イベントに関しましては …

素材や構造の組み合わせが楽しい、マルセル・ワンダース《トロイ シーティングシステム》。

<b>マルセル・ワンダースによる《トロイ シーティングシステム》はそれぞれ異なる素材や構造を組み合わせられるチェアシリーズ。</b><p>無垢ビーチ材のバーフレームに、同素材のスモールテーブルや6色展開のポリプロピレンのシートを自在に合わせて。<p>マジスジャパン <b>TEL</b> 03 3405 6050

パリ伝統のキオスクをマタリ・クラッセが刷新!|Paris

<b>路上で雑誌・新聞を売るパリのキオスクもデジタル化の余波で存続の危機に!? そこで市は新デザインをマタリ・クラッセに依頼。そのプロトタイプが現れた。</b><p>最寄りの店舗情報が検索できるシステムの導入や広々とした書籍棚ほか改良点も多いが、緑の丸屋根など街角に馴染む往年のデザインを受け継ぐセンスはさすが。<p>〈KIOSQUE〉<p>90, Ave. du Général Leclerc 75014 Paris。

エンツォ・マーリの名作《フォルモサ》にスペシャルカラー登場!

<b>ダネーゼ社設立60周年を記念して、今や同社のアイコン的存在とも言えるエンツォ・マーリの壁掛け万年カレンダー《フォルモサ》にゴールドとレッドのスペシャルカラーが登場です。</b><p>各色60個ずつの限定生産品だとか。早いもの勝ちです!<p>クワノトレーディング <b>TEL</b> 03 5825 3053

ブリヂストン美術館の名画がパリに里帰り中。

<b>現在、長期閉館中のブリヂストン美術館の傑作がパリで展覧されている。オランジュリー美術館で『TOKYO-PARIS …

写真家、木寺紀雄が見つけた “生命” とは。

<b>写真家・木寺紀雄が、6月3日から〈コンプレックス ユニバーサル ファニチャー サプライ〉で写真展『INU』を開催する。</b><p>今回の個展では、木寺が写真家として歩む日々で捉えた “生命” …

〈世田谷美術館〉で絵本作家エリック・カールの展覧会開催中!

<b>『はらぺこあおむし』など、世界中で愛される作品を生み出してきた絵本作家、エリック・カール。今回の展覧会では、彼の絵本原画にとどまらず、影響を受けたパウル・クレー、交流のあったレオ・レオニなどとの結びつきにも触れながら、絵本を超えた仕事や立体作品など幅広い作品が集まる。</b><p>〈世田谷美術館〉<p>東京都世田谷区砧公園1−2 <b>TEL</b> 03 5777 8600(ハローダイヤル)。〜7月2日。10時〜18時。月曜休。観覧料1,200円。公式サイト

ミラノの〈プラダ財団〉で、フランチェスコ・ヴェッツォーリの展覧会がスタート!

<b>世界中から注目を集めているミラノの〈プラダ財団〉で新たな企画展『TV 70:フランチェスコ・ヴェッツォーリがRAIを見る』と題された展覧会がスタート!</b><p>イタリア人アーティスト、フランチェスコ・ヴェッツォーリは、セレブリティーのポートレートに刺繍を施した初期作品、また女優ナタリー・ポートマンを起用した架空の香水のCMなどで世界的に注目されてきた。グッゲンハイム美術館(NY)での個展も果たしたヴェッツォーリだが、実は、ミウッチャ・プラダがかねてから高く評価しコラボしてきたアーティストなのをご存知だろうか。<p>本展『TV 70:フランチェスコ・ヴェッツォーリがRAIを見る(TV 70:FRANCESCO …

ハウスインダストリーズ、超待望の作品集です。

<b>あのハウスインダストリーズが、書籍をリリース! 代表のアンディ・クルーズに話を聞きました。</b><p>タイポグラフィーを縦糸に、縦横無尽な活躍で楽しませてくれるライフスタイルブランド、ハウスインダストリーズ。オブジェやキッチン用品、アパレルやサイクリング用アイテム、人気TV番組のグラフィックから、銀座のメゾンエルメスのウィンドーディスプレー、カリグラフィーのワークショップまで、彼らの仕事ぶりはまるで玉手箱のよう。このたび何と400ページというボリュームの大型本を発表! だけどこれ、ただの作品集じゃないんです。<p><b>Q あなたたちが手がけた仕事を網羅した、過去25年間の集大成ですね。題名は「プロセスこそがインスピ</b> …

「そこまでやるか」という壮大なプロジェクトを集めました!

<b>東京・六本木の〈21_21 DESIGN …

土田貴宏の東京デザインジャーナル|楽しくて奥深い、藤城成貴のゲーム。

<b>独自のアプローチを貫くデザイナー、藤城成貴の新作は家具でも日用品でもなく“ゲーム”。そこに込められた意図とは。</b><p>プロダクトデザイナーとして活躍する藤城成貴が、ゲームをテーマにした個展を渋谷の書店〈ユトレヒト〉で開催している。藤城は1990年代後半から〈イデー〉で家具などのデザインを手がけた後に独立。近年は〈エルメス〉の《petit …

エットレ・ソットサス ガラス展|VENEZIA

<b>80年代のポストモダンを代表する多国籍デザイナー集団「メンフィス」の中心メンバーとしても活躍した、イタリアデザイン界の巨匠、エットレ・ソットサスのガラスとクリスタル作品にフィーチャーした展示。</b><p>1974年以降に制作された一般未公開作品を多く含む展示品は200点に上る。<p>〈レ・スタンツェ・デル・ヴェトロ〉<p>Ex convitto Isola di San Giorgio Maggiore, Venezia <b>TEL</b> 39 041 5229138。〜7月30日。10時〜19時。水曜休。入場無料。公式サイト

LIFE@PET|NYアート界を代表するアイドル犬。

<b>チョコレート色のファーにつぶらな瞳、そしてニッコリ笑う口もと。「これって生きてるテディベア!?」と思ってしまったほど表情豊かなバーティくん。</b><p>バーティ ポメラニアン ♂ …