Azusa Suzuki

41 Added | 2 Magazines | 2 Likes | @azusasuzuki37od | Keep up with Azusa Suzuki on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Azusa Suzuki”

こんなところで休暇はいかが?知られざる美しいヨーロッパの田舎町

パリ、ロンドン、ローマ、ベルリン・・・。一度は訪れてみたいヨーロッパの都市たち!<p>しかし今回フォーカスするのは、ヨーロッパの田舎町です。<br>例えば日本でも、東京や大阪等の都市部と東北の田舎町では、それぞれ全く異なる魅力がありますよね。それはヨーロッパも同じ。今回取り上げる田舎町は、まだまだ観光地化されてい …

なぜエバーノートが靴下を売り始めたのか:日経ビジネスオンライン

全世界で7500万人の利用者を抱えるクラウドサービス「Evernote(エバーノート)」。テキストや画像など様々なコンテンツをクラウド上に手軽に保存できるサービスだ。あらゆるデバイスから保存・閲覧できる利便性が受け、急速に利用者数を拡大している。運営元の米エバーノートが9月27日、EC(電子商取引)サイト「Evernote Market(エバーノートマーケット)」を北米、日本で開設した。<p>インターネット企業がEC事業に進出するのは珍しくない。米グーグルはパートナー会社と組み、アパレルや食品、雑貨、文具などを即日配送するECサイト「Google Shopping …

中国で巻き起こせ「日式」教育改革:日経ビジネスオンライン

広東省にある3年制の大学、肇慶科技職業技術学院。ここで教鞭を振るう1人の日本人がいる。70歳という年齢にして異国の地で新しい挑戦を続ける小野利雄教授だ。日中関係が厳しい中でも、学生に日本のよさを訴え続け、その多くを日系企業へ送り込もうとしている。10月12日、同学院で日系企業と学生を集めた大規模な就職面談会を開く。今、「中国の学生は日系企業に入りたがっている」と言うが、本当なのだろうか。<p>(聞き手は宮澤 徹)<p>日系企業と中国人学生の大規模な面談会を開くそうですが、日中関係が微妙な時期だけに人集めに苦労したのでは。<p>小野:10月12日に私の勤めている肇慶科技職業技術学院で開きます。トヨタ自動車グループ …

今日売れるのはホット飲料か、コールドか:日経ビジネスオンライン

日経ビジネス9月30日号の特集「日米最新事例 ビッグデータ …

「フィリピン人家政婦? 今だって日本で雇えますよ」:日経ビジネスオンライン

安倍政権は成長戦略の中で、ベビーシッターやハウスキーパーなどの経費負担を軽減する策を検討すると打ち出している。実際、働く親にとって最も重い労働の1つは家事だ。家事代行サービスを利用する家庭は増えてきている。子供への英語教育や家事の実力などの側面から、外国人ベビーシッターやハウスキーパー、とりわけフィリピン人によるサービスにも関心が集まっている。<p>日本人は国内では法律上、フィリピンなどの外国人を直接、海外から連れてきて雇うことはできないが、実際には、国内で「外国人家政婦」を雇っている人々も存在しているという。主に富裕層や在日外国人向けにフィリピン人を含む外国人を派遣している家事代行会社シェヴ(本社 …

“共食い”辞さぬケンタッキーの空揚げ店:日経ビジネスオンライン

厚めの雲が覆うぐずついた天気の中、ダイエー碑文谷店(東京都目黒区)の1階の一角に小さな新型店がオープンした。10月1日に開いたその店の名は「KFC鶏から亭」。日本ケンタッキー・フライド・チキンが運営する、持ち帰り用の空揚げ専門店だ。<p>店舗面積は約32平方メートル。ケンタッキーの標準的な店舗の4分の1程度で、客席はない。販売するのは100グラム270円の空揚げ4種類と、ケンタッキーの定番商品「オリジナルチキン」(1ピース240円)など数種類だけだ。<p>和風の味つけを意識したためか、販売カウンターにかかるのれんは深い緑色。ただ看板やのれんには「KFC」という文字や、ケンタッキーの創始者カーネル・サンダー …

中国「100円ショップのふるさと」の今(上):日経ビジネスオンライン

「いよいよ中国の不動産バブルが破裂する」。「得体の知れない影の銀行が膨張して中国経済がクラッシュ」…。中国の経済指標が悪化したことを受けて、中国経済の失速論がかまびすしい。確かに中国経済は岐路に立っている。少子高齢化が日本以上のペースで進み、「社会主義」を標榜している国家で経済格差がどんどん広がっている。<br>しかし、これまでの高度成長の「余熱」が残っており、中国経済が早期に破綻する可能性は極めて低い。<br>「日経ビジネス」では10月7日号で「『中国失速』の真実」と題する特集を掲載した。本コラムでは特集と連動した記事を掲載していく。<p>「100円ショップのふるさと」と呼ばれる街がある。中国・上海から動車組(中 …

出た!宇宙エレベーター世界記録:日経ビジネスオンライン

宇宙に人や物資を運ぶ究極の輸送手段とされる「宇宙エレベーター」をご存知だろうか。<p>高度3万6000kmの静止軌道上に宇宙ステーションを建設し、そこから地表へとケーブルを垂らす。このケーブルにクライマー(昇降機)を取りつけ、時速数百kmのスピードで人や荷物を行き来させるという構想だ。<p>完成はどんなに早くても21世紀半ば以降と言われ、資金面、社会制度面からも達成へのハードルは決して低くない。それでも、ロケットでは困難な宇宙への大量輸送を実現する手段として、要素技術の研究開発を進める動きは世界各国にある。中でも、2009年に発足した一般社団法人宇宙エレベーター協会(大野修一会長)が毎夏に実施している宇宙 …

パンケーキ、ポップコーンの次に来るのは:日経ビジネスオンライン

東京、原宿・表参道。この街では行列は珍しくない。<p>スウェーデン発の「H&M」や米「フォーエバー21」といった外資系ファストファッションの上陸。長らく続く、ハワイ生まれの「エッグスンシングス」や「カフェ・カエラ」を中心としたパンケーキブーム。「ギャレット ポップコーン ショップス」や「ククルザ ポップコーン」の上陸により一躍人気に火のついたポップコーン旋風。そしてここにもう1つ、この街に新たなムーブメントが生まれた。<p>その中心となるのが、激安ファッション系雑貨店の「ASOKO(アソコ)」と「フライング タイガー …

みずほ佐藤康博社長の苦しすぎる弁明:日経ビジネスオンライン

みずほ銀行が提携先の信販会社を通じ暴力団構成員らに融資していた問題で、みずほフィナンシャルグループの佐藤康博社長(みずほ銀行頭取も兼務)は10月8日に東京都内で会見し、「心より深くお詫びする」と陳謝した。また問題が発覚した当時、西堀利・元頭取ら経営陣にも報告があったことを認めた。<p>8日の会見は1時間半を超えた。その中で佐藤社長は「週末も休まずに調査し続けている」点を幾度となく語り、短期間で実態を解明し、対策を示すと強調した。<p>金融庁が銀行法に基づき、みずほ銀行に業務改善命令を出したのは9月27日のこと。1カ月後の10月28日までに業務改善計画を提出して受理されなければならない。ただ、問題が発覚した …

「なぜ日本企業は“おもてなし”を収益源にしないのか?」:日経ビジネスオンライン

2020年の五輪開催地が東京に決まった国際オリンピック委員会(IOC)総会の最終プレゼンテーションで、滝川クリステルさんが使って一躍流行語になった「おもてなし」──。<p>この言葉に象徴される行き届いたクオリティーの高いサービスを提供しながら、日本企業の多くはそれを収益化できていない。このことについて、あるスウェーデン人の日本企業研究者は疑問でならないという。一橋大学大学院国際企業戦略研究科(ICS)のジェスパー・エドマン専任講師(アシスタントプロフェッサー)だ。<p>同氏にそうした疑問を抱くようになった背景や収益化のために必要な取り組みを聞いた。<p>(聞き手は中野目 …

新成功者の家にある「三種の神器」とは:日経ビジネスオンライン

最近、中国の都市部で台頭してきた「新成功者」。その特徴は(1)親のコネではなく実力で豊かさを手に入れ、(2)世帯月収が1.5万元(約22.5万円)以上あり、(3)自らの価値観を基に消費にこだわり、(4)生活を楽しむことに貪欲である。そんなライフスタイルを謳歌する新しい富裕層は実際、どんな生活をしているのか。博報堂の研究員が新成功者の自宅に実際にお邪魔したお宅拝見リポートをお届けする。<p>(聞き手は上海支局、坂田亮太郎)<p> 1回目の記事から読む<p>実際に新成功者の自宅にお邪魔したそうですが、どのような生活を送っているのですか。<p>松浦良高氏(以下・松浦):家庭訪問に先立ち、我々はデプス調査を行いました。これは …

ノーベル平和賞候補の彼女の“ダディ”が魅力的:日経ビジネスオンライン

みずほ銀行やJR北海道といった大企業のトップが発言を二転三転させながら連日の記者会見で釈明を繰り返しています。組織のリーダーとして、もっとほかに良いやり方や伝え方はないものかともやもやしていた時、ニューヨークタイムズのサイト上でとあるインタビュー動画をたまたま見かけ、世界的に注目を集めるその人物、ではなく、その父親が、実に迷いのない言葉で語っている姿に心を打たれました。<p>こんな風に接してもらえたら、こんな言葉を聞いていたら、あるいは、自分自身がこんな姿勢でいられたら、困難な時でも力がわいてきそうだと大きな刺激を受けたのです。<p>状況も立場もまったく異なりますが、困難を乗り越えていく姿勢や発想、使って …

「150年企業」ノキアが描く復活シナリオ:日経ビジネスオンライン

フィンランドの国民が、ノキアの前CEO(最高経営責任者)のスティーブン・エロップ氏に怒っている。<p>ノキアは9月3日、かつて世界最大規模を誇った携帯電話事業を米マイクロソフトに54億4000万ユーロ(約7190億円)で売却することを発表した。それに伴い、エロップ氏は携帯電話事業の部門長に“降格”したのだが、売却後はマイクロソフトに幹部として招き入れられ、しかも、退任予定のスティーブ・バルマーCEOの後継者になると目されている。<p>さらに、マイクロソフトへの事業売却が完了した際には、1880万ユーロ(約25億円)もの“退職金”を受け取る契約になっており、その70%をマイクロソフトが負担するという。ノキア …

脚光浴びるアマゾンの“裏の顔”:日経ビジネスオンライン

米アマゾン・ドット・コムが米IBMとの巨額の入札競争を制して、米中央情報局(CIA)にクラウドコンピューティング関連サービスを提供する可能性が高まったというニュースが注目を集めている。本や家電、雑貨をインターネットで販売する「小売り」のイメージが強いアマゾンだが、「IT(情報技術)インフラの提供者」としても急成長しており、旋風を巻き起こしている。<p>「どうしてインターネット通販の米アマゾン・ドット・コムが、米情報機関にIT(情報技術)インフラを提供するの?」<p>10月上旬、アマゾンが米IBMとの入札競争に勝利し、米中央情報局(CIA)にクラウドコンピューティング関連サービスを提供する可能性が高まったと …

シリア攻撃を“あきらめた”米国と日本:日経ビジネスオンライン

シリア攻撃を事実上諦めたオバマ米大統領は、米国民に対して弱気な素振りを見せるわけにはいかない。<p>このため財政を巡る議論では、デフォルト(債務不履行)直前まで強気の姿勢を崩さないだろう。<p>これは米国社会の一層の分裂につながる。オバマ政権の弱体化は日本にどのような影響をもたらすのか?<p>米国政治に詳しい川上高司拓殖大学教授に聞いた。(聞き手=森 …

45万円のタブレットはパナソニックを救うか:日経ビジネスオンライン

9月上旬にドイツで開かれた世界最大級の家電見本市「IFA」。韓国・サムスン電子やソニーがスマートフォンやウエアラブル端末などの開発力を競う中、パナソニックが目玉の1つとして発表したのは、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K画質の20インチタブレット「TOUGHPAD(タフパッド) …

世界で広がる「再エネバッシング」の裏側:日経ビジネスオンライン

今年も再生可能エネルギーへのバッシングが強まる時期がやってきた。<p>10月15日、ドイツの送電会社4社は、2014年の再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)にともなうサーチャージ(賦課金)の金額を発表した。これは、毎年の恒例行事である。<p>来年は今年に比べて18%増の1キロワット時あたり6.2セント(約8.3円)になる。ちなみに2013年のドイツの家庭向け電力料金は1キロワット時当たり28.6セント。このうち再エネ賦課金は5.3セントだ。<p>10月11日には、再エネ賦課金の金額の公表に先んじて、欧州の大手電力10社のCEO(最高経営責任者)がずらりと顔を揃えて会見を開き、「FITは廃止すべき」 …

20万円の格安「宇宙葬」を日本でも:日経ビジネスオンライン

遺骨を宇宙に埋葬する「宇宙葬」というサービスをご存知だろうか。遺灰をアルミニウム製のカプセルにつめ、ロケットに積み込んで打ち上げる。地球の周回軌道を数カ月回った後、大気圏に突入して流れ星となる。こうした葬儀サービスを提供する会社は以前から存在したが、今年夏、米サンフランシスコに拠点を構えるベンチャーが、1990ドル(約20万円)と従来の半額以下の料金設定を打ち出し、話題を呼んだ。<br>提供するのは、元米航空宇宙局(NASA)のエンジニア、トマス・シヴェ氏が創業したエリジウムスペース。10月1日からは日本でも予約の受け付けを開始した。シヴェ氏に、サービスの狙いと日本展開の理由を聞いた。<p>(聞き手は蛯谷 …

「涙の出ないタマネギ」誕生は偶然の産物?:日経ビジネスオンライン

「これまでタマネギに泣かされてきたすべての人にこの賞を贈ります」<p>2013年9月12日に、米ハーバード大学サンダーズシアターで開催されたイグノーベル賞の授賞式。「タマネギを切った際に涙が出る原因となる新たな酵素の発見」によって化学賞を受賞したハウス食品グループ本社の中央研究所研究主幹、今井真介氏の演説に観客は拍手喝さいを送った。<p>そもそもイグノーベル賞(Ig Nobel Prize)とは、ノーベル賞のパロディーとして、「人々を笑わせ、そして考えさせる研究」に対して贈られるもの。科学ユーモア雑誌「Annals of Improbable …

渋谷駅・地下迷宮の責任者は誰? 東急電鉄を直撃取材!:日経ビジネスオンライン

進化しつづける街、渋谷。新名所・ヒカリエがオープンし、東京メトロ副都心線が今年3月16日に、東急東横線との直通運転を開始した。より便利に、より楽しく、より豊かに――。だが、“防災の鬼”渡辺実氏は、多数の路線が絡みあい、複雑化していく“迷宮”渋谷駅に不安を感じていた。毎日膨大な数の人が行きかうこの場所は、ひとたび巨大地震などの災害に見舞われたら、どうなってしまうのか? 今回は渋谷地区の開発を主導してきた、東急グループのなかでも、渋谷駅の運営に深くかかわる東京急行電鉄を直撃した!<p>取材開始まであと4分。ライター水原は焦っていた。別の取材現場から渋谷駅に移動してきて、はや7分が経過しているが、まだ待ち …

古新聞をバッグに変えて世界に売り込め!:日経ビジネスオンライン

世界で評価されている日本の技術や製品は枚挙に暇がないが、その中でもこの商品は一風変わっている。それは、四万十川流域で生まれた「しまんと新聞ばっぐ」だ。古新聞を折って糊付けしただけのバッグだが、デザイン的な面白さはもちろんのこと、日本人の美意識である「もったいない」と「折り紙の手わざ」を象徴したものとして、国内外で高い評価を受けている。<p>当初は四万十流域の道の駅、「四万十とおわ」のレジ袋として販売されていたが、レシピ(作り方)付きバッグを発売したり、インストラクター養成講座を始めたり、全国公募による新聞バッグコンクールを開催したり、被災地の仕事づくりで活用されたり…と、その活動は大きく広がっている …

インドカレーが呼び起こす“青春の光と影”:日経ビジネスオンライン

新橋にある、インドカレーが名物の某立ちそば店。インドカレーが大好きなイトウ、いつにも増して、張り切って、Y氏との待ち合わせ20分前に現場到着。<p>気持ちを高めて実食に臨むべく、じっくり本日の一食を定めんと、貼り出されたメニューの前に立つ。そして、大変な事実を知ったのです。なんと、お目当てのカレーが売り切れ中!<p>しかし、ここで立ち止まっていてはなりません。気持ちを切り替えて、Y氏がいらっしゃる前に、潜入先を変更するのかどうするか、今直ぐ決断を下さねば。なにしろ今日のイトウは、完全にカレー気分であります。それも、インドカレーでなくてはならない!<p>幸いにも、もう一軒、気になって仕方ないお店がありました。ここ …

火山灰や溶岩襲来、そのとき富士山麓企業は:日経ビジネスオンライン

駿河湾から四国の南にかけて伸びる「南海トラフ」。ほぼ100~200年毎に巨大地震を引き起こしてきた。南海トラフ巨大地震は、遠くない日に再び発生すると予測されている。これに富士山噴火が加わったらどうなるのか。富士山麓にある自動車部品メーカーが、そんな最悪の事態を想定した訓練を実施した。<p>それは、静岡県富士市に本社を持つ変速機メーカーのジヤトコだ。無段変速機(CVT)と呼ばれる部品の世界最大手。日産自動車、三菱自動車、スズキなどの国内メーカーをはじめ、仏ルノー、米ゼネラル・モーターズなどに供給している。東日本大震災やタイの大洪水で、世界中のメーカーの生産が滞ることになったのは記憶に新しい。もしも、同 …

「リポD」があったから「レッドブル」ができた!:日経ビジネスオンライン

F1で今、最も強いチームである「レッドブル」。そのオーナーは、世界で年間52億本も販売する飲料ブランドだ。日本のコンビニでも売られ、知名度も高いが、その経営の実態は謎に包まれている。<p>秘密主義のレッドブルの実態に迫る書籍『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』をもとに、オーストリア発飲料の先進的なマーケティングについて見ていこう。<p>つい先日の2013年10月13日、F1日本グランプリ決勝が行われた。鈴鹿サーキットで日本のファンを前に優勝を飾ったのは、ドイツ人ドライバーのセバスチャン・ベッテル。レッドブル・レーシング所属の26歳だ。2位になったマーク・ウェバーも同じレッドブルのチームメイトであ …

2人しか利用できないSNS:日経ビジネスオンライン

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といえば世界で11億人以上の利用者を抱えるフェイスブック。コミュニケーションツールの「LINE」も急激に利用者を伸ばし、現在では世界中に2億3000万人以上の利用者がいる。コミュニケーションツールで往々にして注目を集めるのはその「規模」だが、関係性の「深度」に焦点を当てた新たなコミュニケーションツールもある。代表的なものがカップルに限定して利用するSNSだ。<br>先駆者である「Between」は韓国VCNCによって生み出された。その後、米国では「Couple(旧Pair)」、日本でも「Pairy」が登場するなど、カップル専用アプリは独自の市場 …

Language Facts Around The World

Yes, we all know there are languages aplenty across the globe, but did you know that roughly 1/4 of the world's population knows a bit of English... and that 12.44% of the world's population speaks Mandarin as a first language?<p>Before you head out on your next adventure overseas, check out the below …

Amtrak Gets Ready to Replace 70-Year-Old Trains with 130 New Cars

An upstate New York plant is putting the finishing touches on new long-distance rail cars for Amtrak.<p>The cars are being built at CAF USA’s …