Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

元画家、山を愛する霊覚者です。果てしない山へのアタック及び高負荷の作品描画によって霊性発現となりました。イエス様の怒涛の連続顕現に浴させて頂き、イエス様のご意志に従い霊的知識普及の使命遂行中です。イエス様ハンドリング(霊の導きに従う)により強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は死刑になり「人類の恥」となります(祈)†

Expand

Magazines

Expand

Flips

  • 精霊界およびその上あたりの界を支配する法則には私に理解し難いものがまだまだ数多く存在する。中には理解し得るものもあるにはあるが、こんどはそれを言語で伝えることが至難のわざである。が少しばかり伝えることができるものがある。それ以上のことは貴殿自身こちらへ来てから、向上の道を歩みつつ学んで行ってもらうことになろう。

    その1つは、一旦ある植物群の発達の計画を立てた以上は、その主要構成分子と本質的成分はあくまでも自然な発達のコースを辿らねばならないということである。群生する劣位種の影響もその不変の原則内に抑えなくてはならない。

    たとえばカシの木が計画されると、あくまでもカシの木としての発達を遂げさせなくてはならない。亜種が発生することはあっても、カシとしての本性を失ったものであってはならない – シダになったり海草になったりしてはならないということである。この原則はこれまで大体において貫かれている。

    もう1つの原則は、いかなる霊も他の部門の霊の働きに干渉し台無しにすることがあってはならないということである。足並みが揃わないことがあるかも知れない。現にしばしばそういうことがあるのであるが、なるべく一時的変異の範囲に留めるよう努力し、他種の発達を完全に無視することになってはならない。それは絶滅を意味することになるからである。

    故に、同じ科の2つの植物を交配すると、雑種または混成種、あるいは変異種が出来るであろう。が別の科の植物と交配しようとしても成功しない。が、いずれにしても絶滅という結果にはならない。

    また樹木に寄生植物がからみつくことがある。が、樹木はそれに抵抗し、そこに闘争が始まる。大抵の場合、樹木の方が傷(いた)められ敗北を喫する。が、簡単に敗けてはいない。

    延々と闘いが続き、時には樹木の方が勝つこともある。が霊界において寄生植物の概念を発想し、そして実施した霊が大局においては競り勝っていることが認められる。

    こうして植物の世界においても闘争が続けられているわけであるが、これをベールのこちら側から観察していると実に興味ぶかいものがある。

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    flipped into Akito_Takizawa
    【2/22】霊界通信 ベールの彼方の生活 2巻 「天界の高地」篇 4 統一性と多様性 | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    【2/22】霊界通信 ベールの彼方の生活 2巻 「天界の高地」篇 4 統一性と多様性 | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    たとえばカシの木が計画されると、あくまでもカシの木としての発達を遂げさせなくてはならない。亜種が発生することはあっても、カシとしての本性を失ったものであってはならない – …

  • まず入手するつもりではなかったのですが試しに見るだけ見てみようという事でこちらの書籍を入手しました。スキャンするかどうかはまだ考え中。訳者の訳文を見てテキスト化するかどうかを判断します。んー、しないかも。

    そしてクロッキーにメモしませんでしたので霊団に何と言われたかもう忘れてしまいましたが、絶望的にムカつく事を言われた事だけは覚えています。で、僕をそういうヒドイ状態にするのは(反逆の度合いが尋常ではありませんので)仕方ないとしても「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁を全く滅ぼそうともしない、物質界の邪悪を完全に放置しているあんたたちの仕事って一体何なんですか、と言いたいです。
    自分の人生を破壊されても使命遂行を続けている人間にはヒドイ仕打ちをするが、奴隷の女の子を四肢切断、強姦殺人して遊んでいる人間には手を出そうともしない。コイツァーよくできた話だ。納得できる。そんなに強姦殺人魔を守り通したいのか。だったら帰幽後の強姦殺人魔どもを上層界にご招待してみてはいかがですかと言いたいです。

    最低最悪の11年をやらされた。しかもまだ続行させられる、一向に状況改善しない、問題解決しない、あげくの果てに僕が悪いみたいな空気感にさせられる。心から尊敬申し上げますよ。大したもんだよ。奴隷の女の子を完全に見殺しにしている奴らが、一体どの口でそういうセリフを吐くというのか。その時の顔を見てみたいもんだよ。
    さぁ僕は僕レベルで今できる事を全力でやりましょう。復刊の道のりは恐ろしく険しいですが僕という霊媒が機能しない以上やるしかありません。「ベールの彼方の生活4巻」の書籍データ作成「私の霊界紀行」「シルバーバーチのスピリチュアルメッセージ」OCR変換テキスト見直しを続行させます。

    どれだけ努力しても最悪が待ち受けているというのか、努力のし甲斐がある、モチベーションが上がる、地獄に向かって努力を続けてみましょう。僕は間違った事はしていない。間違っているのはお前らの方だ。まだ書きたい事がありますが一旦止めます。作業続行中(祈)†

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    ムカつく事を言われてクロッキーにメモしませんでした。僕の未来は最悪という事です(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    ムカつく事を言われてクロッキーにメモしませんでした。僕の未来は最悪という事です(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    まず入手するつもりではなかったのですが試しに見るだけ見てみようという事でこちらの書籍を入手しました。スキャンす…

  • ↑このようにまたしても「あて所に尋ねあたりません」として手紙が未開封で送り返されてきています、これで一体何通目が送り返されてきたというのか。もうこれ以上手紙を送付する住所を調べる方法はないモノと予測されます。いよいよ究極にシチメンドクサイ「オーファン」をやらないといけなくなりそうです。まぁ復刊を実現させる方法がそれしかないのであればやりますよ。

    誰も僕のブログなど読んでいないと思いますが、先ほどUPしたブログにもありますように霊団に対して究極にムカついている事が災いして、先ほどムシャクシャして思わず超久々にお酒を買ってきて飲んでしまいました。今チョト具合が悪いです。もう頭にきて頭にきてどうしようもなかったんですよ。

    あともうひとつ、今シーズンはスノーシューをあきらめざるを得ない状態にさせられ、泣く泣く低山アタック敢行中ですが、これでは満足いく撮影ができません。やはり標高を上げなければならないと改めて感じています。山のアタック手法をもう一度見直しています。

    皆さまご存じの日本一有名な山、僕は山に行き始めた初期の頃に少しだけこの山に行っていましたが、それきり実は行っていないのです。この山にもう一度行く事を考え始めています、できれば厳冬期に。スノーシューアタックの代わりに日本でもっとも厳しいところに登るという意味です。

    この山は冬に登るとシャレじゃなく本気で死にます。まぁそれでイイんじゃないでしょうかという事で来シーズン、ひょっとしたらスノーシューの代わりにアタックしてしまうかも知れません。トリカブトちゃん作戦をやる前にそちらで低温で帰幽という事になるかも知れませんが、それならそれでイイと思います。

    どうしてもこのまま閉じ込められるのが許せない、どういうカタチであれ脱出するつもりでいるのです。ふぅぅ、お酒飲んだのは失敗でしたが復刊の作業を続行しましょう(祈)†

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    復刊に向けた7通目の手紙も案の定送り返されてきました。いよいよ手段が限られます(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    復刊に向けた7通目の手紙も案の定送り返されてきました。いよいよ手段が限られます(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    ↑このようにまたしても「あて所に尋ねあたりません」として手紙が未開封で送り返されてきています、これで一体何通目…

  • しかし守護霊様は僕の霊性発現前、僕に過剰な試練を与えるという事はしていないと思います。僕が付与された才能(絵の能力)をフルに発揮させて人生を生きさせようとしていた(Dreamwork、画家の人生)僕はそのように理解しています。少なくとも僕が「イジメられている」と感じるような理不尽な状態にさせられた事は、守護霊様の管轄内で生活していた霊性発現前は全くありませんでした。
    もし僕に罪障消滅しなければならない大きな過ちがあったなら、霊性発現前に守護霊様がその仕事をやっていたはずです。しかし霊性発現後、守護霊様が僕の守護の任から一時的に外れて「100の光の霊団」の管轄に切り替わってから一気に僕の人生がおかしな事になった。

    まぁ全く過ちを犯さない人間など存在しませんから僕も多少は罪障消滅しなければならないモノを背負ってこの物質界人生を送っていたものと思われますが、守護霊様の導きの様子を思い出すと、僕はそれほど大きな過ちは背負っていなかったのではないかと予測します。
    もし罪障消滅させるべき大きな過ちがあったら守護霊様はその罪障消滅の達成に向けて僕を導いていたはず、しかしそういう事はほぼ無かったと記憶しています。ですので僕が現在、霊団の手によって最低最悪の状況に閉じ込められているのは罪障消滅のためではなく別の理由だと予測するのです。

    その別の理由として真っ先に思いつくのが「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁の滅亡および奴隷の女の子の救出のための試練、という事ですが、霊団はこのふたつはもう全くやる気ゼロの態度を幾度となく明確に示しています。(本当に信じられない許されざる態度ですが)
    強姦殺人魔の脅しに屈せず真正面から闘う意志の強さを育成するための試練だった、と思いたいところなのですが、使命遂行開始初期の頃は確かにそういう空気感で仕事が進行していましたが、現在はもう、そうではありませんので、霊団が何が何でも僕を最悪の中に閉じ込める理由は別にあるという事になりそうです。

    で、次に考えられる理由が「僕という霊媒を使用して新規の霊言を降らせるにあたり、霊言のクオリティを極限まで高めるために霊媒(僕)に試練を与え続けている」というものですが、これもおかしな話となります。
    サークルメンバー候補の人間など全くいないところに延々僕を閉じ込める、しかも僕の「自動書記の嘆願の祈り」も聞き入れようとしない、新規の霊言を何が何でも物質界にもたらそうという強い目的意識があるなら霊言だろうが自動書記だろうが手段を選ばずやればいいだろ、と僕は思うのですが霊団はそうしようとしない。

    じゃあ一体何のために僕に異常とも思える試練を課し続けているんだ、おかしい、という事になるのです。で、あとひとつ思いつく理由は「僕を霊的に向上させるために試練を与え続けている」という事になるのですが、イヤー、これはちょっと違うんじゃないかと思うのですが、んー、目的が個人的すぎるのでおかしいと思うのです。
    つまり僕の霊格を高められるだけ高めておいて、帰幽後に霊界でさらにこき使うのが目的とか、そういう事かも知れません。つまり霊界側の目的は物質界の邪悪を消滅させる事でもなければ新規の霊言を降らせる事でもなくて、帰幽後に僕を「霊界側の仕事をやらせる道具」としてこき使うため…という事なのかも知れません。

    しかし僕の心が完全に霊団に対する怒り憎しみに包まれてしまっていて(絶対ムリと分かっていますが)地球圏を離れたいと切望するほどになっています。つまり僕は帰幽後に地球圏の仕事をやるのに適さない人間になってしまったという事になり、それで霊団がしょっちゅう「ゴメンね」とか「残念だ」とか言ってくるのではないか、という予測もあったりなかったり。
    ただ、仮にこの最後の予測が正解だったとしても、僕をそうさせたのは他でもないあんたたちだろ。守護霊様の管轄内で生活していた時は僕は現在のような精神状態には全くならなかった。

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    「なぜ地獄行きを命じたか」現在閉じ込められている状況がやはり地獄なのだそうです(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    「なぜ地獄行きを命じたか」現在閉じ込められている状況がやはり地獄なのだそうです(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    絶対に説明しきれない、テキスト撃ち切れない量のインスピレーションが降っています。半分くらい削除しましたがどれも…

  • いつまでこの不愉快極まるテキストを撃ち続けねばならないのか。僕が不愉快なのはともかくとしてもお読みになる方々まで不愉快になるのは大問題だろ。

    「宇宙一のバカ」大量強姦殺人魔、明仁、文仁、徳仁、悠仁は全く滅亡させようとしない。奴隷の女の子は完全に見殺しにするつもり。僕という霊媒から新規の霊言を降らせる事も全くやろうとしない。あんたたちは一体何がしたくて生きてるんだよ。

    ヒドイ、ヒドすぎるこの人生、死んでも認める訳にはいかない、最後の最後まで反逆し続けるぞ。まずはテキストを撃ち切りましょう。やるべき作業は死んでも終わらないほどたくさんあります。間もなくプロセス実行。間もなくプロセス実行(祈)†

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    長文ブログ80%完成中ですが撃つ内容は不愉快の究極形。もうこの人生ヤダいい加減にしてくれ(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    長文ブログ80%完成中ですが撃つ内容は不愉快の究極形。もうこの人生ヤダいい加減にしてくれ(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    いつまでこの不愉快極まるテキストを撃ち続けねばならないのか。僕が不愉快なのはともかくとしてもお読みになる方々まで不愉快になるのは大問題だろ。 …

  • まずは昨日のアタック時の撮影画像をUPですが、またしても絶対に書き切れる訳がない量のインスピレーションを降らせてきました。これはただ単にイヤガラセだと言って間違いないでしょう。内容的にも僕に対する脅しと受け取れるものが含まれているからです。

    半分以上のインスピレーションを削除してテキスト撃ち始める事になります、死んでも撃ち切れないからです。もぉぉやだ、この人生ヤダ、ケリをつけたい、いつまでもこんな状態に閉じ込められてたまるか。死んでも脱出してみせるぞ。とにかくテキスト撃ち始めましょう。この人生、絶対認めない、最後の1秒まで反逆し続ける(祈)†

    Avatar - 山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†
    気付いてみればまたしても絶対書き切れないインスピレーション量、削除します(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    気付いてみればまたしても絶対書き切れないインスピレーション量、削除します(祈)† | 「皇族は強姦殺人魔」山を愛する霊覚者・たきざわ彰人です(祈)†

    まずは昨日のアタック時の撮影画像をUPですが、またしても絶対に書き切れる訳がない量のインスピレーションを降らせ…