akirakeenkissme

21 Added | 3 Magazines | @akirakeenkissme | Keep up with akirakeenkissme on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “akirakeenkissme”

先送り癖や惰性的な習慣を克服するための8つの言葉

Twitter / Account Suspended

Add this Tweet to your website by copying the code below. Learn more<p>Add this video to your website by copying the code below. Learn more<p>Hmm, there …

B'z / ZERO

クエン酸スプレーで楽しく掃除!お風呂のドアパッキンのカビをとる方法

2013年06月30日作成しました/2017年11月09日更新しました<p>お風呂のドアパッキンは油断をするとすぐに、汚れが溜まりカビが生えやすい場所です。安全な洗剤を使って、ナチュラルクリーニングしましょう。<p><b>お風呂のカビ対策がもっと知りたい方はこちら!</b> …

人見知り解消!あまり親しくない人との会話術

2013年03月04日作成しました/2017年03月13日更新しました<p>人見知りが通用するのは学生まで!<p>「人見知りがひどくて、仲良くなるまではうまく話せないの…」なんてことを言って、「じゃあ会話が弾まないのも仕方ないね」。なんて許してもらえるのは学生までです。<p>社会人になれば、上司や先輩など会社の中での …

有給を取れない人の考え方、取れる人の考え方

「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

社会人になって何気なく使っている言葉が実は間違いだったかも?というヒヤッとした経験はあるものです。そんなときにはすぐに正しかったのかどうかを確認しましょう。失敗を重ねていくうちにそれが自分の知識になってきます。言葉使いは普段から気をつけていないといざというときにうまく使えずドキドキしていまいますね。 …

データを活用するには仮説を立てるべき:3つのメリットと2つの注意点

データを活用するには仮説を立てるべき:3つのメリットと2つの注意点<p>2013.05.27<p>カテゴリー:<br>• JOB/BUSINESS<br>• LIFESTYLE<br>• HEALTH<br>• KNOWLEDGE<p>タグ:<br>• 仕事術<br>• 生産性向上<br>• 趣味<br>• 健康<br>• 書評

ギリギリまで何もやらない癖を直したいほか〜木曜のライフハック記事まとめ

5月も明日で終わりです。気づいたら梅雨にはいりましたね。じめじめした毎日が続くと思いますが、乗り切りましょう。<p>新生活がはじまって早2ヶ月が経ちました。学校に会社に、そろそろ慣れてきて気が緩みがちではないでしょうか。ギリギリ遅刻寸前に出社ということもあるかもしれませんね。『<b>ギリギリまで何もやらない癖を</b> …

現役フォトグラファーが綴る、ストリートフォトグラフィーから学んだ5つの人生訓

Excelハック:コメント機能を使わないでセル内に直接メッセージを残す方法

Excelのコメント機能は他のユーザと表計算を共有するときなどにとても便利です。しかし、わざわざコメント機能を使わなくても、<b>セル内に直接メッセージを残すことも可能</b>だそうです。テック系サイト「How-To-Geek」が<b>N関数を使ってセル内に直接コメントを残す方法</b>を紹介していました。使い方は簡単。セル内 …

OKラインメソッド:「周囲の評価を逆転させる」ためのタフな心の作り方

こんにちは。メンタルトレーナーの森川陽太郎です。<p>自分では頑張っているつもりでも結果がついてこない。周りにいつも遅れを取っている。そんな状況を何とかしたいと思うなら、まずあなたが身につけるべきは「タフな心」です。今回は、「プロになれない」と周りから言われていたダンサーが、今や世界を相手に活躍するまでに …

新聞紙で作れる不思議工作

人物写真の撮影のコツ〜トリミングしていい場所・悪い場所:図解

「君は間違っている」と言われた時の優れた反論・対処法

誰かと会話(あるいは議論)をしている時に、自分では正しいと思っている点を「間違っている」と指摘されたことはありませんか? …