ロボット

By エースアートアカデミー | エースアートアカデミー created a magazine on Flipboard. “ロボット on Flipboard” is available with thousands of other magazines and all the news you care about. Download Flipboard for free and search for “エースアートアカデミー”.

これは力作。80,000個のレゴブロックを使って作った、大きなショベルカーが凄い

レゴブロック80,000個を使って製作された、リンクベルト社製のレゴ・ショベルカー。<br>操縦席に猫が乗れちゃうくらいには大きくて、細部のクオリティも相当な高さ。<br>無限軌道も、アーム部分も、ホントに動き出しそうで凄いね。<br>【関連】<b><br>人間を丸呑みにできちゃう大きさ!レゴ製巨大パックマンができるまでの早回し映像</b><b><br>20</b> …

ダチョウみたいな逆関節が可愛い、足だけの二足歩行ロボット「キャシー」

アジリティ・ロボティクス(<b>Agility</b> …

体の動きに合わせて稼働する外骨格システム「スケルトニクス」がカッコイイ!! | コモンポスト

以前、装着するだけで動作を拡大してくれるアームスーツ「Skeletonics(スケルトニクス)」をご紹介しましたが、ついにスケルトニクスが完成したようです。体の動きに合わせて動く外骨格スーツをご覧ください。<p>Sponsored …

吉野家が食器洗浄作業の工数78%削減のために導入したロボット「CORO」の仕事ぶりが微妙すぎる!!

投稿日: 2017年3月30日 …

攻殻機動隊タチコマがあのままの声、動き、学習能力で登場するよ!

『<b>攻殻機動隊 STAND ALONE …

優秀なスパイ鳥はゾウの大群にも身じろぎしない…ロボットだから

じつはこの鳥、本物じゃないんです。<p>びっくりするほど本物そっくりに作られた<b>スパイロボット</b>、<b>アマサギ</b>くんです。英語では「cattle egret=家畜サギ」という名のとおり、よくカバやサイなんかの背中に乗っかって、皮脂の汚れや寄生虫を食べてお掃除してくれる働き者。<p>彼がラングール猿、オランウータンに続く動物スパイシリーズ第三弾の主役です。<p>さらっとおさらい:BBC Oneの動物ドキュメンタリー番組『Spy in the …

AmazonのベゾスCEOが巨大なロボットに乗り込んでご満悦な様子を披露

世界最大のオンライン小売業Amazonのジェフ・ベゾスCEOが、巨大なロボットに乗ってご満悦な様子が公開されました。<p><b>Amazon CEO Jeff Bezos tests giant robot suit - Mar. 20, 2017</b></b> …

タイヤを傾けて車高を変化させる、NASAが開発したエクスプローラロボット PUFFER:小太郎ぶろぐ

障害物を乗り越えたい時は通常のタイヤモードで、障害物をくぐり抜けたい時はタイヤを傾けた低車高モードで走行する、NASA開発の小型エクスプローラロボット、PUFFER。<p>小型軽量で、重さもサイズも小さなスマートフォン程度。<p>この小型ロボットをより大きな親ロボットに積み込み、惑星探査時に多数展開しての調査を …

ファーストフード店の店員に取って代わる、ハンバーガーをひっくり返すAIロボット「Flippy」

ゼラチン製の食べられるロボットの研究―、患部に直接届く薬としての応用可能性も

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究者らは、この度ゼラチン製のアクチュエータに関する論文を発表した。このテクノロジーを応用すれば、将来食べられるロボットが誕生するかもしれない。食べられるロボットの開発というのは、一見奇妙な夢のように感じられる。実際に、アクチュエータの開発に関わっていたチームも、現段階ではこのテクノロジーの使い道を完全には見いだせないでいる。EPFLの知能システム研究室(Laboratory of Intelligent Systems)でディレクターを務めるDario …

頭蓋骨にドリルで穴を開けるこのロボットは、実は人間にとって朗報だ

意識がなく、動かない人体の頭蓋に穴を開けるロボットを発明したら、多くの人が、“うひゃー、それだけはやめてくれ!”、と思うだろう。でも大丈夫、ここでご紹介する開頭ロボットは、とても良くできている。関連記事 Teaching robots how to trust<br>(日本語) Google's AI translation tool seems to have invented its own secret internal language<br>(日本語) Scientists teach machines to hunt and kill humans — in Doom deathmatch …

300機のドローンをIntelが飛ばしてガガ・ショーの背景で大空に星条旗を描く

アメリカンフットボールリーグ「NFL」の優勝決定戦である「<b>スーパーボウル</b>」が2017年2月5日にテキサス州ヒューストンで開催されました。ハーフタイムショーにはレディー・ガガが登場して13分間のヒットメドレーを披露したのですが、その中でIntelが300機のドローンを自動で飛ばして大空にアメリカ国旗の …

臭い探知ロボット最前線、蛾パイロット。そう、蛾だよ

蛾、意外とアップで見るとかわいい。<p>ロボットと生物の融合は最近のテクノロジーのトレンドです。中には「コオロギが運転するレーシングカー」なんていうジョークおもちゃもありましたが、それを見て笑っていた私たちを笑うかのように東京大学先端科学技術研究センターが開発したのがこちら。<b>蛾が操縦する臭い探知ロボット</b>です。蛾です。『超時空要塞マクロス』で『私の彼はパイロット』という歌がありましたが、東京大学の手にかかると「<b>私の蛾はパイロット</b>」が実現しちゃうわけです。Science …

韓国が開発した巨大二足歩行ロボット「METHOD-1」がスゴすぎる!!パイロットが乗り込み操作!!

日米ロボットがしのぎを削る中、ついに韓国まで巨大ロボットを開発してしまいました。パイロットがコックピットに乗り込んで操作できる韓国が開発した巨大二足歩行ロボット「METHOD-1」をご覧ください。 この巨大二足歩行ロボッ … 続きを読む →Related …

レシピはなんと100種以上!洗い物もしてくれる、世界初のロボットシェフが2018年にリリース予定 : カラパイア

Skillを覚えさせることができる小型ロボット『HEXA』

これ、楽しそうですね…。HEXAは6本の足を持つ小型ロボットだ。しかもオープンソースでプログラマブル、という特徴がある。彼(?)に覚えさせたい動作をプログラミングしてあげて、Skill Store(App …