白井芳和

36 Added | 2 Magazines | 6 Likes | 1 Following | @Y_Shirai | Keep up with 白井芳和 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “白井芳和”

マクラーレン、ホンダのレッドブルへのエンジン供給拒否を説明

マクラーレンのロン・デニスは、エンジンパートナーであるホンダが2016年にレッドブルにパワーユニットを供給することを拒否するという決定について説明した。<p>ルノーは、予定よりも1年早く契約を解消することを望み、メルセデスとフェラーリに供給を求めたが拒否され、ホンダにアプローチした。<p>しかし、他チームへのエ …

2015年グッドウッドを楽しむ10の方法

2017 Ford F-150 Raptor SuperCrew

Posted in Rides and Trucks<p>Turning the F-150 Raptor into even more of a beast was no small feat but that’s what Ford has done for 2017. The new model …

透明マントの開発、格段に進化:戦闘機も隠せる可能性も|WIRED.jp

セントラルフロリダ大学の研究チームが、いわゆる「透明マント」の開発で革新的な成果を上げた。可視領域の光を、従来よりも広い面積にわたって制御するナノ構造体の作製に成功したのだ。<p>透明化技術はこれまで、マイクロ波などのごく限られた波長域でのみ可能だった(なお、現実の透明化技術は、周囲の光を曲げることで物体 …

3Dプリントで製造する未来のクルマ「Genesis」|WIRED.jp

「クルマのUI」を考える時代へ:慶応大学脇田研究室のプロトタイプ「UNDA」|WIRED.jp

自動車メーカーも「UI」について考えるべきときが来ているようだ。<p>トヨタIT開発センターからの依頼を受けて、慶應義塾大学脇田研究室が開発した「UNDA」は、ドライヴァーが車内のシステムを自由にプログラムできる未来を提案する、車載用プロトタイプ・デヴァイスだ。環境情報学部准教授の脇田玲は、WIREDに次 …

【試乗記】「まさに10年に一度のクルマ」 ポルシェ「918スパイダー」に乗る(ビデオ付)

「テストドライバーが先導する911ターボSを追い抜かないように」<p>こんな注意を受けた15分後、筆者はポルシェ「918スパイダー」に試乗するため、運転席に乗り込んでシートベルトを締めながら、なぜそんなことを言うのだろうと訝しんでいた。<p>ポルシェが生み出した最新鋭のスーパーカーである918スパイダーは、ガソリン・エンジンとモーターを合わせた最高出力が887hpを誇る2人乗りのハイブリッドカー。技術の粋を集めて開発されたクルマであり、これまでポルシェが製作した中で最も高度なマシンであるだけでなく、史上最速の公道用市販車であるということはざっと見ただけでも理解できた。<p>しかし私は単なるアマチュア・ドライバー …

【ビデオ】マクラーレン「P1」がニュルで7分の壁を突破したときの正式映像が公開!

以前マクラーレン「P1」がドイツのニュルブルクリンク北コースでラップタイム7分を切ったという噂をご紹介したが、今回はマクラーレン・オートモーティブがこれを認める正式な声明とビデオを発表したのでお伝えしよう。<p>同社はまだ正確なタイムを公表していないが、ポルシェ「918スパイダー」が持つ市販車最速記録6分57秒を破った可能性もあるという。特筆すべきは、今回のP1がレーストラック用ではなく市販のタイヤを履いて今回のタイムを叩き出したことだ。しかも、イギリスからドイツまで390マイル(約628キロ)の道のりを実際に走ってきた後の快挙だ(マクラーレンはP1を敢えてトレーラーで運ばなかったらしい)。ビデオを …

アウディ デザインの最前線 前篇|Audi

2027年開業予定:「リニア新幹線」の現状と課題|WIRED.jp

日本のJR東海は8月29日、リニア中央新幹線の新型車両「L0系」の試験走行を行い、最高時速は約500kmに達した。摩擦がなく安定性が高い磁気浮上式技術を採用しているこの車両は、いまのところまだ、全長約43kmの実験線で走行試験が実施されている段階であり、完成は10年以上先になる。しかし、速度・計画さ …

CLOSE

【インタビュー】USダブステップ界でトップセールスを誇るレーベルのREIMXコンテストで優勝した日本人、ジャパニーズ"Skrillexこと"JaQwa"に迫る。

[JaQwa]【インタビュー】USダブステップ界でトップセールスを誇るレーベルのREIMXコンテストで優勝した日本人、ジャパニーズ"Skrillexこと"JaQwa"に迫る。<p>日本のBASSミュージックシーンでは、頭一つ抜きでた存在のJaQwaは、USダブステップレーベルの中でもトップセールスを誇る、 …

日本車メーカー大研究

日本にはおもに8つの乗用車メーカーが存在している。トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツだ。ご存知のように彼らは日本経済の屋台骨を支える一方、グローバル企業として世界各地の市場でその存在感を高め続けている。果たして日本車メーカーはこの先どこへ向かっていくのだろうか。本誌10周年 …

イタルデザイン・ジウジアーロ・パルクール4×4

■どんなクルマ?<p>ファブリジオ・ジウジアーロによれば、イタルデザイン・ジウジアーロ・パルクール4×4は究極のスーパーカーの姿ではないという。事実、スーパーカーの理想的な究極の姿は4WDであるということについては、私も否定的な意見を持っている。特に、このパルクールをドライブする機会に恵まれた2日前まで、 …

facebook

高速インターチェンジを空撮した、幾何学的アート:ギャラリー|WIRED.jp

多くの人々にとって、高速道路のインターチェンジは単なる交通システムに過ぎない。しかし写真家のピーター・アンドリューにとって、それはアートだ。<p>アンドリュー氏は数年にわたって北米各地のインターチェンジを回りながら、その複雑さや魅力を空撮してきた。<p>「(インターチェンジが)本当にクリエイティヴで美しい工学的 …

facebook

6代目BMW 7シリーズはアルミ+カーボン製

BMWの開発ボス、ハーバード・ディエスが、その7シリーズの歴史の中で最も先進のクルマになるという第6世代の7シリーズで、BMWは最近公開されたメルセデス・ベンツSクラスに対抗する。この第6世代の7シリーズは、2015年後半に発売が予定されており、その年のフランクフルト・モーターショーで一般公開される …

ホンダのTVCM「面白いから、やる(突き­進む)」が良い。エレクトロニクスはコピーされやすいが、マシーンは摺り合わせ技術などで日本の自動車会社は競争力を維持。

日本の電機メーカーは散々ですが、トヨタを始め日本の自動車メーカーは頑張っている。エレクトロニクスはコピーしやすいが、マシーンは摺り合わせ技術などの経験の積み重ねや、莫大な設備投資などが障壁になっているのか競争力を維持している。その自動車業界でもイノベーターとして自動車やバイクだけでなく芝刈り機や発電 …

ベリーズに死す:IT業界の狂犬ジョン・マカフィーと頽廃の王国|WIRED.jp

<b>空砲を撃つような現実</b><p>問題になっている殺人事件の12週間前、ジョン・マカフィーは、スミス&ウェッソン製のリヴォルヴァーのシリンダーを開くと、わたしと彼を隔てるテーブルにバラバラと弾を落としてみせた。弾のうちいくつかは床に落ちた。マカフィーは66歳。やせ形だが筋肉質で、ひじから手首にかけて血管が浮き出て …

【ビデオ】レクサスが生産完了したスーパーカー「LFA」にトリビュート!

レクサスは、昨年末に限定500台の生産を終えたスーパーカー「LFA」に"トリビュート"するビデオを制作。YouTubeの公式チャンネルで公開した。<p>2010年に生産が開始されたレクサス …

外観もパワーも魅力増! フェラーリ「F12ベルリネッタ」をチューンした「スタローン」

フェラーリ「F12ベルリネッタ」をベースにドイツのチューニングメーカー、マンソリーが手がけた「スタローン」をご紹介しよう。スタローンはもともと「599GTBフィオラノ」(日本名:599)をベースとしたモデルだったが、今年3月に開催されたジュネーブモーターショーで、F12ベルリネッタベースのものが初披露されていた。<p>このモデルには599GTBフィオラノベースのスタローンと同様に大胆なチューニングが施されている。ECUを書き換え、ステンレスマフラーを装着するなどエキゾーストシステムを変更。6.0リッターV12エンジンの最高出力は740hpから775hp、最大トルクは70.4kgmから74.0kgmに …

BMWピニンファリーナ・グランルッソ・クーペ

このBMWピニンファリーナ・グランルッソ・クーペは、新しい8シリーズをインスピレーションしたモデルだ。この週末、イタリアのコモ湖畔で行われるヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスで発表されるピニンファリーナ・グランルッソ・クーペは、その名前からも分かる通り、イタリアのデザイン・ハウス、ピニンファリー …

facebook

Твіти з відповідями від Tomoya Kumekawa (@sunnyKMKW) | Твіттер

Додайте цей твіт на свій веб-сайт, скопіювавши код, наведений нижче. Дізнатися більше<p>Додайте це відео на свій веб-сайт, скопіювавши код, наведений …

究極のライトウェイトスポーツ!ROCKET納車しました

ロータスやケータハムに詳しい方でも、このクルマはご存じないのではないでしょうか? イギリスで1990年代に約40台程が生産された、ロケットというスポーツカーです。<p>実車を見た事がない方でも、このクルマの出自は聞いた事があるかもしれません。F1デザイナーとして名高いゴードン・マーレーの作品だからです。<p>ブ …