T.y.

62 Added | 3 Magazines | 4 Likes | 1 Following | @Ty32 | Keep up with T.y. on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “T.y.”

【保存版】今さら聞けない「格安SIM」に乗り換える方法(準備・契約編)

快適がいい、なんて誰が決めた? 全米で大人気「人類史上最高のパーカー」の重み

「快適になるな」と銘打たれたパーカがある。あるメディアによれば「エルメスのバッグなみ」のウェイティングリストをつくったアパレルメーカー「American Giant」の“重すぎる”フーディだ。

『スター・ウォーズ』などシリーズ物のフィクションの時系列がわかる「All Timelines」

ファンタジー作家テリー・プラチェットの『ディスクワールド』は、30年以上続いたシリーズものですが、これから読む人はどこから読み始めればいいのかわかりません。しかしうれしいことに、あらゆるポップカルチャーのガイドである「All Timelines」というWebサービスが教えてくれます。All …

特集:「グローバル冒険野郎」に学べ!

2016.6<p>「リスクを冒す勇気のない者は人生で何も成し遂げられない」<p>6月3日にこの世を去った伝説のボクサー、モハメド・アリの言葉である。<br>失敗を恐れ、既存の枠組みから踏み出せずにいる限り、そこに未来はない。人生は何事も挑戦だ。<p>自殺願望から旅に出て、気がつけば世界最速で自転車世界一周を達成していた31歳 …

ヒラリー・クリントンの「勝利」と「公約」、ドナルド・トランプの暴言の意外な「効用」……イングリッシュ・ニュース・ブリーフ(2016_06_11)

<b>世界各国のメディアが報じた膨大なニュースから、週末にまとめて「読みどころ」をピックアップする「ニュース・ブリーフ」を「クーリエ・ジャポン」会員の皆様にお届けしています。毎週土曜日は「今週の英語ニュース」。山田敏弘氏より配信いたします。</b><p><b>ヒラリーとトランプ、ついに決戦へ</b><p>アカデミー賞で主演女優賞に19度ノ …

犯罪者に「お小遣い」を渡せば、銃を撃たなくなる!──銃犯罪防止に挑むリッチモンド市の実験が、全米に広がっていく

サンフランシスコ郊外のリッチモンド市に住むロニー・ホームズ(21)は、銃撃戦にかかわった車の助手席に乗っていたことと、装弾した銃を所持をしていたことで逮捕された。<p>しかし2015年に刑務所から釈放されたとき、彼は同市から月に1000ドル(約11万円)を受け取ることになった。<p>これは約10年前にはじまった …

100万人を虐殺した3万人が、もうすぐ社会に戻ってくる 死刑を廃止した国で「和解」は実現するのか?(上)

<b>犠牲者の数、80万人から100万人。1994年、人類史最大の虐殺行為のひとつが遂行されたルワンダ。だがいま、この国は死刑を廃止し、虐殺の実行者たちを刑務所から社会に復帰させようとしている。その数、およそ3万人――。</b><p><b>想像を絶する規模の「和解」は果たして可能なのか。だが、囚人たちに向き合うためにこの地を</b> …

【衝撃動画】恐怖! クマが車のドアを開ける事件が海外のサファリパークで発生!!

時として動物は、人の想像を凌駕する行動に出ることがある。人懐っこいように見えても、動物たちの奥底に眠っているのは野生。中には高い知能を兼ね備えた動物もいるため、サファリパークで事故が起きることも稀にある。<p>そしてつい先日、海外のサファリパークで<b>クマが車のドアを開けた</b>と話題になっている。とても信じられな …

マツダから新型クロスオーバーSUV「CX-4」が登場──中国専売はもったいない

マツダは新型クロスオーバーSUV、CX-4を4月に開催した北京モーターショー2016でワールドプレミアした。ただし、中国で生産を行うモデルとなるため、日本への導入は当面ない模様。

タックスヘイブンの中心となっているイギリスこそが世界最悪の腐敗国家

全世界で報道された「<b>パナマ文書</b>」の公開により、タックスヘイブンという言葉が大きな注目を浴びました。そのタックスヘイブンの世界の中心がイギリスであり、イギリスこそが世界で最も腐敗した国家であるとイギリスの新聞・Independentが訴えています。<p><b>When a mafia expert tells</b> …

Vol.01 紛争後の南スーダンで兵士たちから学んだ「答えのない状況に耐える力」|大仲千華 「答えを求めない勇気」

「2度目のデートをしたい相手」を人はどう選ぶのか|アリエリー教授が教える「デートと恋愛の必勝法」

<b>出会い系サービスで良い相手を見つけることはできるのか。パートナーを探す人は異性のどこを最も気にするのか。『予想通りに不合理』『ずる』などのベストセラーで知られる心理学者で行動経済学者のダン・アリエリー教授が、グーグルの社内講演プログラム「Talks at</b> …

大統領のすべての外交演説を書く男、ベン・ローズ──文学青年はいかにしてオバマ側近のトップにのぼりつめたのか

<b>イランとの核合意、キューバとの国交回復、シリア介入の撤回など、オバマ外交を代表する重要な決断において、大統領の発言をすべて「執筆」した男がいる。38歳の大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)にしてスピーチライター、ベン・ローズだ。<br>若くしてオバマの側近中の側近となった彼の人生を追い、彼が残した「小説」</b> …

ハイエナはマブダチ。ライオンとかヒョウとも遊ぶよ。みなしごだったカワウソが、今ではプレデター軍団の一員きどり。 : カラパイア

カラパイアの助っ人たちR, konohazuku, hiroching,<br>riki7119, melondeau, mallika, <br>クマ姉さん, USAGI,<br>いぶりがっこ, どくきのこ,<br>kokarimushi, K.Y.K.

クリエイティブな人が実践している、仕事を進めるための10の儀式

<i>99U</i>:ベンジャミン・フランクリンは、一日の終わりに「今日やった良いことは何か?」を毎晩自分に確認していました。アメリカの著名な詩人、マヤ・アンジェロウは、小さなホテルの部屋でだけ文章を書くと決めていました。ジャック・ケルアックは、書く前は必ず地面に9回触っていました。<p><b>常にクリエイティブでいられるの</b> …

進路に迷う若者へ:チェックボックスライフから抜け出して自分の翼を見つけよう

99U:心理学者たちはいま、「成人期」の開始時期の定義を25歳に延期しようと真剣に考えているそうです。その理由は、若者が成人期というチェックボックスにチェックを入れ始めるまでには、ある程度の時間がかかるから。私もこれには賛成です。<p>チェックボックスライフという弊害<p>若者がロジカルな考えも持たずに職を転々 …

太陽光を吸収し、夜に美しく光る歩道:発光する表面塗装材「Starpath」で実現|WIRED.jp

英国サリー州を拠点とするPro-Teq社は、光る表面塗装材「Starpath」を開発した。光熱費と二酸化炭素排出量を削減するだけではなく、見た目も素晴らしい技術だ。<p>同社が開発した新しいタイプの塗装材は、日中に太陽の紫外線を吸収し、夜にエネルギーを放出する。これで微細粒子が発光し、道が明るく照らされる …

意図的な練習をしているか?「一流になるための2つの条件」をモーツァルトとコービーから学ぶ

パイロット(とそれにあこがれる人)向けのGPS腕時計|WIRED.jp

米国のGPS機器メーカーGarmin(ガーミン)社が、新しい腕時計「D2」を発売した。パイロット(とそれにあこがれる人)向けのGPS腕時計だ。<p>パイロット専用の大きな多目的腕時計という古くからの伝統を受け継ぎつつ、GPS時代に対応している。同社の陸上用のGPS腕時計(高度計、気圧計、コンパス付き)と似 …

独裁国家、その真の姿とは

北朝鮮、無防備な瞬間<p>写真=David Guttenfelder <br>詳しくはこちら<p>独裁と暴力の国、ジンバブエ<p>写真=Robin Hammond <br>詳しくはこちら<p>ミャンマー 闇と光の行方<p>写真=Chien-Chi Chang <br>詳しくはこちら<p>民主化を目指すエジプト<p>写真= Alex Majoli …

古いiPhone:6つの賢い活用方法|WIRED.jp

あなたの新しい「iPhone」は高速でカラフルで新機能が満載かもしれない。けれどもだからといって、古くなったiPhoneを引き出しの奥に放り込む必要はない。2年前のiPhoneは――実のところ、どんなスマートフォンであっても――、今後何年も利用可能な強力なデヴァイスなのだ。賢い活用法をまとめてみた。<p>…

起業家に学ぶ「思い立ったらすぐ行動する」べき13の理由

スモールビジネスを成功させるための10の項目

『<b>何があっても一家4人を食わせていくだけのお金を稼ぎたいならスモールビジネスをやるしかない</b>』(中村裕昭著、こう書房)は、リストラ2回、廃業1回という経験をしながらも再度起業して成功し、他にも3つの事業を立ち上げて時間とお金の呪縛から解放されたという著者による書籍。興味深いのは、これが「大きな夢や希望 …

使い道は完全に"お任せ"グーグルも注目する新しい「寄付」のかたち()

「アジアの極上リゾートホテル トップ10」 http://goo.gl/GjMWxG 4位はカンボジアの「ソフィテル アンコール ポキットラー」です。アンコールワットの遺跡巡りに便利なホテル。コロニアル調の建物で、敷地内にはゴルフコースも。 (PHOTO: COURTESY OF HOTEL SOFITEL ANGKOR PHOKEETHRA)