Tatsuya

209 Flips | 4 Magazines | @Tatsuyafmm7 | Keep up with Tatsuya on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Tatsuya”

クラウド業界に広がる「AIファースト」旋風

facebook

ポケモンGOというモンスターゲームが世界中で熱狂を起こしたときGoogle内部では何が起きていたのか

世界中で社会現象を巻き起こしたモバイルゲーム「ポケモンGO」は、バックエンドにGoogleが運営しているクラウドコンピューティングの「<b>Google Cloud Platform</b>」を使用しています。そのGoogle Cloud …

facebook

配車アプリ『Uber』が日本でトレンドにならない理由

人気記事ランキング<p>記事カテゴリー<p>エンタメ<br>• グルメ<br>• 地域<br>• 人間関係<br>• 男女<br>• ライフ<br>• ホビー<br>• テクノロジー<br>• オトナ<br>• 話題<br>• 社会<br>• コラム<br>• スポーツ<br>• 診断<br>• 動画<br>• ビジネス<br>• PR<p>29<p>配車アプリ『Uber』の話題は、日本ではあまり聞かなくなった。平たく言えば、日本での業績が伸び悩んでいるのだ。そもそも一<p>しらべぇ | …

進む「スマートダスト」研究、小型化するセンサーが人類にもたらす影響の大きさ

<b></b>体内から監視する「ニューラルダスト」「スマートダスト」と聞くとなにやらSFのような感じを受けると思うが、これはSFではなく現実だ。カリフォルニア大学バークレー校の科学者たちは「ニューラルダスト」なるものを開発している。これは体内に仕込むことで内部の神経や筋肉、内臓をリアルタイムでモニターするものであ …

電力自由化 無風の結果 3つの問題改革半ば

ロボット再興 ソニーの本気と立ちはだかる壁

水の中にぽちゃんと落とすだけで殺菌可能な切手サイズの新型デバイスを開発

世界一安全といわれる日本の水道水ですが、これは塩素消毒で水中の細菌を殺すことでその安全性が保たれています。下水処理の設備が整っていない開発途上国などでは日本のように水の消毒を徹底することは不可能ですが、新たに開発された郵便切手サイズの小型デバイスならば、とても簡単に水を殺菌できるようになる可能性があ …

Nanotech

王子HDなど、バイオマス燃料の輸入拡大 国内で安定調達困難

再生エネ、消費量の25% 島根県内の15年度 バイオマス伸びる

ソニーの電子ペーパーリモコンをBluetooth対応にできるクレードル発売

UXデザインって何でこんなに注目されているの? その実情とは

2016年8月19日<br>TEXT:保坂 浩紀(LEOMO, …

わずか33センチの距離でも80インチ画面を投影!LGの最新小型プロジェクター「PH450U」は幅広く使えそう

ビッグデータはビッグトラブルか?、…その正しい方向性を見定めるべき時 | TechCrunch Japan

「Wifiのなる木」が登場!? 7月のIoTデバイスをRW編集部が勝手に判定

<b></b>ここのところ、毎日のように既存のデバイスと接続する新しいIoTデバイスが登場しているように思える。既存のデバイスも含め、あらゆるデバイスをコネクテッドなものにするのに多くのエネルギーが注がれているものの、それが「いつ、どこで、どのように、なぜそれをやるのか」という点については、あやふやなところもある …

海運最大手マースク、IoT導入で「石器時代」を生きる業界の進化に貢献できるか

<b></b>石器時代を生きる海運業界とIoTデンマークに本社をおく世界最大のコンテナ海運会社 Maersk …

Uber、今月末に自動運転車で営業開始―元Google社員らが設立したOttoのテクノロジーを利用 | TechCrunch Japan

ゲーム内の臭いをリアル体験できる「Nosulus Rift」、Ubisoftが披露

facebook

facebook

大阪大学、冷却シートサイズの高精度脳波センサを開発。計測データの無線伝送に対応、快眠や脳機能の解明など幅広い用途での活用目指す

楽天カードが他社の倍以上も急成長している理由

フォード、2021年までに「完全自律走行車」を量産|WIRED.jp

驚異の砂粒サイズで体内にインプラント可能な極小ワイヤレスセンサーの開発に成功

体内に埋め込むことで神経を流れる電気的信号を記録し、超音波を通じて外部にデータを送信可能でバッテリーも不要な1mm四方という極小ワイヤレスセンサーの開発にカリフォルニア大学バークレー校が成功しました。<p><b>Wireless Recording in the Peripheral Nervous</b> …

Wireless

遺伝子編集技術「CRISPR」とは何かがわかるムービー、そして人類の未来はどうなるのか?

非常に素早く色の濃淡が変わる調光ガラスをMITの科学者たちが発明、しかもスペクトルが広く低電力消費 | TechCrunch Japan

話題の「フォグコンピューティング」、エッジコンピューティングとの違いとは?

<b></b>IoTの成長につれて、「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」という単語を頻繁に耳にするようになった。フォグコンピューティングという言葉は比較的最近になって出てきた言葉である。クラウド(雲)よりもデバイスに近いところに位置しているためにフォグ(霧)と表現されていて、IoTを実現する …

ポストカードのような、美しい景色が魅力のホテル10選

海外事例でみる、IoTによる「スマートシティ化」の現状

<b></b>世界の面積のうち都市部が占めているのはたった2%であるにも関わらず、世界の資源の約80%をも消費しているという。なんと恐ろしい話だろうか。スマートシティは、長期的な経済発展および人々の暮らしや気候の維持のために必要不可欠なツールである。都市がスマート化することで得られる便益と機会は数多く、サンフラン …