T

36 Added | 1 Magazine | 6 Likes | 9 Following | 4 Followers | @T3bn0h4 | Keep up with T on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “T”

Facebookのザッカーバーグ氏がベーシックインカムで持論「アラスカが良い教訓」

Stephen Lam / Reuters<p>Facebook CEO Mark Zuckerberg is seen on stage during a town hall at Facebook's headquarters in Menlo Park, California September 27, 2015. REUTERS/Stephen Lam/File …

アイヒマンと加計と森友

عربي (Arabic)<p>Australia<p>Brasil<p>Canada<p>Deutschland<p>España<p>France<p>Ελλάδα (Greece)<p>India<p>Italia<p>한국 (Korea)<p>Maghreb<p>México<p>Québec (en français)<p>South Africa<p>United Kingdom<p>United States

職場の「イヤなヤツ」は家庭にも悪影響がある:研究結果

Inc.:あなたの職場にも、「有害な」人物がいるかもしれません。こうした有害な人々といっしょに働くことで、その同僚たちがこうむる正確な損失額が明らかになりました。ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)の研究によると、まさにA級と言えるイヤな人物1人の雇用を避ければ、企業は平均1万2489ドルを節約 …

どんなに稼げるようになっても、貧しかった記憶は消えない

初めて就いた仕事は、ウォルマートのカート押しでした。あのころは、給料日を指折り数えていたものです。貧困の境界線を行ったり来たりしながら、来月の家賃を心配して生きていたのです。でも、それが普通だと思っていました。貧しさが私に残した心理的恐怖に気づいたのは、むしろお金を稼げるようになってからのことです。<p>…

「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ):研究結果|WIRED.jp

これまで行われてきた数々の研究では、人間に「自由意志」など存在せず、脳が決定を下したのちにそれが「自分の意志」として意識にのぼるのだ、という衝撃的な結果が発表されてきた。<p>ならば、脳内のニューロン発火が、われわれの動作のほとんどを決めてしまうというのだろうか? すべての思考や記憶、夢や希望までも?<p>真実 …

Gawkerは消え、報道の自由は死に、金をもつ者が残る|WIRED.jp

日本のテレビはなぜ凋落したのか? 海外とは決定的に違うある制度 - ページ 2 / 2 - まぐまぐニュース!

高城剛さんの回答<p>先日、テレビの電波を停波する可能性を示唆した日本の大臣がおりましたが、本当に<b>テレビ局が恐れている</b>のは、停波ではなく、<b>電波オークション</b>だと思います。<p>電波オークションは、<b>ほとんどの先進国で導入されている制度</b>で、日本は数少ない例外です。<p>いつ導入されてもおかしくありませんし、それに意を唱える …

facebook

2:50-<p>71年前。雲ひとつない晴れた朝、空から死が舞い降り、世界を変えた。閃光と火柱が全市を破壊し、人類は悟ったのだ。人類滅亡の道具をついに手にしてしまったことを。<p>どうしてわれわれはここに来るのか? …

ブランドの炎上はすでにエンタメ。担当者はどう対応していくべきか

今回ご紹介する記事は、ブランドの炎上と担当者が取るべき対応について。以下、最新のデジタルマーケティング情報をいち早く伝えるDIGIDAY[日本版]のこちらの記事より転載します。<p>誰もが激怒しているが、誰も気にしていないのだろう。<p>いつもブランドが過ちを犯した際に、大量に寄せられる暴言。担当者はできる限り …

「意識のもち方をちょっと変えるだけで、すべてがもっとうまく行く」スタンフォード大学の研究者が助言

Inc.:成功するのは大変なことだ──ほとんどの人がそう認識しています。皆、ビル・ゲイツがマイクロソフトを立ち上げた当初の長時間労働の話を読んだり、イーロン・マスクの離婚の噂(プライベート生活で問題を抱える創業者はほかにもたくさんいます)をしたり、起業に伴う心理的負担を話題にしたりしますね。こうした …

子どもに宿題をさせると悪影響しかないことが明らかに

学校が終わっても家に帰ってから済ませなければいけない宿題にうんざりした記憶は誰にもあるものです。家で宿題をすることは学校の授業の予習や復習になると信じられているため、親も「宿題は終わった?」と尋ねる"家庭内パトロール"を行うわけですが、実際のところ、小学生に宿題を課すことは成績向上になんの影響も与え …

何が人生を幸福・健康・成功に導くのかを70年間追跡調査した「The Life Project」でわかったことまとめ

1946年3月、イギリスの研究機関が1週間のうちに生まれた子ども数千人の出生について記録し、その後、彼らの成長を追っていくことを決定しました。この研究結果が非常に有意義なものであったことから、研究者らは追跡調査を行うとともに、1958年、1970年、1990年初頭にも同様の調査を繰り返し、今では調査 …

facebook

車より人に快適な街に<p>都市が中心部から車を追い出そうとすると、決まって「<b>ここはアムステルダムじゃないんだぞ</b>」と言われます。でもご存じでしょうか? …

本当の豊かな生活は自分の「寛大さ」でつくられる

成功する一番の方法は最初に誰かを助けることだ、と言われています。友達の頼みを聞いてあげたり、経済的に苦しい人の勘定を払ってあげたり、人にしてあげることは些細なことで構いません。そういうことでも恩返しをされることがよくあります。そのような懐の深さや寛大さが成功につながります。<i>(この記事はラミット・セテ</i> …

長時間労働の悪影響から効果的に回復できる習慣とは?

年に1、2回の長期休暇を目標に仕事を頑張る人は多いかもしれませんが、まとまった休暇をとるだけでは十分に仕事のストレスから回復できないため、普段の生活の中でこまめに休む「<b>回復の習慣</b>」が重要であることが、学術・研究系ニュースサイトConversationでまとめられています。<p><b>Overworked?</b> …

フィンランド人に聞いた「ベーシック・インカム」の実現性

つい先日、世間を騒がせたニュースとしてベーシック・インカムの話題がありました。北欧のフィンランドが国として初めてベーシック・インカム(最低限所得保障制度)の導入を検討していることがわかったのです。<p>こちらの記事でも少し触れましたが、近年になって注目が集まってきていた背景はあるものの、これまで単純に「ア …

働かなくても生きていける「ベーシックインカム」の大規模な実験を「Yコンビネータ」が計画中

「優れたアイデアほど始めはばかげているように思える」という言葉を残すベンチャーキャピタル「<b>Yコンビネータ</b>」2代目社長の<b>サム・アルトマン</b>氏が「<b>ベーシックインカム</b>の研究に投資したい」という内容の記事をブログに投稿しています。ベーシックインカムとは「政府が無償で金銭を給付することで、人々はよりクリエイティ …

失業中コピーライターが語る、「昔ながらの」広告の終焉

失業中のコピーライター、マーク・ダフィ氏によるコラム連載。今回のテーマは「広告の終焉」。以下、最新のデジタルマーケティング情報をいち早く伝えるDIGIDAY[日本版]のこちらの記事より転載します。<p>このコラムの著者、マーク・ダフィ(54)は、広告業界辛口ブログ「コピーランター(コピーをわめき散らす人) …