PriSec

187 Added | 1 Magazine | @PRISEC | Keep up with PriSec on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “PriSec”

パスワードの定期的な変更は必要か?

パスワードを定期的に変える必要があるか?と、<br>政府機関統一基準を、政府機関以外に適用するときのことについて相談を受けることがときどきある。<p>先日は、ある同業約80の組織が検討しているとのことで、そこからタイトルのような質問を受けた。<br>(この記事は、実は相当以前に書いていたが、下書き保存したまま公開していな …

IoT、AI、セキュリティ--米ZDNet記者が予想する2018年テクノロジ業界

海外コメンタリー<p>メール<p>ダウンロード<p>クリップした記事をMyページから読むことができます<p>2018年のテクノロジの展望について確実に分かっていることは、確実なことなどないということだけだ。ただしセキュリティ上の新たな脅威や、ブロックチェーンや人工知能(AI)などのテクノロジの状況を考えれば、2018年も興 …

「グレーゾーン解消」や「認証マーク」で成長を後押し--内閣官房のシェアリングエコノミー戦略 - CNET Japan

場所や時間などの遊休資産を、インターネットのプラットフォームを介して個人間で貸し借りしたり、交換したりできる「シェアリングエコノミー」。日本でも、空き部屋や駐車場、衣服などのシェアや、家事・育児の代行、イラスト作成のマッチングなど、幅広い分野でサービスが生まれている。安倍晋三内閣が目指す「一億総活躍社会」や地方創生を実現すべく、政府もシェアリングエコノミーの普及に前向きだ。<p>内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室内に設置された「シェアリングエコノミー促進室」の参事官補佐である岩坪慶哲氏に、同組織の活動内容や今後の展望を聞いた。<p>シェアリングエコノミーによって、十分に使われていない既存のリソースやス …

総務省、IoT機器に「認証マーク」導入へ サイバー攻撃急増で

<b>総務省が、一定のセキュリティ要件を満たすIoT機器に認証マークを付与する制度の導入を検討している。早ければ2018年度に実現するという。</b><p>総務省は、一定のセキュリティ要件を満たすIoT(Internet of …

4つの視点で占う2018年のサイバーセキュリティ動向 - ZDNet Japan

2017年のITセキュリティを振り返ると、サイバー攻撃による社会インフラや企業・組織でのトラブル、個人情報の侵害といった深刻なインシデントが多発し、インシデント対応の重要性も増すこととなった。2018年はどのような様相を見せるのだろうか。セキュリティ各社の予想を「ITトレンド」「マルウェア」「サイバ …

IoTが直面する5つの大変化、LPWANやセキュリティ脅威増加の影響は?

IoTは急速にITインフラの一部になりつつある。2018年、IoTは、あると便利なものから不可欠な資産へと変わるだろう。企業で今後IoT導入を検討する際に確認したい5つのトレンドを紹介する。<p>あらゆる業界のビジネス領域でモノのインターネット(IoT)による変革が起きることは間違いない。例えば、企業はシステムをリモートに追跡できるようになり、医者は患者のデータをリアルタイムで入手できるようになる。ビルのメンテナンスシステムを自動化することなども可能だ。IoTテクノロジーは徐々に進化してきており、それに伴い企業での導入も飛躍的に増加している。事実、Gartnerの調査によると、インターネットに接続さ …

クラウド移行、セキュリティ強化--トランプ政権が2018年に目指すIT刷新

メール<p>ダウンロード<p>クリップした記事をMyページから読むことができます<p>ホワイトハウスは12月中旬、連邦政府のIT近代化に関する最終計画を発表した。2018年1月1日より、セキュリティの強化、商用クラウドサービスの活用、連邦政府機関で使用されている旧式技術の刷新に取り組む。<p>ホワイトハウスは報告書で、「I …

サイバー防衛 国際標準化へ 産官学連携で

世界的にサイバー攻撃が脅威を増すなか、経済産業省や経団連、大学など産官学が連携してサイバー防衛技術の国際標準化に乗り出す。年内に研究会を新設して業界ごとに高水準のサイバー規格を制定、2018年度から順次、日本工業規格(JIS)や国際標準化機構(ISO)の認証を取得する。20年の東京五輪・パラリンピッ …

スノーデン氏、Android端末をセキュリティ監視ツールに変えるアプリ「Haven」をβリリース

米連邦政府の機密情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が、安価なAndroid端末をセキュリティツールに変えるアプリ「Haven: Keep Watch」のβ版を公開した。端末のカメラやセンサーを利用して周囲の変化を感知し、メインで使っているスマートフォン(Android/iPhone)に暗号化した情報をプッシュ通知する。<p>米連邦政府による極秘情報収集活動を暴露した元米中央情報局(CIA)職員エドワード・スノーデン氏は12月22日、「Guardian Project」が自身が役員を務める「Freedom of the Press …

サイバー防衛にお墨付き、家電やPCに認証マーク

家電やパソコンの業界団体が2018年度から、サイバー攻撃に備える機器に認証マークを貼る。ネットとつながる洗濯機や冷蔵庫、ルーターなどが対象。定期的なソフトの更新や読み取りの難しいパスワードの活用など、個人情報の流出や外部からの侵入を防ぐ手立てを講じていることを条件とする。<p>経済産業・総務両省が11日に …

日欧データ移転「18年春」合意へ協議加速を

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)で個人情報の保護策を担うヨウロバー欧州委員は11日、日本政府と協議中の日欧間で企業が個人データを円滑に移転できる枠組みについて「2018年春までの合意」を目指す考えを示した。合意は日欧が互いに相手の個人情報保護策が「十分」だと認めるのが前提。早期合意の実現には …

カメラ画像で“常連客”識別 経産省が指針

経済産業省は、コンビニなどに設置されたカメラで常連客の購買行動を継続的に観測する「リピート分析」のルールを作る。カメラ画像の活用指針を近く改定。プライバシーを侵害しないよう撮影した画像をできるだけ早く廃棄したうえで、画像から抽出したデータを分析する時は個人情報ではない形に加工することなどを盛り込む。<p>…

個人情報の移転、日欧で指針作成 データ保護へ合意

日本と欧州連合(EU)は両地域間で個人情報を円滑に移転するため、日本側が専用の指針を新たに作ることで大筋合意した。EUから届く個人情報の保護を強化する。2018年2月ごろに指針をまとめ、同年春にも交渉の妥結をめざす。<p>14日午前に欧州委員会で個人情報保護政策を担当するヨウロバー欧州委員と、個人情報保護 …

総務省が上場企業のサイバー対策開示の指針策定へ、開示で保険料優遇も検討

総務省は2017年度中をめどに、上場企業が投資家や市場関係者などに自社のサイバーセキュリティ対策状況を公表するための指針を作る。2017年12月22日、本誌取材で判明した。<p>指針では、サイバー攻撃を受けた際の防衛手段や、連絡体制の整備といった情報を企業が市場関係者らに対してどう示すかの方法をまとめる。 …

制度関連のNEWS|JIS改正に伴うプライバシーマーク審査基準の改正について|プライバシーマーク制度|一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

イベント・セミナー関連のNEWS|「JIPDEC個人情報保護研修会2017」開催のご案内(12/21より受付開始)|プライバシーマーク制度|一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

「JIPDEC個人情報保護研修会2017」開催のご案内(12/21より受付開始)<p>2017年12月20日更新<p>当センターでは、プライバシーマーク付与事業者およびJIPDEC認定個人情報保護団体対象事業者向けに個人情報保護に関する研修会を開催します。<br>今回の研修会は2017年12月20日の「JIS Q …

事業に影響が出た組織は約 7 割、求められるサーバ対策強化

組織で取り扱う重要な情報は、公開サーバや内部サーバに保有されています。こうした重要な情報を取り扱うサーバを構築するインフラはオンプレミス、クラウド等、環境が多様化しており、組織にとってサーバの管理・運用は複雑化してきています。それにともない、多くの組織がサーバのセキュリティ対策強化に課題を抱えている …

民間企業のサイバーセキュリティ投資を促進、税優遇も視野――「IoTセキュリティ総合対策」の中身とは?

2017年10月3日、総務省は「IoTセキュリティ総合対策」を公表した。同対策は今後、到来するIoT時代において、安心・安全な国民生活や社会経済活動確保の観点から重要となるセキュリティ課題を整理し、具体的な施策を提示している。同総合対策の内容について、総務省 政策統括官(情報セキュリティ担当)の谷脇 …

AIの歩容鑑定、必要映像は2歩分 徘徊者捜索にも期待

複数の防犯カメラに写った容疑者が同一人物かどうかを、わずか2歩分の歩く姿で見極める「歩容鑑定」のシステムが、大阪大の研究グループによって進化している。従来の手法では撮影の向きが異なると精度が下がっていたが、人工知能(AI)を活用することで弱点を克服。「正面」と「真横」「真後ろ」の画像を比較しても、極 …

サイエンスZERO - NHK

tv_show<p>『サイエンスZERO』は、私たちの未来を変えるかもしれない最先端の科学と技術を紹介するとともに、世の中の気になる出来事に科学と技術の視点で切り込む番組です。<p>http://www4.nhk.or.jp/zero/<p>サイエンスZERO - NHK

Uber、個人情報5,700万人分のハッキング被害を隠蔽──刑事責任が問われる事態に発展か|WIRED.jp

最近の「Uber(ウーバー)」は、「スキャンダル」とほぼ同義語になっている。ところが今回はそのさらに上を行き、スキャンダルの上にさらにジェンガのようなスキャンダルの塔をつくり上げ、崩れ落ちる寸前になっている。<p>ライドシェアサーヴィスを提供するUberは、5,700万人分の個人情報を流出させただけでなく …

産業構造審議会 知的財産分科会 不正競争防止小委員会「データ利活用促進に向けた検討 中間報告(案)」に対する意見募集

案の公示日:2017/11/24<br>意見・情報受付締切日:2017/12/24<br>行政分野:産業一般/知的財産<br>所管府省・部局名等(問合せ先):経済産業省経済産業政策局知的財産政策室

ビッグデータ保護の法改正 企業に思わぬ不協和音

車の走行記録や工場の稼働状況といったビッグデータの法的保護の議論が大詰めを迎えている。経済産業省は来年の通常国会での提出に向け、不正競争防止法の改正案を最終調整中。データが契約相手などから流出した際に、入手した第三者による使用を差し止められるようにすることなどを検討中だ。ただ、思わぬ不協和音も聞かれ …

総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論

総務省と経済産業省は、データポータビリティのあり方について調査、検討を行う検討会を設置した。年度内に検討結果を取りまとめたいとしている。

国立大の評価、熊本など4大学は「特筆すべき進捗状況」

欧州のデジタル新規制がはらむマイナス面

欧州各地のオフィスから伝わってくる切迫感は、来年5月の期限までに欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に準拠しようと企業が急いでいるせいだ。<p>基準を満たせなかった場合に企業が失いかねないお金は莫大だ。ある意味では、これはデジタル時代にビジネスを手がけるコストにすぎない。この時代には、プライバ …

供給不足の米セキュリティー人材、離職率も高かった

サイバーセキュリティー分野の人材の需要は非常に高く、業界は2022年までに200万人弱の人材不足に見舞われる可能性がある。サイバー攻撃が増えていることを考えれば、これは懸念すべき事態だ。だが、さらに心配なことがある。サイバーセキュリティー分野で働く人材を、維持すること自体が難しいということが、筆者が …