Mitsutoshi Kasuya

21 Added | 2 Magazines | 2 Likes | @MitsutoshiKuc5u | Keep up with Mitsutoshi Kasuya on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Mitsutoshi Kasuya”

IQOS、プルームテック両用の加熱式タバコ互換機!「gippro(ジプロ) SW1」はVape機能も合格点(世永玲生)

こんにちは!世永玲生です。加熱式タバコや、ヴェポライザー、電子タバコ等をご紹介する記事を書くことが多かったんですが、この「gippro …

渋滞情報もスマホのGoogleマップで。GWの渋滞対策に最適な交通情報を知る方法:Google Tips

常備菜を使って 1週間お弁当アレンジ〜前編 | くらしのアンテナ

===========<br>3回に分けてお届けした「作り置きおかず」の詳細はこちら<p>【作り置きおかず第1回】鶏ハムと生鮭でメインのおかず2種<br>http://www.recipe-blog.jp/antenna/106089<p>【作り置きおかず第2回】バランスよく野菜を食べよう 副菜3種<br>http://www.rec …

ランチ後の眠気を撃退! 秘伝3分間ストレッチ:日経ビジネスオンライン

あなたの疲れがとれない本当の理由、睡眠専門医が指摘!

ベントレー、フライフィッシング向けのアクセサリーを装備した「ベンテイガ」を公開

ベントレーのコーチビルディング部門であるミュリナーは、フライフィッシングを楽しむためのアクセサリーを装備した「ベンテイガ」の特別仕様車を公開した。同社によれば、このキットは、釣り愛好家が川で成功した1日を過ごすのに必要な道具を、この巨大なSUVの荷台スペースに全て詰め込んでいるという。川縁にまで乗って行きたくなる唯一のベントレーだ。<p>ミュリナーの職人技が随所に見られるこの特別仕様車は、インテリアのあるゆる箇所がコントラストとなるホワイトのステッチを施したサドルレザーで覆われているか、バーウォールナットで仕上げられている。トノカバーの下には、釣り竿を収納する4つの革張りのロッドケースが備え付けられ …

【ビデオ】スバル、マン島TT最速記録を更新した「WRX STI」の車載カメラによるスリリングな映像を公開!

英国の元ラリー・チャンピオン、マーク・ヒギンズが「スバル WRX …

ランドローバー、2017年モデルの「ディスカバリー・スポーツ」に新たなスタイリングとテクノロジーを採用

ランドローバーは新たなモデル・イヤーを迎え、「ディスカバリー・スポーツ」をリフレッシュ。ちょっとしたアップデートを加えて外観のシャープさと、SUVとしてのテクノロジーを向上させた。<p>ランドローバーにさらなるスタイルアップを望む人にとっては、「HSE」と「HSE …

ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏が「ワゴン廃止」の報道を否定

先日、ジャガーがワゴン市場から撤退することを示唆した『Automotive News Europe』のレポートをお伝えしたが、同メディアによると、その後どうやら状況が一転したようだ。ジャガーのデザイン・ディレクターを務めるイアン・カラム氏が、間違った情報を引用されてしまったとTwitterに投稿したのだ。同氏は、「XE …

これで雨や雪の日も快適に通勤! 北欧のデザイナーが自作した電動4輪自転車「ポッドライド」

スウェーデンの一部地域では、その他の北欧諸国がそうであるように、冬は長く厳しいものだ。激しい雪の中に自転車で漕ぎ出していくには、無謀さにも近い勇気が要るだろう。デザイン・エンジニアのミカエル・チェルマン氏も、普段は楽しんでいる自転車通勤が、天候によって困難や苦痛に変わるという経験をしばしば味わっていた。そこで独創的なチェルマン氏が自ら作り上げたのが、「PodRide(ポッドライド)」という名前の優れた全天候型ベロモービル(足漕ぎ式乗物)だ。<p>ポッドライドは4輪の自転車で、乗り手を風雨から守るべく防水生地に覆われている。これにより、ちょっと見た限りでは、まるで小さなクルマのような姿だ。高さは実際の …

スズキの新型「アルト ワークス」を筑波サーキットで走らせる!

• ‹ 前へ<br>• 1<br>• 2<br>• 次へ ›<p>2014年末に発表された8代目スズキ「アルト」は、驚異的な軽量構造とクリーンなボディ・スタイルで大きな注目を集めた。そのとき既にターボ・エンジンを積む「ターボRS」の追加が予告され、さらに3ペダルのマニュアル・トランスミッションと共に往年のマイクロホットハッチの名前を復活させた「ワークス」の誕生で、筆者をはじめとする庶民派クルマ好きの関心はさらに高まった。Autoblog Japanではその前輪駆動モデルを筑波サーキットに持ち込み、スーパー耐久シリーズなどで活躍するレーシング・ドライバーの菊地 …

ニュース【新車情報】 - carview! - 自動車

3D「遺フィギュア」 生前の家族の姿再び…小5娘へ父の思いきっかけ、静かな人気 大阪の業者

ホンダ、世界初・新発想の組立ライン「アークライン」を開発 どんなもの?

ホンダは、四輪完成車の量産では世界初となる、完成車組立のメインラインに流動型のセル生産方式を組み込んだ「ARC(アーク)ライン」を開発した。(ARC:Assembly Revolution …

日産、「NISSAN GT-R」 2017年モデルを日本初披露!

日産自動車株式会社(以下、日産) は、4月1日、ニューヨーク国際オートショーにて公開された「NISSAN GT-R」2017年モデルを、今夏の正式発表に先立ち日本でも先行披露した。<p>披露の場となったのは、日産グローバル本社ギャラリー。<p>では、発表の内容と会場の様子を添えてご紹介しよう。<p>「NISSAN …

日産、「NISSAN GT-R」 2017年モデルを日本初披露!

日産自動車株式会社(以下、日産) は、4月1日、ニューヨーク国際オートショーにて公開された「<b>NISSAN GT-R</b>」2017年モデルを、今夏の正式発表に先立ち日本でも先行披露した。<br>披露の場となったのは、日産グローバル本社ギャラリー。<p>では、発表の内容と会場の様子を添えてご紹介しよう。<p>「NISSAN …

707馬力のダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」が、氷上の最高速度記録に挑戦!

ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」が、スウェーデンの首都ストックホルムから2時間以上北に向かった郊外で行われた「Årsunda Speed …

ニュルブルクリンク北コースの速度制限が解除に

ニュルブルクリンクは昨年3月、北コース"ノルトシュライフェ"のフルークプラッツと呼ばれる地点で観客を巻き込む事故が発生したことを受け、全長20.8㎞の北コースに速度制限ゾーンを設けていた。しかし同サーキットの公式ウェブサイトよると、4月2日に行われる2016年ニュルブルクリンク耐久シリーズ(VLN)開幕戦より、速度制限を解除することが決まったという。<p>2015年3月28日、VLN1(ニュルブルクリンク耐久シリーズ第1戦)の決勝レース中に、ヤン・マルデンボロがドライブする日産「GT-R」23号車の車体が浮き上がり、フェンスを乗り越え観客エリアに激突した結果、死傷者を出すという大事故が発生した。当初 …

ポルシェのワンメイクレース中に発生した奇跡の驚愕クラッシュ

1台でも先にゴールすることを目指すレーシングカーにとって、レース中のクラッシュは避けて通れないものです。多くのお金をかけ、何人ものスタッフが大切に組み上げたレーシングカーのクラッシュはあまり目にしたくないものですが、時には自分の目を疑うような、しかし思わずクスッと笑ってしまう奇跡のクラッシュが発生す …