MikezouCat

28 Added | 4 Magazines | 3 Likes | 49 Following | 104 Followers | @MikezouCat | Keep up with MikezouCat on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “MikezouCat”

ソーラーフロンティアなど3社、メガソーラー共同出資会社

ソーラーフロンティア、日本政策投資銀行、太陽石油の3社は16日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新設で共同出資会社を設立したと発表した。数十億円を投じ、山口県にある太陽石油の持つ遊休地に発電能力1万6千キロワットのメガソーラーを建設する。2017年8月に完成し、運転を始める。電気は中国電力に売電 …

鴻海董事長「太陽電池事業は分離」 シャープ買収で

シャープの買収について大阪市の同社本社で8時間にわたり協議した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長は5日、太陽電池事業の業績がシャープ全体の足を引っ張っているとして、切り離す考えであることを明らかにした。ただ、「同事業以外は分解することはない。ブランドも継続させる」と述べた。買収後の雇用につ …

蓄電池価格が下落 太陽光発電は売るより「使う」

ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド。日本に先行して電力市場の自由化が進んでいる国々で、電力小売り事業者による蓄電池ビジネスが活発化してきた。これらの国では電力の小売り料金が高騰する傾向にある一方で、蓄電池システムの価格が下がっている。太陽光発電システムなどの自家発電によって発電した電力を、蓄電 …

シャープの太陽電池事業、昭和シェル系と統合 革新機構検討

官民ファンドの産業革新機構がシャープの再建策として、同社の太陽電池事業と昭和シェル石油の太陽電池子会社を統合する検討に入った。シャープの太陽電池事業は液晶事業とともに収益が低迷し、業績不振の大きな要因となっていた。革新機構はシャープ本体に出資したうえで業界再編を進めて経営立て直しを狙う。東芝の白物家 …

高効率ペロブスカイト型太陽電池の製造コストが大幅低減

スイスの大学 Ecole Polytechnique Federale de Lausanne(EPFL)の研究者は、変換効率20.2%と高いペロブスカイト太陽電池をこれまでより大幅に低い製造コストで作製する技術を開発したと発表。論文も学術誌「Nature …

カネカ、ベルギーの研究機関と次世代太陽電池で共同研究

カネカは11月9日、ベルギーの研究機関であるimecと、太陽電池を含めた包括的な研究協力に関する契約を締結したと発表した。次世代型太陽電池の研究に加え、医療機器などのライフサイエンス分野とフィルムエレクトロニクス分野などで新しい研究・開発のシーズを探索し、各種研究プロジェクトを立ち上げることを目指す …

米アップル シンガポール太陽光のみに

■米アップル シンガポールで使う同社の電力をすべて太陽光発電でまかなうと発表した。同社の拠点のほか、今後開業する小売店も含まれる。同社が東南アジアでこうしたクリーンエネルギーの取り組みを行うのは初めて。<p>同社はこのためにシンガポールに拠点を置く太陽光発電システム開発業者のサンシープ・グループと提携する …

パナソニック、インド・トルコで太陽電池 海外展開を本格化

パナソニックは太陽電池事業の海外展開を本格化する。現在はほとんどが国内市場向けだが、トルコ、インドに進出する。日本に出荷してきたマレーシア工場の生産分をトルコ、インド向けに切り替える。日本向けは国内の増産で対応する。太陽電池の海外での販売に乗り出すことで、2018年度に2兆円の売上高を目指す住宅事業 …

「座布団型」分子構造でペロブスカイト太陽電池の効率向上、京都大学などが開発

京都大学は12月11日、ペロブスカイト太陽電池の変換効率が従来に比べて20%増となる材料を開発したと発表した。<p>ペロブスカイト太陽電池は、材料となる溶液を印刷することで容易に作製でき、製造コストを大幅に低減できる太陽電池として期待されている。<p>同大学 …

Solacis neo × Engineer 世界最軽量CIS薄膜太陽電池「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」への挑戦

フレキシブルCIGS太陽電池で16.2%、スウェーデンの製造装置メーカーが実現

「一瞬浸けるだけ」で太陽電池の効率2倍

豊橋技術科学大学と産業技術総合研究所の研究者は、CuInGaSe(CIGS:銅・インジウム・ガリウム・セレン)系太陽電池をアンモニア水溶液に短時間浸すだけで、エネルギー変換効率を6.8%から13.7%へと約2倍に向上させることに成功した。技術の詳細は、太陽光発電技術の学術誌「Progress in …

曲げられる薄膜系太陽電池モジュール、港湾ビルに設置、ソーラーフロンティアが試作

ソーラーフロンティア(東京都港区)は6月22日、同社製の曲げられるタイプのCIS系太陽電池モジュールが、シンガポールの港湾ターミナルビルに設置されたと発表した。<p>シンガポールの港湾コンテナ拠点を運営するPSA Singapore …

ソーラーフロンティアとDBJ、九州で合計9MWのメガソーラー建設

ソーラーフロンティア、原発3基分の太陽光発電モジュールを出荷

ソーラーフロンティア、米国にパネル納入、26MWのメガソーラー向け

ソーラーフロンティア(東京都港区)は9月2日、米国ノースカロライナ州ラーレイ近郊に建設する出力26 MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)に、同社製のCIS化合物型太陽光パネルを供給し始めたと発表した。<p>今回のメガソーラープロジェクトは、カリフォルニア州を拠点とする企業が所有し、建設はVaughn …

高効率の曲がる太陽電池 ソーラーフロンティア、18年発売

昭和シェル石油子会社のソーラーフロンティアは、光を電気に変える効率が高く、曲げることができる太陽電池を2018年に発売する。ガラスではなく高機能フィルムを採用し、建造物の曲面に張るなど用途拡大が期待できる。軽くて薄く、設置作業も容易になる。発売時に発電事業者の設置コストを現在より3割減らすことを目標 …