MasaomiToyama

96 Added | 1 Magazine | 6 Likes | @MasaomiToyama | Keep up with MasaomiToyama on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “MasaomiToyama”

facebook

トヨタの人は、なぜ「段取り」がいいのか? | リーダーシップ・教養・資格・スキル

話題の書『ドキュメント パナソニック人事抗争史』を、津賀一宏社長はどう読んだのか? 感想を直撃した()

津賀社長に直撃質問<p>「ええ、読みました」<p>パナソニックの津賀一宏社長(58歳)は、やっぱり「あの本」を読んでいた。<p>「あの本」とは、4月2日に刊行された『ドキュメント パナソニック人事抗争史』(岩瀬達哉著・講談社刊)のこと。<p>全国紙経済部の記者が解説する。<p>「同書は、過去20年にわたるパナソニックの経営不振は …

facebook

ベンツが考える自動運転の未来 CESで披露

米ラスベガスで6日から開催する国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」では、昨年に続き車にネット機能を搭載した「コネクテッド・カー」が話題となっている。そんな中で独メルセデス・ベンツが5日夜の基調講演で発表した最新のコンセプト・カーが大きな注目を集めた。今回のコンセプト・ …

「A/Bテストは強力な意思決定手法。上層部の仕事が変わる」Optimizely幹部インタビュー

第4回 電気自動車と充電器、どちらの普及を先にすべきか明らかにした日本の試験

第6回 トヨタの「意志を持った踊り場」から考える企業の成長

ディスコン部品対策、「その情報を早く知ることで有効な手が打てる」

半導体を中心に電子部品の製造中止(EOL:end of life)、いわゆるディスコンが増加している。ジェイチップコンサルティング(本社:東京都)によれば、同社が調査している約30万点の部品のうち、2010年にはディスコンになったのは約1200点だったが、2013年には約7000点に増加したという。<p>…

「人海戦術」だったワイヤーハーネスの設計工数を「半減」、ホンダが最新の取り組みを講演

顧客視点に立つからこそQCDは使わない(下)

Cはコストよりもプライス<p>C、すなわちコストに関して言えば、Samsung …

住宅設備、スマホで遠隔制御 米最大手が日本進出

【シリコンバレー=小川義也】スマートフォン(スマホ)でエアコンや防犯カメラなどの住宅設備を遠隔制御する「スマートホーム・システム」の米最大手、アイコントロール・ネットワークス(カリフォルニア州)が日本に進出する。東京急行電鉄と提携し、傘下のCATV局で来年からサービスを始める。スマートホームは米アッ …

吉本元芸人「ナンバー1の転職成功者」恵藤憲二氏は、なぜ大人気服飾会社会長を退任したのか?(伊藤 博敏)

値段は競合の2倍——それでもカシオの電卓がインドで売れる、2つの理由 (1/3)

アップルがディズニーを買収する理由 最強企業の誕生シナリオで考える「勝者の条件」――フランシス・マキナニー特別寄稿

旧三洋の「ザクティ」再生の狼煙:日経ビジネスオンライン

トヨタ化するグーグルと、グーグル化するトヨタ 好調自動車業界にも忍び寄る「電機業界のトラウマ」

抽象的な理想論での組織設計が開発現場の混乱を招く

 本連載の第1回で、組織改革が開発プロセス改革の成否を分けることを述べました。今回は、組織改革における組織設計の具体的な進め方をテーマに事例を紹介します。<p>◆失敗事例研究[1]:<br>そもそも組織改革に手を付けていない …

Jaguar Land Roverグループ、フロントウインドー全面を使うバーチャルディスプレーを開発

英Jaguar Land Roverグループは、フロントウインドーの全面を使ったバーチャルディスプレーのコンセプト「Jaguar Virtual Windscreen」を明らかにした。ドライバーは視線を道路から離すことなく、ナビゲーションデータや速度、危険因子などの情報を得られる。

台風情報と各地の災害情報をブラウザ上で視覚的にわかりやすく表示する「台風リアルタイム・ウォッチャー」

古河電気工業 不採算事業を切らない自信

「なぜ75億円も投資するのか」。古河電気工業が5月中旬に都内で開いた決算説明会で、アナリストからの質問が経営陣に飛んだ。2月の大雪被害で生産工程の一部休止に追い込まれた日光事業所(栃木県日光市)の復旧投資に関してだ。同事業所が生産する銅合金板材事業は価格競争の激化で採算性が悪化し、以前から撤退もささ …

「2020年がターニングポイント」、クラリオン社長が見据える2つの成長領域

「従来の車載機器事業から大きく舵を切り、車両情報システムプロバイダーになっていく」――。クラリオンで代表取締役社長 兼 …

シリコンバレーで見たエコカーの未来:日経ビジネスオンライン

1週間に2本のメールで仕事の量を3分の2にする方法

誰しも、無駄なことをしたり、結果的にあまり意味がない仕事に一生懸命取り組むことは避けたいでしょう。重複する事を減らし、仕事の量を減らすのは実は簡単なのです。目標を定めること、そしてそれを守ることです。<b>週に2通のメールでこの2つを達成する方法を紹介します。</b>プロジェクトマネージャーであるRobbie …

日清が「ラ王」より高いセブン専用カップ麺を作る理由:日経ビジネスオンライン

ホンダ、さいたま市で実証中のスマートハウスで非接触充電システムを公開 磁界共鳴方式を採用

ホンダは2014年6月16日、さいたま市で実証中のスマートハウス(次世代省エネ住宅)を報道陣に公開し、新たに始めた非接触充電システムの実験を公開した。車庫の床に配置した給電コイルから、電気自動車(EV)「フィットEV」の床下に組み込んだ受電コイルに電磁波を送ることで充電する。2016年ごろの実用化を …

パナソニック、国内回帰の勝算とは:日経ビジネスオンライン

アナログへの原点回帰で大躍進したIT企業:日経ビジネスオンライン

中国の車市場、年3500万台まで増える:日経ビジネスオンライン

ジャパンディスプレイを再生した「鬼」:日経ビジネスオンライン