Hiroshi Watada

49 Flips | 8 Magazines | 9 Likes | 4 Following | @HiroshiWataulo9 | Keep up with Hiroshi Watada on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “Hiroshi Watada”

チバユウスケが語る「変わらない」音楽への姿勢とその美学|Rolling Stone Japan

いま組織に足りないのは「アホ」っぽさ。世界で求められる「自分を笑い飛ばせる」人材とは。

イベントに台本やゲストはいらない。僕らがコーヒーを5日間“ごちそう“して気づいたこと。

音楽は憎しみに勝てるか ―オアシス「Don’t look back in anger」に学ぶ

マンチェスターでギャラガー兄弟を中心に結成された<b>オアシス</b>。「<b>Don’t look back in …

「ドザえもん」不適切? 福岡市のアートイベント 市民指摘で作品名黒塗り (西日本新聞) - ニュースパス

初めてのデート、誰が支払うべき?割り勘?それともおごり?

つくるHACK研究所 TSUKURU HACK LABORATORY | studio:ex-presso

ジョン・ベルーシとダン・エイクロイド〜旅と悲しみから生まれたブルース・ブラザースの絆

俺たちはそろそろ作られた道化はやめるべきだ。俺たち自身が楽しめてその役になりきれる。そんなことをやろうぜ、ダニー。俺はお前と一緒に何かやりたいんだ。何かこう最高にハッピーなれることを!<br>1978年4月、NYマンハッタンのロックフェラー・プラザ30番地にあるRCAビルの17階。その日の夜もダン・エイクロ …

土井善晴さんが“伝説の塩むすび”のレシピを伝授。大切なのは「形よりも、食べて美味しいこと」

会いたい人にメッセージして、会ってみたいと思わせる技術。

トマトを使った煮込み料理が最高においしくなる! 裏ワザ「冷凍トマト」の簡単レシピ - dressing(ドレッシング)

■トマトを買ったら、まず「冷凍」すべし!<p>「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど、健康に良い栄養が豊富に含まれるトマト。そんなトマトは「冷凍」することで、さまざまなメリットを生むことをご存知だろうか?<br>まずは、どのような効果があるのか具体的に紹介していこう。<p>■メリット1:鮮度と栄養をキープで …

簡単すぎ…手作り鶏ハム生活してみませんか? | キナリノ

本とカレー なぜ本読みにはカレー好きが多いのか?【読書狂時代 第5回】 - 読書狂時代

給食のおばちゃんが高級ホテルの幹部に。薄井シンシアさんの生きかた

[豆知識]簡単!イタリア料理のコツとポイント - NAVER まとめ

山田全自動

最強のモテカレーを作る! 『GABAN手作りカレー粉セット』が秀逸な件 | ガジェット通信 GetNews

【永久保存版!】カレー好きなら覚えておきたいスパイスの基本方程式! | buono

レシピ - 6つのスパイスで作るカレーレシピ|エスビー食品株式会社

特集ワイド:没後8年、今こそ清志郎ソング 反戦反核「予言」リアルに - 毎日新聞

鈴木茂のギターで記念碑的な名曲となった、はっぴいえんど「12月の雨の日」

家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由

「『うちの嫁が』と言う男性には違和感しかない」 土井善晴さんが訴える、家の仕事の再認識

「一汁一菜でよいという提案」 土井善晴さんがたどりついた、毎日の料理をラクにする方法|KOKOCARA(ココカラ)−生協パルシステムの情報メディア

はっぴいえんど特集~全員の演奏能力がずば抜けていたスペシャリスト集団

27歳になった大瀧詠一を待っていたのは、地獄の責苦のようなハード・スケジュールだった

1975年6月9日にスタートした大瀧詠一のDJ番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ(GO! GO! …

細野晴臣の言葉で「読書と音楽が交差した」という松本隆が選んだ作詞家の道

プロのミュージシャンとして松本隆が音楽活動を始めたのは1969年2月、細野晴臣に誘われてグループサウンズの「ザ・フローラル」に、ドラマーとして加入したときからである。<br>アマチュア・バンド「バーンズ」のドラマーだった松本はベースがやめたので、立教大学にベースのうまい人がいると聞いて、メンバー補充のために …

蓄音機を発明したエジソンにまでたどり着いた細野晴臣、音楽を探る旅

幼稚園の頃から晴臣少年は家にある大きな蓄音機で、重くて壊れやすいSPレコードを自分で回して聴くのが大好きだった。<br>蓄音機は母方のおじいさんだった中谷孝男のもので、晴臣少年が生まれる前から家にあった。<br>レコードをかけて音楽が流れてくると身体が自然に動き出した。<br>晴臣少年は毎日、2時間でも3時間でもレコードを …

音楽史のターニングポイント「ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきか」

今から45年ほども昔のことだが、ある座談会をきっかけに”日本語のロック”について真剣な論争が起こった。 「ロックは日本語で歌うべきか、英語で歌うべきか」 今になって振り返れば、その論争は歴史の必然だった。 …

GSのザ・フローラルからエイプリル・フールを経て「はっぴいえんど」へ至る道