石井花梨

40 Added | 3 Magazines | 26 Likes | 1 Following | @6p3417u | Keep up with 石井花梨 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “石井花梨”

木造旅館が、ゲーム制作会社の社屋へ大変身!シーンデザイン一級建築士事務所vol.03|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

〈 この連載・企画は… 〉  地方都市には数多く、使われなくなった家や店があって、 そうした建物をカスタマイズして、なにかを始める人々がいます。 …

facebook

最近はApple WatchやMoto 360などスマートウォッチにもデザインと機能が揃ったモデルが増えましたよね。。IoT(Internet of Things)の進化は早い!</b> …

化学反応の美麗なムービーや美しい化学構造を集めて化学の「美」を伝える「Beautiful Chemistry」

4K解像度のUltra HDカメラと特殊なレンズを使って化学反応の起こる瞬間を撮影したムービーや、科学的な文献から選んだ美しい化学構造をCGで再現したコンテンツを公開しているのが「<b>Beautiful Chemistry</b>」です。<p><b>Beautiful Chemistry</b></b> …

7歳児が「人間の頭部」掲げる、過激派の父親に非難集中

インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に、7歳のオーストラリア人少年が両手で人間の頭部を掲げた写真と、「よくやった」という父親のコメントが掲載され、国内外で衝撃を呼んでいる。<p>報道によると、写真はイスラム過激派の支配下にあるシリア北部の都市、ラッカで撮影された。テロ罪で服役した前歴を持つオースト …

サルの自撮りに著作権はあるのか? Wikipediaと写真家が激論

どの国でも著作権法を読むのは退屈だ。ただし、サルが著作権者なのかという議論が出てくると、がぜん面白くなる。<p>2011年、イギリス人の野生生物写真家デイビッド・スレイター氏はインドネシアを旅行した。彼は一匹のトサカのあるクロザルの写真を撮るために機材をセットした。すると突然、サルはスレイター氏のカメラを奪い取り、セルフィー(自撮り)を始めたのだ。想像以上にサルのセルフィー写真は面白くかわいいものだったため、スレイター氏がネットでシェアすると、あっという間に広まった。<p>ここに載せたのはその写真のうちの一枚である(もちろん、私たちは著作権料を払った)。<p>写真家にとって思いがけないチャンスのように思えるだろ …

元性犯罪者の居所情報は公開するべきか

海外で賛否両論を巻き起こしている「賢い女性が結婚できない3つの理由」

ガザで傷ついた子供たちを取材したジャーナリストが伝えたかったこと(動画)

イギリスの公共テレビ局「チャンネル4」のニュースキャスター、ジョン・スノウ氏が、ガザ取材を終えて帰国した。<p>長い経験をもつベテラン・ジャーナリスト(1947年生まれで現在66歳)である同氏にとっても、「ガザ」は大きな影響を与える体験だったようだ。<p>スノウ氏は、感情のこもった冒頭のアピールにおいて、非常にたくさんの子供たちが死傷しているこの暴力をやめさせようと呼びかけている(ガザ地区の平均年齢は17歳で、14歳以下の子供の割合が約45%にのぼる。動画には、爆撃で頭蓋骨を負傷し、その結果として目の周りに大きな内出血が起きた2歳半の少女などが登場する)。<p>スノウ氏は、ガザ地区のシーファ病院などを訪れたとい …

村の指導者が「報復レイプ」命令、14歳少女が被害 インド

インド農村の「司法制度」<p>インド東部で14歳の少女が自宅から連れ出され、近くの森林で強姦される事件があった。警察は捜査の結果、村の指導者が犯行を命じていたことが分かったとして、この男を拘束した。<p>今回の事件では改めて、地方の村で住民同士のトラブル解決などに当たる「パンチャヤット」と呼ばれる自治評議会の問 …

地面を這い、死んでいく子供たちの謎-印ウラン鉱山の村

豪難民施設の女性10人、子どもの定住願い「自殺未遂」

このニュースをシェア<p>❮ 1/4 ❯<p>【7月9日 AFP】亡命希望者を収容するオーストラリアの施設で今週、約10人の母親が、自分の子どもが定住できるようにと自殺を図ったとみられることが分かった。<p>豪紙シドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning …

フェイスブックによる心理操作実験から脱出する方法

ある研究チームが最近発表した論文には、2012年に行われた実験で、689,003人に及ぶフェイスブックユーザーの感情がいかにして操作されたのかが詳述されている。実験は、肯定的・否定的な投稿が、ユーザーの気分に影響を及ぼすかどうかを確かめる目的で行われていた。<p>影響は確かにあった。フィードに表示されるの …

【厳選】言葉の壁も心の壁も超える!海外旅行に大活躍の翻訳アプリ5選

TABIZINE > グッズ > 【厳選】言葉の壁も心の壁も超える!海外旅行に大活躍の翻訳アプリ5選<p>CamTranslator Pro,Jibbigo Translator,LACU,optical character …

初音ミク:能楽師と共演 京都で7月4日

世界の美意識はこんなに違った! 1人の女性を20カ国以上でフォトショップ加工(画像)

天才的な発明をした少年 熱中症による乳児死亡を防止する方法とは

猛暑の気温は、悲劇的な数値となる。2013年には、アメリカで44人の子どもが車内の熱中症で亡くなった。<p>そんな中、テネシー州のある少年が、この痛ましい事故を防げるかもしれない方法を考えついた。Andrew Pelham君は、5学年の時にE-Z Baby Saverを発明した。シンプルだがパワフルな発明で、一家に1台、誰にでも使えるアイテムだ。E-Z Babyは明るい蛍光色のストラップで、材料は輪ゴムとガムテープ。車の運転席と内側のドアハンドルに装着することで、親が車から降りる際、いやおうなしに後部座席をチェックできるというものだ。<p>元ハフポストアメリカ版のコラムニスト、Lisa …

パキスタンでまた「名誉殺人」、新婦の家族が自首

パキスタン北東部パンジャブ州の警察は28日、18歳の娘の結婚に反対する父と複数のおじが娘と新郎(26)をおびき出し、首を切断するなどして殺害する事件が起きたと報告した。2人は今月18日に反対を押し切って結婚したばかりだった。<p>パキスタン内で多発する、結婚問題などで家族の意向に応じない女性が殺害される「 …