井上智仁

127 Flips | 2 Magazines | 1,044 Likes | 5 Followers | @58rbp0p | Keep up with 井上智仁 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “井上智仁”

ビットコインのブロックチェーンをダウンロードすると児童ポルノが付いてくるかもしれない

ビットコインのブロックチェーンをダウンロードすると、同時に児童ポルノにあたる写真や児童ポルノへとつながるURLをダウンロードしてしまうとドイツの研究者ら明らかにしました。アメリカや日本では児童ポルノを所持しているだけでも罪となるため、理論的にはブロックチェーンのダウンロードを行うだけでも有罪となる可 …

Bitcoin

キックの魔術師?2017年最もセットプレーからチャンスを作り出した男とは…

2017年、セットプレーから多くのチャンスを作った選手は誰なのか。<p>2018年が幕を明けたばかりではあるが、『Goal』ではデータサイト『Opta』協力のもと意外なデータをご紹介する。今回はプレースキックに特化した数字を見ていこう。<p>数多くのチャンスを生みだすコーナーキックやフリーキックといったセットプレー。美しいゴールを常に生む可能性があるが、今回はキッカーの精度に注目する。セットプレーからのアシスト数を見ると、強豪クラブに比べ、中堅クラブから下位クラブが力を入れていることが理解できる。<p>首位に立ったのは7アシストでエヴァートンのギルフィ・シグルズソン、キエーヴォのヴァルテル・ビルサ、RBライプツ …

口だけ生物発見からクォーク融合、身投げしたロボットetc…2017年、反響の大きかった科学・宇宙系記事まとめ

ビットコインが100万円突破、1年で10倍以上の上げ幅を記録

書籍『科学で解き明かす超常現象』から紹介する 科学で挑む人類の謎 第4回 ネッシーに巨人の骸骨……ミステリーの捏造史

「ネッシー」や「ミステリーサークル」と聞いて、どこか懐かしさをおぼえる方は少なくないだろう。20世紀の後半には、日本でもオカルトブームが起こり、UFOや超能力、心霊写真など、未知の生物や不可解な現象を取り上げるテレビ番組や書籍が世間を賑わしていた。しかし残念ながら、その多くは科学の力で説明できたり、 …

ビットコインの先に見出すべきは「国際送金」という新たなマーケット

暗号通貨としてよく知られるのはビットコインだが、2014年に生まれた新しい通貨「Stellar」(ステラ)が一部の企業の注目を集めている。国際間の送金をさらに簡単にするステラは、来るべきブロックチェーン革命にどんな影響を与えうるのか。

レディー・ガガ爆発か?スーパーボウルで「平等を訴えるからね」

教育すると、人間は「弱く」なる! 各界から大注目の武術家・光岡英稔が明かす「強さ」のヒミツ(光岡英稔,尹雄大)

最強のコピーガード技術「Denuvo」が5日で破られ「バイオハザード7」の海賊版が登場

音楽や映画、ゲームといったコンテンツには、違法な複製行為から守るためにデジタル著作権管理(DRM)という技術が採用されています。ゲーム業界には最強とうたわれる「<b>Denuvo …

トランプ大統領が難民問題でオーストラリア首相に暴言、25分で打ち切り⇒でも受け入れ

なぜ日本の男は苦しいのか? 女性装の東大教授が明かす、この国の「病理の正体」(小野 美由紀)

【心理学】初対面の男女でも、恋に落ちてしまう「36の質問」

学力世界一のフィンランドでは「九九」を暗記せず、「電卓」を使う(シェーン・スノウ)

オゾン層は回復し、いずれ完全に塞がるだろう:研究結果|WIRED.jp

重力波を生んだ太古のブラックホール衝突を解明

ネコは「物理法則」を理解している:京都大学が発表|WIRED.jp

「自由意志」は存在する(ただし、ほんの0.2秒間だけ):研究結果|WIRED.jp

慣れ親しんだ世界地図の「ウソ」を教えてくれるアプリ|WIRED.jp

これら「18の名言」には、今のあなたに刺さるものがきっとある!

プログラミングを学べるオモチャに必要なもの|WIRED.jp

ロボットが人間の仕事を奪う「最低賃金」は15ドル:マクドナルド前CEO発言|WIRED.jp

温暖化で平均気温8℃上昇の予測、北極が熱帯に

「生命体が存在する可能性」のある3惑星を発見、国際研究チーム

【5月3日 AFP】国際科学研究チームは2日、生命体が発見される可能性がこれまでで最も高い、地球に似た太陽系外惑星3つを発見したと発表した。<br>≫続きを読む

事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に

手に入る、NASAの「伝説のグラフィックマニュアル」|WIRED.jp

• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<br>• FULL SCREEN<p>われわれは、米航空宇宙局(NASA)が1976年1月に発行した「NASA Graphics Standard …

【解説】ホーキング博士らの超高速宇宙探査計画

慢性痛:脳内のメカニズムを解明 生理学研など - 毎日新聞

札束の布団を敷く男、セックスに30億円使った男……大金持ちの「信じられないカネの使い方」(週刊現代)

0.00012秒の瞬時に閉じるクモのアゴの謎を解明