りょうや

37 Added | 6 Magazines | 2 Likes | 1 Following | @354efqp | Keep up with りょうや on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “りょうや”

助産師として「妊娠」「流産」に向き合う私が、当事者になって感じたこと

28歳、アメリカで3ヶ月暮らし始めて感じる12のこと

日本人は英語文法を学ばなくてもいい

顧客の日本人と話していたときのことであった。それはセミナーの後に開催されたディナーの席で、テーブルにはアメリカ人も同席していたので会話は英語で行われていた。テーマはもう忘れたが、みなとても楽しい時間を過ごしていた。<p>そのとき突然その日本人の彼が話題をさえぎり、「ああ、すみません、先ほどのhad は、have …

初対面の相手との会話が深く充実したものになる、27の質問

• 一番情熱を持っていることは何ですか?<br>• 何をするのが好きですか?<br>• 今日あった一番の出来事は何ですか?<br>• 今一番ワクワクしているのは何ですか?<br>• どんなことに取り組んでいますか?<br>• お金のことを考えなくていいなら、何をしたいですか?<br>• 何をしている時が楽しいですか?<br>• 今一番夢中になっているものは何ですか?<br>• 最近あった一番おもし …

毎日欠かさず文章を書く方法

zen habits:私は1日も欠かさず文章を書いています。もちろん、生計を立てるためではありますが、毎日書けるからこそ、それで生計を立ててこられたとも思います。<p>日記をつけ、ブログ記事を投稿し、私が主催する自己啓発プログラム『Sea Change …

子どもにも伝えたい、上達の秘訣

عربي (Arabic)<p>Australia<p>Brasil<p>Canada<p>Deutschland<p>España<p>France<p>Ελλάδα (Greece)<p>India<p>Italia<p>한국 (Korea)<p>Maghreb<p>México<p>Québec (en français)<p>South Africa<p>United Kingdom<p>United States

"12歳で兵士になった女性"が語る壮絶な証言-子ども兵問題の実態(後編)

写真提供:認定NPO法人テラ・ルネッサンス<p>今年1月、私は東アフリカに位置するウガンダ共和国へ渡航。子ども兵問題の実態を少しでも知ろうと、首都カンパラからバスで6時間の北部グル県へ向かい、認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営する元子ども兵社会復帰施設を訪問した。<p>アジア、アフリカ、中東、中南米などの紛争地域を始めとし、未だ世界に25万人以上いると考えられている子ども兵。元少女兵へのインタビューなどを通じ、改めてその問題の深刻さ、そして世界の不条理を痛感させられた。子ども兵問題の実態に迫る。<p>ウガンダ北部グル市の街並み(photo by …

これでわかる!「シリア内戦」の全貌〜そして「イスラーム国」が台頭した 絶望が世界を覆い尽くす前に

2016年03月25日(金) [ 賢者の知恵 …

Stop Thinking and Start Doing: The Power of Practicing More

We all have goals that we want to achieve in our lives. These goals may include learning a new language, eating healthier and losing weight, becoming …

スウェーデンにはなぜ「寝たきり老人」がいないのか(週刊現代)

スウェーデン福祉研究家の藤原瑠美氏は語る。<p>「日本の場合は病院経営をする医師などが主導権を持っているケースが多く、すぐ投薬・治療という方向になる。<p>しかし、スウェーデンの場合は介護士たちが大きな権限を与えられていて、認知症の場合には薬を使うよりも、本人がどんな助けを必要としているか汲みとることが重視され …

1人でいる時間の重要性と、それを確保するためのアイデア

Inc.:部下やチームメンバーと密に連絡を取るのが大切なのは、言うまでもありません。しかし、リーダーであるなら、1人で考えたり内省したりできる時間を、軽く考えてはいけません。<p>ペンシルベニア大学想像研究所の科学主任であるScott Barry …

283回の不合格を経験した男性が語る「拒絶されると人生が好転する7つの理由」

先を見通せる人は「まだ大丈夫」という考え方をしない

今回は、仕事ができる人の「先の見通し方」について取り上げます。以下、サイボウズ株式会社のオウンドメディア「サイボウズ式」のこちらの記事より転載いたします。<p>仕事ができる人は先回りができる人が多い。<p>個々のタスク、かかわっているプロジェクト、会社の動向などスケールの違いはあれど、先手を打ちにかかる。断片的 …

短時間で癒されるiPhoneアプリ『PAUSE』

朝の30分を有効活用しよう〜「朝時間にできること」まとめ

朝時間の大切さはわかっているのに、ついだらだらとしてしまった...と後悔することはありませんか? …

新しいタブページを美しいTo-Doリストに変える『Knotes』

Chromeは時に身近にある最高のTo-Doアプリとして使うことができます。あなたがChromeをメインのブラウザとして使っているなら、『Knotes』を導入することでTo-Doリストとメモを美しいデザインのタブページに入れることができます。またワンクリックの操作で新しいタブを追加し、Dropbox …

ダークツーリズムとは、繰り返してはいけない悲劇を巡る旅

世界に飛び出したのなら、心を動かされる絶景を見るのもいいけど、歴史の重みを胸に刻むことも必要。<p>近年では「ダークツーリズム」というものが話題になっています。ダークツーリズムとは、歴史的な悲劇の起きた場所を訪れ、亡くなった方を悼み、そこから学びを得る旅のこと。<p>臭いものには蓋をしたくなる。でも、それでは未来は変わっていかない。ちょっと重い内容になりますが、歴史が残した負の遺産たちを紹介します。<p>奴隷貿易の島、ゴレ島(セネガル)<p>セネガルにあるゴレ島は、奴隷貿易の島。ここから送られた奴隷は2000万人とも言われています。上の写真の「奴隷の家」では、150人~200人ほどの奴隷たちが性別や年齢などに分けられ …

座礁し続けるアシカの子供たち

ノルウェーが難民をホッキョクグマのいる離島に収容しようとしているわけではない

ハフィントンポスト日本版に「難民はノルウェーに到着すると、ホッキョクグマがいっぱいの島に送られるかもしれない」という記事が掲載されたが、補足をしないと、一部で解釈に誤解をうむのではと感じたので、直接ノルウェーの政党から答えをいただいた。<p>話題となっているノルウェー北極圏 Photo: Espen Klungseth</b> …

人権ウォッチ:私がシリア難民の悲しい写真をネット上で共有した理由

<b>Peter Bouckaert</b>Director, Emergencies<p>A paramilitary police officer carries the lifeless body of a migrant child after a number of migrants died when boats carrying them capsized near the Turkish resort of Bodrum. © 2015 …

facebook

雇用創出へ産官学で「統合戦略本部」 地方創生中間報告

政府の「まち・ひと・しごと創生本部」(本部長・安倍晋三首相)は31日、地方活性化に関する中間報告書をまとめた。雇用創出に向け、各都道府県が地元企業や金融機関、大学など産官学共同で施策を打ち出す「統合戦略本部」の設置を提起。地方自治体が要望する使途が自由な新型交付金については「地方団体が自主性、主体性 …

地方創生へ新型交付金 政府、総合戦略案を提示

政府は26日、地方創生の司令塔となる「まち・ひと・しごと創生本部」の有識者会議を首相官邸で開き、2020年までに取り組む地域活性化策や工程表を盛った「総合戦略」案をまとめた。将来の人口展望を示す「長期ビジョン」案とともに27日に閣議決定する。<p>安倍晋三首相は会合で「地方の取り組みを予算、人材などあらゆ …

【地方創生】公共事業を「墓標」から「稼ぐインフラ」へ転換する方法 木下斉さんに聞く地方の未来

小倉「山笠うどん」のステーキ丼、うどんを上回る人気メニューに

もし、自分のスマホに紛争鉱物が使われていたら?

映画になり、よく知られている「ブラッド・ダイヤモンド」または「紛争ダイヤ」は、アフリカの紛争地域で産出され、紛争の資金源になっているダイヤモンドです。紛争ダイヤを使用していない「紛争フリーダイヤ」をうたうジュエリーブランドも最近よく見かけます。<p><b>ダイヤだけじゃなかった「紛争鉱物」</b><p>ダイヤモンド以外にも、 …