下川啓介

14 Added | 1 Magazine | 5 Likes | @1d7pdki | Keep up with 下川啓介 on Flipboard, a place to see the stories, photos, and updates that matter to you. Flipboard creates a personalized magazine full of everything, from world news to life’s great moments. Download Flipboard for free and search for “下川啓介”

7 powerful public speaking tips from one of the most-watched TED Talks speakers

<i>This post is in partnership with Entrepreneur. The article below was originally published at</i> <i>Entrepreneur.com</i><i>.</i><p>By Kim Lachance Shandrow, …

「ロシアの核を責める前に、原爆投下したアメリカに抗議を」 広島市長に駐日大使が反論

クリミア半島を併合する際に「核兵器を使う準備をした」とするロシアのプーチン大統領の発言に、広島市の松井一実市長が抗議文を送ったところ、アファナシエフ駐日ロシア大使から4月9日付で「批判は完全に見当違い」と反論する返書が届いた。<p>松井市長は4月3日の抗議文の中で、プーチン大統領の発言に対して「被爆者の平和への思いを踏みにじるものであり、強い憤りを覚える」として、核軍縮に誠実に取り組むように求めた。<p>これに対して駐日ロシア大使の返書では、「日本がどこの国の『核の傘』に依存しているかはよく知られている」と、日本が安保条約によって、アメリカの核兵器に守られていることを示唆。その上で、「あなたの抗議文には、 …

Google Earth

子供が蹴ったボール避けて事故、「親は賠償責任を負わない」 最高裁の判断理由は?

小学6年生の子供が蹴ったサッカーボールを避けようとして転倒し、後に死亡した男性(当時85歳)の遺族が、ボールを蹴った少年の両親に損害賠償を求めた裁判で、最高裁第一小法廷(山浦善樹裁判長)は4月9日、両親の監督責任を否定する判断を下した。「通常は危険でない行為でたまたま人を死傷させた場合、親は賠償責任を負わない」として、両親に賠償を命じた2審判決を破棄。両親側の逆転勝訴が確定した。産経ニュースなどが報じた。<p>同小法廷は、今回の子供の行為について「ゴールに向かってボールを蹴る通常の行為で、道路に向けて蹴ったなどの事情はうかがわれない」と指摘。両親が普通のしつけをしていたことなども考慮し、今回の事故を …

「モノ」ではなく「経験」にお金を使う人のほうが、幸せな理由

社員に在宅勤務を認めると会社が失う3つの重要なこと

Inc:在宅勤務やリモートで仕事をすることに関する記事は、今やどこにでもあるので、長所も短所も大体わかっていると思います。<p>Yahooのマリッサ・メイヤーが、在宅勤務の社員を会社に戻すようにしたニュースを覚えている人も多いのではないでしょうか。その時は、自宅で働く社員が他の社員とコラボレーションする機 …

世の中は要らないモノで溢れている。真の自由を得るために、捨てるべき「10のコト」

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、<p>世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚悟が必要だ。<p>四角大輔氏の『自由であり続けるために …

「弱いリーダーシップ」が社会を変える?

عربي (Arabic)<p>Australia<p>Brasil<p>Canada<p>Deutschland<p>España<p>France<p>Ελλάδα (Greece)<p>India<p>Italia<p>한국 (Korea)<p>Maghreb<p>México<p>Québec (en français)<p>South Africa<p>United Kingdom<p>United States

結論から始め、結論で締める。英語の基本が詰まったハーバード式「5行エッセイ」とは?

『<b>グローバル時代を生き抜くためのハーバード式英語学習法</b>』(青野仲達著、秀和システム)の著者は、外資系企業勤務を経てハーバード大学経営大学院でMBAを取得したという実績を持つ人物。ハーバード大学時代に、『世界標準の英語力』を身につけた「非ネイティブ」の友人たちの共通点は「書く力」を身につけることだと気 …

日本の第2次大戦謝罪、米国人の61%は「十分」「不要」-調査

第2次世界大戦に対する日本の謝罪について 米国人の61%が「十分」「不要」との認識を持っていることが、米ピュ ー・リサーチ・センターの世論調査で分かった。<p>7日公表の調査結果によると、日本の謝罪は「十分」と答えた人 が37%、「不要」が24%で、「不十分」と回答した人は29%だった。同 …

人間の脳はいったいどれほど多くのことを憶えることができるのか?

多くの人は「もっと記憶力が欲しい」という願いを持つことが多いのですが、世の中には通常では考えられないほど高い記憶力を持つ人々がいます。なぜ彼らは極めて高い記憶力を持つに至ったのか、また、そうでない人にも同じように高い記憶力は備わっているものなのか、イギリス・BBCがその現状を伝えています。<p><b>BBC</b> …